FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
페이스메이커:ペースメーカー

「入れ歯」の真実^^;★動画字幕つけました

チュ・マノ

くなりましたが、↓の動画のうち長い方に日本語字幕つけてみました



「私の愛、私のそばに」の時、「なぜそこまでしたのか」と人に会うたびに聞かれて
ノイローゼ状態になったと語っていたミョンミンさん。

今回の入れ歯はそれほどではないしても
理由が気になりますね。
韓国カフェであるペンが「入れ歯がうっとおしい」とコメントして
他のペンが「まだ映画が公開もしていないのに。理由があるはずだ」とたしなめてらっしゃいました
ウハハ^^思ったことをストレートにお話するところは韓国人らしいですね
ましてや若いファンたちからすれば作品ごとにイケメンでの登場を期待するでしょうし
韓国は日本以上に美しい外観にこだわりがあるようですし。
自ら顔かたちを崩してまでやらなくてもいいのにぃいいいって思う気持ちもよくわかる


回そのあたりについてご本人の口から語ってらっしゃいます

貧しかった子供の頃。妹(か弟)のために自分が「少年家長」として
面倒を見てきたんですね。
ペースメーカーになっても楽ではない生活を過ごしてきて
そういった背景を一目でわかる術が「入れ歯」による変身だったようです。
確かに見ればちょっと「気の毒」で「貧しい」感じが出てます

頬骨がポコッと出ているように見えたのは
入れ歯のせいでホッペタのお肉が上に押し上げられたためかなあ

口元が変わると全体的なイメージがガラッと変わりますね。

ひと月「入れ歯」をつけて生活して発音問題を克服し
「音響監督の厳しい審査」とパスした、って冗談か本当かわからないようなことを
またまた面白く語ってらっしゃいます

もうひとつの動画の中で
「ペースメーカーは常にエース選手の前にいてペースを合わせてあげたり、
ひっぱったりして30kmまで選手のコンディションを最高に持ち上げてあげるけど
本人は満身創痍な状態になってそれ以上走れなくなるんです」
というキャラクターの説明がありました。

主役ではなく端役として長い間演技生活をしてきた自身の不遇な時代と
チュ・マノの境遇が重なっているのかなあと思いました。

一連の記事を読みながら、もう感動の予兆の中にはまってしまったみたいです
いやいやまだ泣くのは早い・・・(^^ゞ
感動の完走シーンは6月のロンドン撮影ですね。
アイスランド火山の噴火で先日ヒースローは500便も飛行機が欠航してましたが
無事往復できるといいですね


キム・ミョンミン 「入れ歯」闘魂、“あなたがいるから観客は幸せだ”賞賛



該当の記事は見つかりませんでした。