FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
페이스메이커:ペースメーカー

<ペースメーカー>主演者のキャラクターは?



フェに先日アップされていた<ペースメーカー>の主演4人の
ものすごく気になるキャラクター紹介。

<チュ・マノ>・・・キム・ミョンミン

30代中盤 ペースメーカー マラソンランナー
35歳、短い片方の足、“三脚”というあだなのように、優勝候補の30kmを引っ張って抜けるペースメーカー。
小学校の運動会で偶然86年ソウルオリンピック大会のマラソンを見て走り始めたが結局スター選手の
陰に隠れとどまってしまったルーザー(敗者)。長年の夢であり目標であった北京オリンピック大会に優勝候補
であるユンギのためにペースメーカーとして出走するようになるが、人生最後のレースになるだろうと
宣告される。

<パク監督>・・・アン・ソンギ

50代中盤 韓国マラソン 生きた証人

”スポーツ科学だの、体系的な訓練だの騒いでいるが、結局はメンタルだ!
まったくどんなことをしても勝ち抜いてみせるという欲がないんだ!小心者め!”
老練な経験で韓国マラソン界をけん引してきたパク監督。
アルツハイマーという病を隠したまま国家代表監督として選任されマノを引き入れる。
手段と方法を選ばず記録更新のためにあるひとつの“方法”でマノの選手生命がかかった
最後のレースを前にするが・・・

<ミン・ユンギ>・・・チェ・テジュン

20代 新鋭天才マラソンランナー

114回ボストンマラソンで最年少、新記録優勝し、10年変化の無かった韓国のマラソン記録を更新した、
24歳の天才マラソンランナー。彼の活気あふれる若さと才能に向けて数え切れない多くの人々が歓呼と
拍手を送り彼自身もまるでそのすべての賞賛を受けるために生まれてきた人のように堂々と輝いている。


<ユ・ジウォン>・・・アラ
20代 ‟オルチャン”棒高跳び選手

やりたいことと、できることの中で、選ぶとすれば何を選らびますか?”
棒高跳び部門で‟オルチャン(顔が最高)”と呼ばれる美女スター。本人は選手としての成長を求めるが
もともと人々は陸上界の花としてしか彼女を記憶していない。
公にユンギとスターカップルとして活動するが、偶然自分のこころの中を理解してくれるマノに関心を持つ。



わ~~
どんな内容になるのか。
ミョンたんの役は片方の足が短いって。。。いったいどうやって演じるのか・・と言ったら
ウリ ソンセンニムが
「ミョンミンならなんでもできるわよ^^」とひと言で終わっちゃいました
ははは、そりゃあそうですが。


アン・ソンギさんの監督は「星一徹」みたいなこわ~い監督なのかな。
若い男女を挟んでの三角関係?
ああ、気になるぅ・・・

明日11日からテグでクランクインだそうです。
感動ヒューマンドラマという気がしてきました
ファイティ~ン

該当の記事は見つかりませんでした。