FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
베바 ベートーベン・ウィルス

キム・ミョンミンだ! キム・ミョンミン! キム・ミョンミン!

キャスティング秘話


ログ始めて1年と少しですけど
タイトルでミョンたんの名前を3回も連呼したのは
たぶん初めてです^^


17日に韓国のニュース速報でハン・ソッキュさんが16年ぶりにSBSの歴史ドラマに
出演するかも・・という記事が出たんですが、
その中に、『白い巨塔』も『ベートーベン・ウィルス』も
ハン・ソッキュがキャスティング “0”(ゼロ)順位だった。
つまり一番最初にオファーされた、という内容がありました。

へえ???

でもね。『白い巨塔』は当初チャ・スンウォンさんが主演だったけど
ドラマのスタート時期が遅れてスンウォンさんのスケジュールが
合わなくなって、それまでチェ・ドヨン役だったミョンたんが
急きょチャン・ジュンヒョク役に変わったという話はファンであれば
結構知られたお話。

そこへ持ってきて『ベバ』までも!?

いや~。そうかなあ・・・
日本人の私でさえ???となってしまう今回の
この『カンマエ役 ハン・ソッキュだったかも』な記事は
疑問符がたくさん並びました。

当然、韓国サイトでも話題になっていて
で、ギャラリーのあるファンの方が昔の記事を引っ張り出してきてくださり
脚本家も監督も当初からカンマエ役にはキム・ミョンミンを念頭に
置いていたという内容の記事をアップしていました。

さすが!

ありがたい!


ということで、ミョンミンさんのインタビューではありませんが
イ・ジェギュ監督と作家ホン姉妹がどうやってこの『ベートーベン・ウィルス』に
たどり着いたのかという面白い読み物を訳してみました。


いやあ。韓国ドラマの制作舞台裏ってドラマ以上にドラマチックって言うけど
本当に・・

もう・・・・

すごい・・・

紆余曲折もここまでくると・・・

倒れても倒れても立ち上がる!
韓国ドラマ制作者の“ど根性ドラマ!”


わたしも気合い入れます



ところで、ベバはもしかすると今頃、宇宙人が出てくる心霊スリラードラマになっていたかもしれません


FOCUS:<ベートーベン・ウィルス>波乱万丈制作日誌
記事入力:2008年4月17日 最終校正:2008年11月2日
 
元記事はこちら 1部
元記事はこちら 2部


該当の記事は見つかりませんでした。