FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
その他

2011年3月11日PM2:46(更新)

輪番停電

ニュースで発表された計画的停電「輪番停電」

東京23区(除く荒川区)は首都機能が集中しているため、除外し
それ以外の東京電力管轄内は
明日、14日から地域をわけて3時間程度ずつ停電になるとのこと。
毎日停電の時間は変わるとのことですが、大丈夫かな。
どんなことが起きるのかその時になってみないとわからないしちょっと心配。

Twitterでエリアのグループ表を教えていただきました。

URLのアドレスの最後をそれぞれの県の名前にすればみれます。

東京都 :http://www.tepco.co.jp/images/tokyo.pdf 
神奈川県:http://www.tepco.co.jp/images/kanagawa.pdf
埼玉  :http://www.tepco.co.jp/images/saitama.pdf
千葉  :http://www.tepco.co.jp/images/chiba.pdf


うちは5グループらしい。
14日は、下記の通り?
事前に該当町内を車でアナウンスすると、TVで言ってました。

第1グループ 6:20~10:00 16:50~20:30 
第2グループ 9:20~13:00 18:20~22:00
第3グループ 12:20~16:00
第4グループ 13:50~17:30
第5グループ 15:20~19:00

(ご注意事項)
※グループ毎の時間帯は、開始・終了時間が多少前後することがあります。
※当日の需給状況によっては、予めお知らせした時間以外にも停電する場合があります。
※また、当日の設備状況によっては、お知らせしたグループと違う時間帯に停電させていただく場合があります


いろいろ検索した結果、
上記時間内の3時間が停電になる ということのようです。

う~ん。東電がんばれ!


それと、コメントいただきありがとうございます。
今後停電ともなるとPCも自由に使えなくなる可能性があるので
しばらくはお返事できないかもしれません。

ただし地震災害に関する情報があればこのようにできるかぎり
情報を更新するつもりです。


************************


発災(救済)、復旧、復興

今朝のテレビで
今、私たちは「発災(救済)」にいるという認識にたち
それぞれが何ができるか冷静に判断し行動しなければならない。


という論説員の方のコメントを聞きました。


福島原発の危機的状況を目の当たりにしたとき
今後日本全体に与えるダメージは測り知れないと思われます。

復興などという言葉はまだまだ先で、復旧もまったく見えてこない状況である
という事実。

被災地では安否確認もまだできない方が多く
家を失った方に満足に救援物資が届かない。
食べるものもないという状況。


これら復旧までにどれだけの歳月を必要とするのか想像もできませんが
テレビが伝えてくれる現地の情報を見ながら、自分が今できることを
考えてみようと思います。


とにかく私が今できることと言えば、はまずは募金しかない。

YAHOOのインターネット募金をしてきました。→→→コチラ
YAHOO JAPANのIDを持っていれば簡単にできます。
ヤフー ウォレットに登録している支払方法(クレジットカードなど)から引落される仕組みです。

すでに2億円以上の募金が集まっているようです。

私は非常に少額ですが、今回は復旧への道のりは相当長いと思い
月額引き落とされる方を選択しました。


そのほかこれからいろいろな形での義援金の募金活動など行われると思います。
都度、しっかりした支援団体であるかどうか、きちんと有効に募金が使われるかなど
確認し、できるだけ支援したいと思います。

安否確認サイトはこちらに移動しました。

※安否確認GOOGLE ⇒⇒⇒  Person Finder   (消息情報): 2011 日本地震
英語、韓国語、中国語対応   English | 한국어 | 中 文 (简 体) | 中 文 (繁 體





**********************

炊き出しおにぎり20110311
3月11日(金)夜10時に配られたおにぎり。
会社で宿泊する人は食堂までとりにくるようにとアナウンスがあり
行ってみると大量のおにぎりが準備されていました。
食堂の方々が一生懸命握ってくださったそうです。

いろんな方が握ったのでおにぎりの大きさも形もマチマチでしたが
皆さんの手のぬくもりを感じて心が暖かくなりました。
ありがとうございました。
本当においしかった


防災用毛布20110311
こちらは災害救助用毛布と水、乾パン。

私は東京近郊にある別の事業所に出張中でしたので
出張者用のブースで椅子を3つ並べて毛布にくるまって
2時間ほど眠ることができました。

たくさんの帰宅難民が駅のロビーなとで夜明かしをしたのを後で知り、
私は恵まれた方だと思いました。

朝5時に目が覚め、ネットをみたら
私鉄、地下鉄が動き出していることがわかり帰宅することに。

普段でも2時間かかる道のりのところ
5時30分過ぎに事務所を出て、
運よく待ち時間もなく電車に乗ることができて
遠回りでしたが無事9時前に家に到着しました。


その日は下手に動かず、安全な場所で一夜を過ごしてから
動きだした方が良い、というのが今回得た教訓です。
車で迎えに行こうとした社員のご家族もいらっしゃいましたが
道路は1mmも前進せず、かえって大変だったようです。
車の移動は極力避け、緊急車両に道を譲った方がよいとも思いました。

※今日、長野から名古屋へ高速で向かっていた知人からメールが入りました。
「西日本方面から何百台も救急車が支援のため走っている。ナンバーが西ノ宮とか京都とか・・・」




ともかくたくさんの方からご心配いただき恐縮しております。
ありがとうございましたm(__)m


地震、ツナミがこんなに恐ろしいものだというのを
あらためて認識しました。
今回最初の揺れがかなり長くて
だんだん揺れが大きくなっていったので
「恐怖」以外の何ものでもなかったです。
会議中でしたが、すぐにYAHOOを開いたら
宮城で震度7という文字が出て(最初震度5強だったかと思いますけどすぐ訂正されました)
血の気が引きました。
神戸の震災が甦りました。


その後も何度も大きな揺れがきて
船の上でゆられているような感じで
気分が悪くなるほどでした。


それと同時に家のことが心配になりました。
ですが電話が通じるはずもなく。


メールやTwitterは最初、安否を確認するのに有効でしたね。
うちは親が年寄りで、メールを見ることはできても返信が打てないので
電話が通じないと本当にお手上げです。
公衆電話が繋がると聞いて走ったりしました。
あとで奇跡的に携帯が繋がった時、家の近所一帯が停電していることがわかり
いくら電話しても繋がらないわけだと思いました。


地震が怖いのはライフラインが絶たれることです。
電気、水、ガス
特に今はオール電化の家も多いですから電気が止まったらすべてが止まってしまいます。
うちの町内は15時前に停電して復旧したのが夜中の12時頃だったそうです。
その日のうちに復旧して幸いでした。


今朝家に着いてからは、テレビにくぎ付けとなっていました。
「茫然自失」
ツナミの威力になすすべもなく街ごとさらわれてしまった光景。

目の前で自分が住んでいた家が一瞬でなくなってしまう
恐怖と喪失感はどれほどのことだろうかと思うと言葉もありません。
自然の力の前で人間はこれほどまでに小さい、軽い存在なのかと
思うと、悲しくて仕方ありません。


そしていまだわからない最愛の家族の方の安否。
今、ニュースで「宮城・南三陸町で、町民1万人が安否不明の状態」とのこと。
町民17500人のうち、1万人の安否が不明とは・・・

ご無事を祈るばかりです。

東北はまだ停電していますし、携帯も繋がりにくい状態とのこと。
一人でも多くのご家族が再会をはたし、暖かい食事を一緒にとれることを
祈ります。



一方、海外からも救援隊を派遣し助けてくださると聞き本当に心強く思います。

韓国からも救援隊と救助犬を派遣してくださると聞きました。
李明博大統領自ら、
「最善を尽くして日本の復旧、救助を支援してください」
とおっしゃってくださったそうです。

韓国の皆さんありがとうございます。
そしてこの地震の余波が韓国に及ばないことを祈ります。

そして
「김명민 사랑하기 キム・ミョンミン サランハギ」の皆さん
日本ファンをご心配いただきありがとうございます。

皆さんのお友達やご家族が日本で被災された方もいらっしゃるのではと思います。
どうか、皆さん無事でありますように心からお祈りします。


昨日、Twitterで安否を尋ねて、心配してくださった
귀숙님, 은주님, 선영님,정말 고마웠습니다^^
キスクさん、ウンジュさん、ソニョンさん ありがとうございました^^


そして、そして、Twitterで世界中から地震被災者へメッセージが届いているのを読んで
感動してます
2つのステキなメッセージをお借りしました。

韓国人男性「世界唯一の核被爆国、大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だったてくる。
ツナミもくる。・・・小さい島国だけど、それでも立ち上がってきたのが日本じゃないの。
頑張れ頑張れ。」


ニッポンの母「原爆を2度も受けて阪神大震災から復興してきたんやで。
日本人の底力なめたらあかんわ。」

#pray for Japan←こちらは日本へ届いた祈りのメッセージphoto



「日本人の底力なめたらあかんわ!」


私もそう思います


被災され、家、最愛の家族を失ったみなさん、
太変でしょうが、1日も早く元の生活に戻れるよう祈ります。

寝る間もなく救助、救援活動されている方々
本当にお疲れ様です。みなさんの活動が報われることを祈ります。



最後に、この震災の犠牲となられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。


白い花束2





該当の記事は見つかりませんでした。