FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
명탐정;朝鮮名探偵トリカブトの秘密

『白い胸筋』がまぶしい☆ミョンたん

白い胸筋

前回の「パサ」「破壊された男」の時とはまた全然印象が違って
正真正銘のさわやか~~~な好青年!!!でした。
「パサ」の時はミョンミンさんの深~~~い湖のような「目」に
吸い込まれそいうになりましたが
今回は『白い胸筋』または『白い胸板』にくら~~~っとなっておりました

上の写真では分かりにくいのですが
遠くから薄暗い中を歩いてこられると、「白い胸板」がバ~ンと迫ってくるようで
ナムジャたちがジミンちゃんの胸の谷間に翻弄されているころ
私は、ミョンたんの『白い胸筋』にやられておりました

COEXの舞台挨拶はM館、6館、6館と3回あったのですが、私たちは最後の6館で見ることになって
いました。
係の方にミョンミンさんはどこを通るか聞くと
「そこからあそこに」と目の前の通路を往復することを教えてくれました(^_-)-☆

しばらくするとM館へ向かう名探偵ご一行様を発見。
M館の舞台挨拶の終了を待っていると
ジミンちゃんを先頭にダルスさん、ミョンミンさんが向こうから歩いてきました。

私たちは今回の(我々の)名探偵映画ツアーのためにTシャツを準備していたのですが
ツアーT[シャツ

これを着て駆け寄ると、
ミョンミンさんは思わず下を向いてククク~っと笑ってくださいました。
「あちゃ~、あなたたち・・・・そこまでやっちゃったの?」みたいな・・・・


すでに何人かの方がミョンミンさんと握手をして「ボ~ッ」となってます。
(金曜日は全部で7名でした^^)


「いついらっしゃったんですか?」とミョンミンさん。
「昨日です。この後、テグ、釜山にも行きます」(^_-)-☆
というようなお話を交わして。
ミョンミンさんは、私たちの話に
「アア、クレヨ」(ああ、そうですか。)穏やか~~~な、静か~~~なモクソリで
ゆっくり答えてくださいました。
ミョンたんがそこから立ち去っても、響くモクソリだけがそこに残っているような
とってもステキな声でした


この後、最初の6館の挨拶を終えて戻ってきたとき、Sさんがミョンたんを呼びとめると、
またすぐに近づいてきてくださり
Sさんは握手しながら「カンマエ先生にはまった。会えて嬉しい」というようなお話をされました。

ミョンミンさんがこの時、少し日本のファンとのことについてお話されいました。
正確ではないですが要約しますと、
「日本のファンの皆さんと会うチャンスがあったが、無くなってしまって残念です。
いつも気にかけているんです。」

というような内容でした。

その後、「来週「私の愛、私のそばに」が公開になるので、皆集まって一緒に見るんです」といいました。
私が「いらっしゃれれば良かったんですけど」というと
何か少し考えてうなづいていらっしゃいました☆


確認したわけではないですが
今の段階では具体的な予定はないように感じました。
来週も名探偵の舞台挨拶は続くし、
3月から新作映画の撮影も始まるし・・・

でも、きっと近いうちに、日本ファンとの出会いの場を作ってくれると信じます☆



☆おまけ☆ツアーT着てウキウキなY隊員(左)S隊員(右)
ツアーTシャツの二人



<注意>できるだけ事実に沿って書いているつもりですが
あとで皆で、あ~だった、こ~だったと話ていると
いつの間にか、妄想の世界が混じってくるんですよ^^;
なので、もし何か違う場合は指摘してくださ~い!!!


該当の記事は見つかりませんでした。