FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
파괴사破壊された男

揺るぎない信念から生まれる言葉★VOGUE翻訳★

VOGUE1.jpg VOGUE7月号 スターインタビュー

っています。同じ俳優同士でも俳優も人間なのにあまりにもやりすぎではないか。
そう言いました。ですがそれは個人の価値観の問題です。なぜ俳優をやるのですか?
成功するため?有名になるため?私は自分の満足のためにします。
私は自分との戦いに勝たなければなりません。その成就感とやりがいが私のパワーの源です。
ルーゲリック役もそのような病気の映画を作ろうとした制作会社が問題であり、
その役柄を命を掛けてやりとげた俳優の問題ではありません。
目の前に置かれた課題をやりとげることが純粋な私の仕事です。
それを越えられなければ次の私はいないのですから。”
 by キム・ミョンミン
(インタビュー中 抜粋)


何度も読んで、言葉を吟味しながら訳し終えた今、頭が正直疲労困憊です。
確かにこういった雑誌の文章は日本でもそうですが、速報のニュースとは違って
文章が廻りくどかったり、(私にとっては)高度な表現を使ったりしているという
せいもありますが、ミョンミンさんの言葉の強さに参りました。(ま初めてではないですけど^^;)
しゃべっている時の語気の強さまでが伝わってくるインタビュー。

彼のインタビューで衝撃を受けたのは、「私の愛 私のそばに」のCINE21
「俳優は人であってはならない」が最初でした。(かめブログの最初の記事としてアップしたぐらい
記憶に残る名インタビュー^^)
あの時のインタビューから1年もたっていないけど、ものすごい時間が経過したようにも思えて、
キム・ミョンミンさん自身さらに何か悟りを開いたような気配さえ感じられます。
万が一、韓国俳優連盟(ってあるか知りませんが)を敵に回しても決してこのポリシィは
変わることがないんだろうなあ・・・
そんなことあるわけないですけどね


彼にとって演じることが課題であるなら、
私にとっては「キム・ミョンミン」彼そのものが課題のようです。



SAMTA「ふぅ~。すごいなあ。映画の制作者の問題だって言いきるなんて。
いつものように強くて単純明快ですね。」
ソンセンニム「ふん。この人、表面的には単純そうに見せているけど、中身は
かなり複雑かもしれないですね。人間ってそういうものでしょ。^^」



ああ、ミョンミン道のゴールは果てしなく遠い・・・

※長文ですが、「詳細は雑誌を見てください。」とありましたのでまだ続きがあるのかな。
それからオム・ギジュン君のインタビュー部分は別途・・・余力があれば・・・^^;


該当の記事は見つかりませんでした。