FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
불멸不滅の李舜臣

2004.9.4 「21世紀 なぜ李舜臣なのか?」

21世紀なぜ李舜臣か

21世紀 なぜ李舜臣なのか? KBS不滅の李舜臣公式サイトより

죽기자 하면 살 것이고, 살고자 하면 죽을 것이다!
チュッコジャ ハミョン サルコシゴ、サルゴジャ ハミョン チュグルゴシダ!
死のうとすれば生き、生きようとすれば死ぬのだ!

ああ、チャング~ン!李舜臣の名言ですね。写真の中にも将軍の後ろに「必死即生、必性即死」
という掛け軸が懸かっています。

イ・スンシン祭りにふさわしく(?)KBSの公式ホームページに上がっている、ドラマ企画意図なるものを
訳してみました~!(^^)!  (2004.9.4は初放映日です)

それにしても ああ、しんど~^^;

だってミョンミンのミョンの字もないんだもん!
(先生から、SAMTAシィ~、最初にこれをやらないとアンデ~っと言われしぶしぶ。(^^ゞ)
ですが、制作者の皆さんのドラマに対する熱い思いを知り、李舜臣に対する韓国の方々の並々ならぬ
思いを知ることができて、今はやってよかったなあと思っています。
これからこのドラマを見る方々の参考にでもなれば嬉しいです~(*^^)v
*地名や人名などはできるだけ調べて( )に補足をしています。ご参考までに。。。


韓国で李舜臣のような強いリーダーを求める声は多いでしょうが、世界的にもこういった指導者が求められる
時代なのではないですかね。でもそうなかなか現れるものでもなく。。。
やはり強いリーダーは時代によって作られるのでしょうか。。。。


あ~それにしても、そろそろミョンミン話が恋しいわ~
何せ1週間ず~っとこればっかり読んでたもんで。。ㅋㅋㅋㅋ


元記事はこちら


追記:翻訳内に漢字の間違いがありましたので訂正します。
「どのように描くか」の2と9

X女人族→○女真族

該当の記事は見つかりませんでした。