topimage

2017-06

韓国映画「一日」舞台挨拶&ソウル巡り 後記후기 3 - 2017.06.24 Sat

sondo1.jpg
真ん中の高いビルがPOSCOタワー
sondo3.jpg
超高級タワーマンション

日目日曜日は撮影地訪問  In 松島&仁川

今回のソウルツアーは舞台挨拶とは別に、行きたいところがあったんですよね。
ミョンミンさんが何万回と口にしていた「パンムンヨゴサゴリ」^^
仁川にあるということで、仁川に住んでいるジンスクさんに連絡をすると、案内してくださるというので
ルンルン行ってきました♪
「하루(一日)」撮影地を見学しつつ、「도깨비(トッケビ)」撮影地もついでに見よう~(^^ゞという計画です。
事前に映画を観終えたジンスクさんから「ほとんど仁川で撮影している~!」と興奮気味にカカオが来ました^^
自分が住んでる町がメイン舞台になってるって、すごいですよね☆
でも松島(ソンド)、仁川はかなり広いのでバスで回るにしてもちょっと大変かなあ・・・・と思っていたんですが
幸い、以前もお世話になったスンヨンさん(スンジョンさん繋がり)が車を出してくださるというのでお言葉に甘え
車で松島(ソンド)、博文女子高交差点、ペダリ(トッケビ撮影地)を回ってきました。
とにかくだだっ広いので基本、車がないと動けないところですね^^;;;

セントラルパークは行ってみたらわかりますけど、もんのすごいスケールです。
「なんですか、ここは?」というぐらい。
全体が埋立地ですが、お台場、みなとみらいよりも大規模です。
韓国のグローバル製鉄会社POSCOが建てた超高層マンションが立ちならんでます。
この高層マンション、以前は「テハン、ミングク、マンセ」の名前で有名な三つ子のパパ、
ソン・イルグクさんご家族も住んでいらしたそうです。
sondo4.jpg sondo10.jpg



sondo7.jpg sondo9.jpg
映画の中でミョンミンさんがここを通ったというのでとりあえずパシャパシャ^^

「太陽の末裔」で有名になったカフェもここにあります。 dal.Komm.cafe
sondo5.jpg
クリックで拡大します
sondo6.jpg
中にあのぬいぐるみが座ってました^^ 

それにしても日陰がない・・・・・木々もまだ植えたばかりで成長するまでにはあと20年?
そのころには木陰もできて涼しくなることでしょう・・・(^^ゞ

そして我々、あの交差点に移動!ミョンミンさん連呼のおかげで超有名になりましたね☆
「一日」を見たらわかりますが、ほとんどの撮影がここ博文女子高前で行われたようです。
広いのと車も人も少ないので撮影地としてはもってこいなんでしょうね。
panmun1.jpg
博文女子高交差点

ここは最寄りの駅がキャンパスタウン駅というぐらいあらゆる大学が集まっているそうです。
博文女子高の後ろには「延世大学国際キャンパス」がありました。
グローバルな人材を育成することを目的とした大学が主に集結しているようです。
それにしても何もない。ここも日陰がない・・・
日陰がないから日差しを避けることができなくて、ただ暑い・・・・
そんな中で車がほとんど通らない車道を好き勝手に移動しながら写真を撮ってきました^^;;;
panmun2.jpg 現場検証^^;;

201706070914046710_2_20170623205730a85.jpgpanmun3.jpg

そして次は「トッケビ」撮影地へ。
pedari1.jpg jiyu3.jpg
ハンミ書店(ペダリ)
jiyu1.jpg jiyu2.jpg
自由公園のマートの前。ゴミ箱はなかった^^;;
この近くには中華街もあります^^

最後はジンスクさんのおうちの前にあるショッピングセンターの中で
ジャジャ麺食べて長いようで短かった旅もお開きとなりました。

久しぶりのソウル旅行だったけど、またたくさんの人たちの縁、絆を感じる旅となりました^^
楽しかった~♪

PS.
「特別捜査」の映画モイムはお土産話したっぷりでごじゃいます(*^_^*)
本当のお土産もあるよ!

韓国映画「一日」舞台挨拶&ソウル巡り 後記후기 2 - 2017.06.22 Thu

舞台挨拶


曜日「一日」舞台挨拶の巻
普通は舞台挨拶日程が出てから映画館のチケットがオープンになるんだけど
公式日程が出る前にチケットが買える状況になっていて、前の方を押さえるのが大変だったみたい。
ヨンウンちゃんがかなり頑張ってくれました。幸いなことにジョムランオンニがすばらしくいい席を押さえてくださっていて、その席を2か所譲ってくれました。
お蔭で動画バッチリ^^
舞台挨拶は前列だなあ・・・・
映画見るのは辛いけど^^;;;

舞台挨拶の様子は動画をYouTube上げたのでそちらで確認できます☆

星の庭
この日初回はコエックスだったんですが、私も久しぶりに行ったら大きくリニューアルされてました。
途中、巨大な図書館もできていました。「星の庭図書館」という名前ですが圧巻。総面積2800平方メートル(約847坪)、高さ13メートルの大型本棚3つに5万冊に達する本と海外雑誌などを揃えた図書館だそうです。すべて無料で利用できるらしい。(目的は集客!)
さらに映画館に進むと、ここもかなりリニューアルされてました。
ただ基本的なシアターの場所などは変わってないので入口で待ってたらミョンミンさんもいらっしゃるだろうと思い、
ファイティンエールを送ろうと、入り待ちすることに。
(私たちが一瞬カフェでチケットの受け渡しなどしている間にすでに劇場の中に入られたみたいですが)

初回の舞台挨拶を終えたミョンミンさんたちが出てこられました。
初回だからなのか、何かみなさん硬い表情・・・(-.-)
ぎょっ!声かけづらいわ~と思いつつも、今でしょ!と思い直し。
「ミョンミンさ~ん!」と一声。(なぜか日本語^^;;;)
すると、目の玉だけをぎょろっと^^;;声のする方に向け、私を発見するや身体ごとこちらに向け、
ぱ~っと嬉しそうな顔をされて「아~!오셨어요?」(ア~、オショッソヨ?)私に向かって手を伸ばしてくださいました。
私が声をかけた瞬間、周りにSPらしき人もいて私が変なやつだと思ったのか
本能的にミョンミンさんの前に立ちふさがろうとした(ように見えた)のですが、
ミョンミンさんがそれより早く私に声を掛けてくださったので、SPの存在はその時点で完全に消えました^^;;;
でも時間もないと思って、とにかくお土産渡そうとしたら
紙袋の取っ手が腕にからみついて離れない~慌てる私。
それをミョンミンさんはニコニコ見てらしたそうです(ヨンウンちゃんいわく)。
お土産渡した時、何かおっしゃってたんですが、記憶にごじゃいません(;_:)
でも無事に渡すことができて、ご挨拶もできて、私としてはほっと一安心。

worldtower.jpg 123階建て!
その後、2回目のコエックスの舞台挨拶を見て、ワールドタワーのロッテシネマに移動。
(入場シーンはInstaに動画で上げました)
タクシー乗ろうと映画館の真上に上がったら車寄せに舞台挨拶バスがで~んと止まってました。
中は見えません。そしたらその先の喫煙コーナーでユ・ジェミョンさんがスタッフの方とたばこ休憩されているの
をヨンウンちゃん発見。私は気づかずにスルー^^;;;
今回の舞台挨拶はスケジュールがゆったり目に組まれていて俳優さんたちもかなり余裕がある様子でした。

ワールドタワーの後ろにあるロッテシネマは終演時の舞台挨拶だったので途中で入るのは他のお客さんに失礼だと思い、入口で待機。クレジットが流れ始めた段階で、座席へ向かって小走りに。少しすると舞台挨拶のために劇場内が明るくなり監督さん先頭に俳優さんたちが入場。
舞台挨拶では観客が参加できるイベントが行われることが多いようですが今回は俳優さんたちからソンムルが配られたんです。ミョンミンさんは反対側にいらしたので無理だろうなあ・・と思っていたら、なんとミョンミンさんこっちの方に向かって投げるじゃないですか。投げるの?手を伸ばしても届かない。(後で知ったんだけどサランハギ会長のヒョンジョンさんたちが来ていてそこにめがけて投げたみたいでした。でも残念ながら手前で失速)
そうこうしているうちに監督が真横を真面目な顔して階段を上がっていかれました。
その次にヨハン君が私の横にきて立ち止ったんです。あれ?と思ったら我々の席の一番奥にいたナムジャペンに
お菓子を渡そうとしています。(この方、はじめからず~っとヨハン君に声援を送ってました。
後でヨンウンちゃんに聞いたら自分のアピールしてたらしい^^;;ヨハン君のマニアだわね(笑))
それでヨハン君が持っていた2つのうち1つはそのナムジャペンの手に渡り、もう一つが私の手元にきました(^^ゞ
きゃ~ラッキー!
ということでヨハン君ペンには申し訳ないですが、記念のお菓子をゲットできたんです。
たぶんミョンミンさんからはもらえないだろうというのが二人の予測でした。(^^ゞ
※プレゼントは「하루 견과」(一日堅果)という一日一袋(ナッツ類)のおやつです。
ナッツは健康にもいいですからね☆シールに印刷されたメッセージは
「당신의 하루를 응원합니다!」(あなたの一日を応援します!)
yohan_20170622215126ef5.jpg
とにかく映画をみなくちゃ!とうことで最後の東大門で映画を観て舞台挨拶を見ることにしました。
本当はCGVにも行きたかったけどね。ちょっとタイミング的に厳しかったのと、ゆったり回って観光もしたかったので(笑)
最後の舞台挨拶はミョンミンさんを目の前で見ることができました。なので動画もバッチリ。Tシャツもバッチリ(笑)


東大門2 アイコンタクト?

プレゼントのお菓子ですが、目の前だけどどうせもらえないよねと諦めモードでいたところ
上の方を見上げると見せかけて、ミョンミンさんの目線が降りてきて
私たちの方にニヤニヤしながら近づいてくるではないですか!そして二つお菓子を差し出してくれたんです~♪
ヤッタ~!もらっちゃったん(^_-)-☆
ケンカ こっちがミョンミンさん♡
ミョンミンさんのペンがちょっと少なかったからかもしれません。いつもより。
ヨンウンちゃんもしきりと言ってたけど、なんとなく寂しさの残る舞台挨拶でした^^;;

映画は、思った以上に良かったです。これまでのミョンミンさん出演の映画の中でも上位にくると思う。
日本人の感性にも合っていると思いますね。単なるタイムループではない、まさにドラマがぎっしり詰まった映画です。
なんせミョンミンさんの演技がすばらしい~(ラストが秀逸)
もう一度スクリーンで見たいわ。
監督、初の監督作なのにシナリオがよく練られていて演出もうまいです。
最後の終わり方もGOOD!派手さはないけど、
こういう映画が韓国の映画評論家にもっと評価されてもいいんじゃない?と思います。

東大門ddp 「夜トッケビ」イベント も楽しかったん♪
yoru tokkebi

영화 하루 화이팅!!!

詳細はモイムで!映画パンフレットもれなくついてきます(笑)

(つづく)

韓国映画「一日」舞台挨拶&ソウル巡り 後記후기 - 2017.06.21 Wed

タイトル

土日の3日間、フルで歩き回ったおかげで、身体全体が重だるい~
回復遅い~(*_*)

でも心はかなり満足して帰国しました。
終わってみれば日程がすべて思った通り、いやそれ以上にうまくいって
하루 하루가 (一日、一日が)BEST!BEST!な여행(旅行)になったんです。

もともと舞台挨拶は土曜日だけ回るということでソウル旅行の予定を立てていたのですが
舞台挨拶の日程が出ると、ミョンミンさんが不参加となっていて・・
それでもある程度予測はできていたので、その分ゆっくりソウル市内を回ればいいな~と思っていたんですが
その後、急きょミョンミンさんも土曜日だけ参加するという連絡が出発前日に届き^^;;;

相変わらずやなあ~このスピード感。慌ててお土産買いに走り、というドタバタなスタートとなりました。
※舞台挨拶の時はだいたいこんな感じよね。
詳細わかるのが直前なので。ですから、これから参加したいと思う方がいらしたら、
「映画を観る」をメインに。ついでに舞台挨拶回る、ぐらいな気持ちでいるのがいいと思います。
そうでないと現地の変更、変更に振り回されてそれだけで心身共にくたびれ果てることになりますので。(^^ゞ

木曜日の夜最終で金浦に到着したんですが有難いことにスンジョンさんがわざわざ来てくれて
金曜日は一緒に遊んでくれるというのでお言葉に甘え。一緒にホンデの宿に向かいました。
今回はいつもの宿が取れず、Airbnbで延南洞の新しいゲストハウスを予約。
ところがここでトラブル発生(笑)
このゲストハウス、建物が2つあるんですが、予約の際本館の方を予約したと思いこみ、
暗証番号をあらかじめ聞いていたので、それで中に入ろうとしたけどドアが開かない。
しかもそこは5階。・・・・エレベーターのない5階。しかもチェックイン時間はとうに過ぎているので誰もいない・・・

しかたなくメールしてスタッフの方に来てもらったら、こっちじゃない、というじゃないですか~!
ええ!?ということでまた荷物を持って階段をおり、別館へ移動。ここの5階だと・・・お兄ちゃん(かなりのイケメンだった(笑)) 
でああああまた5階。エレベーターのない5階・・・・
スンジョンさんいわく「10階分上ったのよ。私たち」
たしかに。しかもスーツケースはスンジョンさんが持ってくれて(T_T)ミヤン。コマウォ・・・

スタートから思い出一杯、汗みどろの旅の始まりとなりました。(-_-)

金曜日は私が希望して今ソウルでHOT HOTな「西村」서촌(ソチョン)をスンジョンさんに案内してもらいました。
スンジョンさん子供のころこの近くに住んでいてよく通ったそうで、慶福宮周辺は本当に詳しい!
私はただひたすらついて行くのみ!慶福宮といえば、北村が有名ですが西村は光化門から見て左側に位置します。

通仁市場
かなり古い町並みでとくに通仁市場(통인시장)は昭和30年代の雰囲気が漂う市場でした。
ここはトンイン市場「お弁当カフェ」というシステムがあって、市場の真ん中あたりにある「お弁当カフェ」でお弁当箱を買い
市場の中の好きなお惣菜をお弁当箱に詰めて食べられるのです。
コネストの紹介文を引用します。
「景福宮(キョンボックン)の西側にある「通仁市場(トンインシジャン)」内の「お弁当カフェ 通(トン)」は好きなおかずを詰めて作るお弁当屋。地下鉄3号線景福宮駅から徒歩8分、市場の中央にある顧客満足センター2階に位置します。葉銭(ヨッチョン、高麗・朝鮮時代の銅貨)型に作られたコインを購入し、市場内の加盟店でおかずをコインと引き換えに買い、お弁当容器に詰めてもらいます。コインは1枚500ウォン、おかずはコイン1~4枚で買えるものばかり。おかずを選んだ後はカフェでご飯やスープ(コイン各2枚)を購入するシステムです。」

私たちは時間が早かったのでお弁当はまだ準備前でした。それで遅い朝食をかねて、
キルムトッポッキ(기름 떡볶이).をいただきました。甘辛いトッポッキとは異なり、油で炒めた辛いトッポッキと
辛くないお醤油味のトッポッキ。
キルム
お米粉で作ったトッポッキなので、モチモチしていて1皿で十分おなか一杯になりました。(300円/皿)
50年の歴史あるキルム(油)トッポッキはここでしか味わえないそうですよ~!

その後、町を散策。写真取りまくるほど味のある風景が並びます。レトロなカフェもたくさん。
目がキョロキョロ。写真パチパチ。
その中でもひときわ古さ際立つ古本屋が「デオ書店」대오서점。カフェになっています。
deo.jpg

古いお花屋さんのような店構えのカフェ。中のインテリアがとてもステキでした。
30℃を超えたこの日、スイカジュース수박주스が超うまうまでした(^_-)-☆
お花屋さんの
subaku.jpg左がスバク(スイカ)ジュース

スンジョンさんいわく、カフェの店づくりは日本がベンチマークになっていると。
確かにそうだけとは思うけど、
さらに韓国らしさが加わって、日本にはない魅力が溢れています。
西村北村

この後、仁寺洞でヨンウンちゃんと合流、オソルロクで冷たいジュースを飲み、三清洞へ移動。
久しぶりに三清洞スジェビをいただきました。夕方だったのでお店は空いてました。
お昼は行列ですもんね。相変わらずのおいしさでした。
sujebi.jpg
高台を散歩して、スンジョンさんは土曜日に仕事があるからと、ここでアンニョン~(T_T)
ソウルまで私よりも遠いのに本当に申し訳ないわ。また会おう!
omu作家
仁寺洞で開催中の「ウルジン展」にオム・スンジョン作家も作品を出展しているとのことで、
ちょっと立ち寄りました。ご本人と一枚。パチリ^^

ヨンウンちゃんとはソウル駅の「7017」を見学した後、ホンデに戻り、少し休養してからご飯を食べに出かけました。
インスタでも上げたけど、私のお気に入りの「京義線スップキル(森の道)公園」は夜ともなるとたくさんの人であふれ、
さしずめ「夜のピクニック」メッカとなります。ここでビニール敷いてチメクしたいね☆
次回はビニール持っていかないと!(笑)
honde.jpg
FUHAHA.jpgホンデ駅近くのクリームパン。FUHAHA 超おいしい^^今度行ったらまた食べよう~♪


(つづく)

다녀왔어요~♡ ミョンミンさん主演「一日」舞台挨拶 Movie  - 2017.06.20 Tue





日午後2時過ぎに真夏の(笑)ソウルから戻りました。
横浜は涼しいと思ったらこっちも暑かった^^;;

Instaでは動画を上げましたがYoutubeにまとめて上げたので
アップしたいと思います。

詳しいフギはまた今度^^;;
あ、8日(+15日?)のモイムはお楽しみに^^

1番目のCOEXでは席が入口脇でミョンミンさんを撮っている私のカメラの前を
どんどん人が通るので見づらいと思いますが
モクソリはバッチリです。(^^ゞ

観客動員数では金曜日がBOXOFFICE1位で土日は残念ながらミイラに押されて2位となりましたが
今見ると19日月曜日はまた首位に返り咲いていました!
全体的には動員数が少な目なので、ゆっくり100万人を超えてるかな?と思います。
これからトランスフォーマーも公開するし・・・
厳しいと思いますが

あ、映画は予想以上によかったです。
ループするところがどう演出されているのか気になったんですが
同じなのに違う^^;;
飽きずに90分集中できる映画に仕上がってました。
ラストがよかった。
そしてなによりウリペウニムの演技がすばらしかったです☆

ミョンミンアッパ(笑)が仰ったように^^;; 
ハリウッド映画のような華やかさもスペクタクルもないけれで
ドラマがぎっしり詰まっている、という映画です。
舞台挨拶でご挨拶が切れてしまいましたが
後半、ユ・ジェミョンさんの演技が相当インパクトありました。
この映画のキーマンですね☆
日本で早く公開されますように☆

ではでは~みなさんもよい一日を!
좋은 하루 되세요!

씨네21 [カバースター]ビョン・ヨハンの一日はゆっくり流れる - 2017.06.14 Wed

1109_4.jpg


いてビョン・ヨハンさんのインタビューです☆

ビョン・ヨハンがまた戻ってきた。 '戻ってきた'はカムバックの意味で使ったのではない。 彼が、前作<あなた、そこにいてくれますか>に続いて再び過去に戻らなければならないタイム・ループ素材の映画<一日>に出演したためだ。 'あなたそこに一日だけいてくれますか。'とタイトルをつなぎ合わせても言葉になるほど類似した設定の映画に彼が相次いで出演した理由は何か。 久しぶりに会った彼から新たな試みに抱いている期待と反省、そして映画のように一日を後悔なしに過ごすための彼だけの努力について質問を投げた。

-前作と設定が類似したタイム・ループ素材映画に出演する負担感はなかったか。

=前作では私が直接時間移動をしないという大きな違いがある。 (笑)<一日>のシナリオを初めて読んだ時はあまりにも簡単に読んだ。 二回目に読んだ時はとても難しかった。 三回目には混乱し始めた。 四回目に読むときは自信がなくなった。 それでもっとやりたくなった。 私がこの人物の感情をどの程度まで引き上げなければならないか、それができるか知りたかった。 素材が重なるのは考慮の対象ではなかった。

-<一日>のミンチョルは、愛する妻を失い、彼女が死ぬ直前の状況に戻って彼女の死を防ぐために努力するが、最初から最後まで声を張り上げるスタイルだ。

=撮影前に監督と話をしながらミンチョルがとても動物的で本能に忠実で前に走っていく人であるため、ブルドーザーのようだと思った。 学生時代の授業を思い出した。 その時特定動物の性向に合わせて少しずつ自分のものにする訓練をしたが、なぜかミンチョルがドーベルマンに似合うようだった。 それで、ドーベルマンのようになってみようという気持ちでタンニング(日焼け)が15回終わった後に(笑)演技の授業していた時代の経験を思い出しながら研究した。 面白かったことは強い感情を表現する時、強くするのがむしろ強い感情のように見えないということだ。 本能に忠実な姿で一貫してもシーンごとにエネルギーの分割が必要であった。

-アクション演技をした時も、毎回異なるべきだったのだろうか。

=アクションというよりは全体がドラマだと思った。 もし、アクションで感情を入れて演技をしてしまうと本当にアクションが出て、次のシーンにすぐにつながっていかない。 現場で武術監督もアクションよりはドラマで、感情を押して行った方が良さそうだと話した。 アクションというより地団駄を踏むという表現がもっと似合うようだ。 (笑)

-さまざまな趣味生活を楽しんでいると聞いた。

=ここ1年間、ゆっくり休み、私が学ぶ事ができなかったもの、習ってしまったのを完璧にしたくてドラムとピアノ、ボクシングを並行している。 胴体と服を注文して作るコスチューム・フィギュアも集めているところだが、この趣味が私に悟りを与える。 特定の映画の中の俳優の姿を再現するため、部品を集めると、体に合わないものが生じるが、合わない服を無理やりに着せるよりも、次の部品が配送されるまで待つ。 (笑)その瞬間にもう一度学ぶことになる。 私が引き受けていた配役もそうだった。 私は今まで無理に合わない服を着ようとしなかった。 うわべを飾って変化しようともしていなかったようだ。 おかげにこれまで自然に似合う服を着た。

-数十本の独立 長・短編映画を作業してから、ある瞬間からドラマに領域を広げ始めたのを見て、自ら演技の限界や新たな挑戦に飢えていたのではないかと思った。

=人為的に何かを変えてみようとしたことは一度もなかった。 (俳優生活を)もっとゆっくりしたい。 競歩も大変だった。 (笑)まだ次回作として準備しているのはないが、今取り残されても、亀の様に気楽に歩きたい。 もちろん、結局は遅くてもゴールインしたい。


※タンニング 15回っていうのは、日焼けサロンであらかっじめ焼いたってことかな?
役作りですね☆



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

어서 오세요

하루 一日 A Day 6/15公開!

キム・ミョンミンさんへのファンレター宛先

☆ファンレターはこちらへ☆

KMM with Heart200

(우)135-889 서울특별시 강남구
도산대로17길 19
(신사동 543-11) 온암빌딩 302호
MM ENTERTAINMENT 김명민님
ソウル市江南区島山大路17通19
(新沙洞543-11)温岩ビル302号
MMエンターテインメント
キム・ミョンミン様

プロフィール

SAMTA

Author:SAMTA
横浜在住
韓国ドラマ・映画好き
韓国俳優キム・ミョンミンさんの
カンマエに嵌ったのが2009年5月。
それからミョンミン道一筋です☆
韓国語、韓国料理など韓国文化全般に
興味があります。☆

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

はじめてのご挨拶 (1)
김명민 キム・ミョンミン (271)
インタビュー翻訳 (5)
朝鮮名探偵3 (2)
물괴 物の怪 (2)
V.I.P (14)
하루;一日 A Day (39)
특별수사: 사형수의 편지;特別捜査:死刑囚の手紙 (71)
판도라;パンドラ (29)
조선명탐정2;朝鮮名探偵~消えた日雇いの娘~ (58)
히말라야ヒマラヤ (10)
간첩 カンチョップ(スパイ) (53)
연가시:ヨンガシ (86)
페이스메이커:ペースメーカー (116)
명탐정;朝鮮名探偵トリカブトの秘密 (84)
파괴사破壊された男 (77)
내사곁 私の愛 私のそばに (37)
소름 鳥肌 (6)
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ (337)
六龍が飛ぶ 人物紹介 (4)
六龍が飛ぶ 単語復習 (10)
六龍が飛ぶ あらすじ (44)
六龍が飛ぶ 鄭道傳の生涯wiki翻訳 (5)
개과천선:改過遷善 (184)
드라마의 제왕; ドラマの帝王 (172)
「ドラマの帝王」日本語字幕を楽しむ (18)
베바 ベートーベン・ウィルス (37)
거탑白い巨塔 (11)
불량가족不良家族 (13)
불멸不滅の李舜臣 (61)
꽃보다花よりも美しく (4)
ファンミ☆モイム (61)
「赤い糸伝説」청실 홍실 (51)
韓国料理☆한국 음식 (4)
韓国をたどる旅 (49)
韓国語 (14)
韓国映画・ドラマ (31)
ウリケースケ (6)
日常 (40)
その他 (62)
未分類 (0)
コツコツ翻訳 (13)

アーカイブでクラウド

もうひとつのつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター