topimage

2017-03

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <50話最終回 あらすじ・レビュー> - 2016.03.24 Thu

50六龍

くロマンチックに新しい世の中を夢見て

5行概要
ムヒュル(ユン・ギュンサン)は、キル・・ソンミ(キル・テミ)に勝ち、イ・バンジ(ビョン・ヨハン)と一緒にチョク・サグァン(ハン・イェリ)を殺す。バンウォンを救ったブニ(シン・セギョン)とムヒュルは再びバンウォンのそばを離れ、2年後にバンウォンは王の座に上がる。息子イド(ナム・ダルム)から鄭道伝(キム・ミョンミン)とブニの姿を思い出したバンウォンはムヒュルを訪ねイドを紹介する。ムヒュルを介してバンウォンはブニがいるムハン島に行くが、ブニは遠くから眺め、イドと挨拶を交わす。歳月が過ぎて年老いたブニは、ハングルの存在を知り、鄭道伝の墓で息を引き取り、昔ムヘン島でバンウォンとブニが会ったことを見せてくれる。

レビュー
50回の長い道のりが終わった。長い呼吸の間の緊張感、楽しみ、素晴らしい演技と演出すべてがこれ以上いうことのない「六龍が飛ぶ」は最終回も例外ではなかった。派手な武術シーンは目を離すことができない開始を導く。誰かを守るためのムヒュルとキル・ソンミの戦い、誰かを守れなかったイ・バンジとチョク・サグァンの戦いは、そのどの剣術シーンよりも華やかで凄絶た。

「六龍が飛ぶ」は、歴史に想像を加えたし、それぞれの位置で六龍が夢見る新しい世界、特に人間イ・バンウォンに集中することで歴史を完全に順番に表すことを止めようとはしなかった。そのため、第2次王子の乱や、バンウォンが王になって外戚であるミン一家を除去した過程などは、結果だけでいうと簡単に説明するだけだった。

その2年という歳月をはるかに過ぎ展開は歴史の過程よりも太宗イ・バンウォンと息子イドとの対話に集中することにより、国を立てる前に、共に持っていた六龍の心を想起させる。そのような点で幼いバンウォンを演じたナム・ダルムの登場は非常に興味深かった。自分と似ていないが、実は最も似ているイドはバンウォンの自画像であり、懐かしい師匠鄭道伝の残像であり、忘れられない情人ブニの姿まで込めて作る。

血の歴史の中でバンウォンが掴んだ基礎の中で、彼の息子イドつまり、後の世宗を通して実現される初めての夢は、歳月が過ぎ年老いた方(ユン・ユソン)が「バンウォンと息子が何かやり遂げたようだ」と言ったように、「六が飛ぶ」を越えて「根の深い木」に至るまでの世界観の完成形人物 世宗の存在を通して洗わず。陸に上がったブニが、前に表われる「根の深い木」の人物を通して明らかになったハングル創製は、「根の深い木」のプリクォルで始まり、そこで終わる最も「六龍が飛ぶ」らしい結末に向かっていた。

鄭道伝の墓の前でハングルに感嘆しながら息を引き取ったブニを見せて初めて、結局ブニとバンウォンが会ったことを表す。すでにブニの死が明らかになった後だったのでバンウォンとブニの最後の出会いは、よりもどかしいだけだった。 「一日一日ときめき、一日一日が恐ろしく、一日一日が寂しい」「一日一日忙しく、一日一日が孤独でした」共にできない二人はずっと寂しかったが、生きているので、それぞれの場所で何かをしいつも心はお互いを懐かしく思っていることを、またこれからもそうであることがわかった。

新しい国の完成、最終的には、王の座に上がったイ・バンウォンの物語の大きな割合を占めていたバンウォンとブニのロマンスは、風がそうだったように民がそうであるように捕まえることができないブニを、ある時代の痕跡と思いながら送ることで終わりになった。 「会いたかった。ブニ大将」と呼ばれるバンウォンの最後の告白と共に。たとえ「私にそんなロマンが残っていると思うか」とバンウォンは言うが理由はどうであれブニがいる島を侵略する倭寇たちの本拠地対馬を火の海にしてしまえというイ・バンウォン式の言葉は、子供の頃に火をつけたブニを見てロマンチックだと言って惚れてしまったバンウォンを連想させる。まだロマンチックで、まだ火のような太宗イ・バンウォン。最も彼らしい最後だった。

おしゃべりポイント
- 「どうか私を生かしてくれ!」ハムジュ男バンガン兄さん覇気を見て!
- なぜか「根の深い木」が続きそうな感じな感じ
- 作家様!世祖時代を描いた次のドラマ待ってます!これで、朝鮮初期の連結完了
- まだもどかしい、見送る心、6ヶ月の間幸せでした!ありがとうございました「六龍が飛ぶ」!



楽しかったです!
スタッフ、監督、俳優のみなさん
お疲れ様でした。

昨夜は打ち上げでにぎやかだったようですね。
皆さん、やりきった感じでいい表情でした。

ウリミョンドジョンの姿がなかったのがさびしかったですが・・・・(^_^;)

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <49話あらすじ・レビュー> - 2016.03.23 Wed

49六龍


・アイン、簡単に離れて見送ることができない魔性のイ・バンウォン

5行概要
イ・バンウォン(ユ・アイン)は、無名を除去する準備をし、無名もやはりバンウォンを打つ準備をする。パン村民の尋問が開始され、ムヒュル(ユン・ギュンサン)はバンウォンのそばを離れようとする。ブニ(シン・セギョン)もバンウォンにパン村の人々を助けてくれと言って去るといい、バンウォンはブニを捕まえておこうとするが、最終的に見送る。バンウォンの危険を感知したブニはバンウォンを探し、ブニの機転で危機から抜け出す。身を避けたバンウォンとブニの前にキル・ソンミ(パク・ヒョックォン)が現れ刀を向け、最後の挨拶のために来たムヒュルがバンウォンを守るため刀を抜く。

レビュー
王子の乱でバンウォンは世の中に存在しない権力を握る。主な大臣はもちろん、さらに王になったバンガ(正宗)まで顔色を見る存在になった。最終的にはバンウォンが王になるということは、自明の事実。彼の未来は歴史の中で知ることができるが、今バンウォンの心を揺さぶるブニとムヒュルは、仮想の人物なので、彼らの物語は確認することができない。そのため出ていく事を決意するブニとムヒュルの歩みは、結末を分かって見る「六龍が飛ぶ」でさらに興味を注がれる話であることは間違いない。

バンウォンは強い人になればなるほど、より孤独になっていった。バンウォンがすべての人を笑顔にする政治をするときそのそばにいてほしいと思ったムヒュルと愛する女性という言葉だけでは説明が足りないブニ。彼らがそれぞれバンウォンとある関係を結んできて、49回まで展開されている間、どれだけ大切に思ってきたかを十分に知っているので、バンウォンが今最も切実な二人を手放すと決心する過程は、これまで以上に切なく見せた。さらに、ブニとムヒュルの決定、バンウォンの悩みの合間に見せる過去のシーンは、あまりにも変わってしまった今と比較されて苦い雰囲気をかもし出す。特に、桃花殿の戦いを終え、共にした酒の席で夢を交わした時と交差して、現在を示す場面では胸を熱くすることまで提供する。一方バンウォンのせいにしたい気持ちにさせながらも、権力は持ったが人はいないバンウォンがよく見えて残念なだけだ。

チョク・サグァン(ハン・イェリ)の存在、無名が作ったバンウォンの危機は離れようとしたブニをバンウォンに向けさせ、ムヒュルは刀を取り出した。そして、そのように待っていた第六のムヒュルの覚醒まで続く。去るムヒュルが最後の挨拶をしにバンウォンの所に来ていることを知っていたので、キル・ソンミの刀がバンウォンに向かう瞬間、どこかでムヒュルが表れるという予想は的中した、これは待つことをしっかり満足させる第六のらしい登場だった。バンウォンの命令、そして「武士ムヒュ~ル」という叫びと、どこか聞きなれたセリフ、ムヒュルの覚醒と「後に世宗大王イドを守った」というまた異なる話まで。そのように大切にとっておいた第六のムヒュルの紹介は、とっておいただけに大きな刺激を与えた。

おしゃべりポイント
- 「今、この時代の私たちの民は何もできなかったのです。」というブニの言葉が胸に刺さりますね。
ハリュン(チョ・ヒボン)先生、無事逃げました?バンウォンが手を掴んでくれないからさびしいみたいですね。
- 第六の龍紹介でムヒュルの大蛇説を押さえた。
- 悲しい予告編よりもっと悲しいのは、最終回にしか残っていないという事実!

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <48話あらすじ・レビュー> - 2016.03.16 Wed

48六龍

も涙もないユ・アインである
5行概要
戦っているイ・バンジ(ビョン・ヨハン)とムヒュル(ユン・ギュンサン)を発見したブニ(シン・セギョン)はバンジを止め鄭道伝(キム・ミョンミン)の死を知らせ、バンウォンは世子バンソク(ジョン・ユンソク)まで殺す。チョ・ジュン(イ・ミョンヘン)はハ・リュン(チョ・ヒボン)から受け教旨を李成桂(チョン・ホジン)に上げ、バンウォンはイ・ジラン(バク・ヘス)を訪ねて李成桂を説得してほしいと言う。結局、李成桂は、バンガ(ソ・ドンウォン)に王位を譲ることにする。バンウォンは無名を打つことを、バンジはバンウォンに復讐することを約束する。

レビュー
一夜ですべての状況が変わった。誰も安全を平安を保証することができない状態。誰かは、罪もなく死んで、誰かは死んでやっとその理由が作られた。最高権力者の遺体は誰も収拾することができなくなった、あるいはただ使いを頼まれたパルボンアジョシさえも、最終的バンジを守って死を迎えることになる。鄭道伝にした最後の挨拶は、最終的に自分の最後のためのものだった。

誰も一寸先を知ることができない緊迫した状況をすべての登場人物が気を尖らせて、すべてのエネルギーを発揮した。どのキャラクターひとつも遅れをとらず、それぞれの位置で生きて動いた回だったと言っても過言ではない。すぐそばで、まるで今この席で起こっているかのような錯覚を起こすほど素晴らしい演技、人物間のエネルギーは、視聴者をその現場にテレポートする。特に父の剣を受け入れようとしたバンウォン、バンウォンに怒り、刀を差し出したがイ・ジランの懇願で背を向け魂が抜けた笑いを見せる李成桂は、全身的で恐怖を、怒りを噴出しているように見えた。
王子の乱を導いたバンウォン、彼を演じたユ・アインは瞬間の怒り、弟を殺したときの無慈悲さ、無名の種を枯らしてしまおうという殺気で鳥肌が立つほどの怖さを表現した。真の残酷な時間を導いた彼だったが、一方では心を辛くさせのもバンウォンだった。想像の中ヨウギュ(ミン・ソンウク)との出会いがそうだった。ポウン(鄭夢周)を殺し震えヨンギュの手をバンウォンが包んでくれたかのように、今度はヨンギュがバンウォンの手を握ってくれたシーンと「兄さんがいないかったじゃないか。ムヒュルにせたらあいつは私から去ってしまうと思って」というバンウォンの言葉は残酷だったバンウォンをひたすら憎むことができないようにした。むしろ死を受け入れると言って大胆なように父の剣の前に立ったが、ぎくっと驚いた微細な震え、師匠と弟を殺し一人で感じて飲み込まなければならなかった恐怖まで完全に一緒に感じるようにした彼なので。残酷な行為とそれとは逆に流れる切ない感情は、視聴者たちを感情のジェットコースターに乗るようにし「六龍が飛ぶ」だけのイ・バンウォン、ユ・アインの力を如実に表している。

おしゃべりポイント
- 世界で一番かわいそうな人、イ・バンジ
- 「私の首を持って掛け」嗚咽を呼ぶナム・ウンの最後の言葉
- バンウォンを知らないにもほどがあるユクサン先生(アン・ソックァン)


昨日何見た? 悲しみの中 #六龍が飛ぶ <47話あらすじ・レビュー> - 2016.03.15 Tue

47六龍

す返すも・・・・最期のミョンドジョンの表情は穏やかで
自分の人生はもちろん、若いバンウォンの血気、
兵が取り囲んだ成均館一体を包み込むような
大きなオーラを感じました。

명도정님..
그동안 감사했습니다.
진심으로 수고 많이 하셨습니다...ㅠㅠㅠㅠ...
47회 마지막 장면 마지막 대사는 결코 잊치 않겠습니다.
저도..“따를 수 있어 영광이었습니다”

그리고 오라방~
꼭 다음 작품으로 뵙고 싶습니다...
"대배우"는 빼고..ㅋㅋ..

ミョンドジョン様
長い間ありがとうございました。
心からお疲れ様でした。
47話最後のシーン、最後のセリフは決して忘れません。
私も「お供できて光栄でした」

そしてオラバン~♡
次の作品でぜひお目にかかりたいです。

「大俳優」は除いて・・(笑)



ッバイ キム・ミョンミン...残酷でジーンとした1時間

5行の概要
チョンニョン和尚(ハン・サンジン)は、ヨニ(チョン・ユミ)を利用て、イ・バンジ(ビョン・ヨハン)を誘引し、その間イ・バンウォン(ユ・アイン)の一群は、鄭道伝(キム・ミョンミン)一派を襲撃、三軍部までしっかり押さえる。鄭道伝とナム・ウン(ジン・ソンギュ)は、成均館に逃げこみ、人質になったヨニは自分の首を自分で切ってバンジ鄭道伝に送る。鄭道伝の位場所を聞いたバンウォンも成均館に向かい、鄭道伝はバンウォンの剣に淡々と死を迎える。

レビュー
鄭道伝が死を迎えた。鄭道伝の最後の過程は残酷で悲しく、空しかった。すべての流れがバンウォンの意のままに流れていくので、何か起こるたびに結果は予想しやすかった。そのため、そのプロセスはより残念なだけだった。

ヨニとバンジの幸せな約束もほんの束の間、バンジを足止めして置くためヨニの首の前にあった刀はすぐに切迫したヨニの自決を予想するしかなかったので悲しかったし、また会おうという言葉は、守れないということ分かっているので、ナム・ウンと鄭道伝、この二人が交わした対話は、よりほろ苦かった。

夢の主人になりたかったバンウォン、しかしバンウォンを知って防ぐしかなかった鄭道伝は、過酷に生きる者と過酷に死ぬ者としてついに向き合う。殺気のこもった目、狂気を含んだ表情で言わなくても、欲望、感情をあるがままに感じるようにしたバンウォンは、最終的に自分の前に姿を現した鄭道伝の前ではむしろ落ち着いて見えた。鄭道伝もそうだった。すべてのものを下した最後の一歩、バンウォンに向けた笑顔、そして「くたびれたな、バンウォナ」という最後の言葉まで。朝鮮建国はもちろん、このドラマを導いてきた鄭道伝の最後を見届ける悲しみを皆に抱かせるのに十分だった。

1回から47回までのドラマの一つの軸を担当していた鄭道伝だが、イ・バンウォンを十分に理解するようにしたストーリーとバンウォンを演じるユ・アインのためにイ・バンウォンの側になって鄭道伝を眺める視線が支配的だった。しかし、完全に鄭道伝の最後に集中した今回は、久しぶりに鄭道伝の立場から、鄭道伝の感情で眺めるように導いた。死の前に淡々とした鄭道伝、迷わず鄭道伝を刺したバンウォン、焼けてしまった鄭道伝の名前が書かれた紙、そしてBGM「ムイイヤ」は、悲しい感情をより高めた。

私たちは、もう一人の主人公をこの血の嵐の中失った。 「お供することができて光栄でした」というナム・ウンの最後の挨拶は、鄭道伝を切ったバンウォンもしたかったようだ。また、最後の瞬間まで隙のない演技で感動を与えた「ミョンミン本座」キム・ミョンミン印鄭道伝に視聴者が伝えたかった挨拶かも知れない。

おしゃべりポイント
- 李成桂(チョン・ホジン)は乱れた髪で深刻な状況なのに、思わず笑いが。
- 鄭道伝の手紙を受け取ったバンウォンが爆笑に鳥肌
- 来週最後という思いに鄭道伝の死ほど悲しみが押し寄せます


昨日何見た? #六龍が飛ぶ <46話あらすじ・レビュー> - 2016.03.09 Wed

46六龍

史がネタバレであっても...視聴者を思うがままに

5行要約
チョ・ヨンギュ(ミン・ソンウク)の死で世子と鄭道伝(キム・ミョンミン)を殺す決心をしたイ・バンウォン(ユ・アイン)は、ヨンギュの葬儀で人々を集め、自分の計画を言う。李成桂(チョン・ホジン)は、朱元璋が死んだという知らせに大軍と共に遼東へ出兵すると宣言する。バンウォンはムヒュル(ユン・ギュンサン)にパン村の武器をこっそり運び出させるなど準備を開始し、遼東出兵前日イ・スクボン(チャ・ヨンハク)が、兵と共に都城に入ってくる順番となりバンウォンらは武装して鄭道伝に向かう。

レビュ
今すぐにでも鄭道伝の所に行くだけのようだった予告編は、大きな期待を持たせた。しかし、そのシーンが今回の最後の場面になるという不安と予測も一緒にあった。懸念は現実に。王子の乱という重大事件を簡単に見せる「六龍が飛ぶ」ではなかった。王子の乱を準備する過程、遼東出兵日変更で可能になった計画、その過程での策略と心理で1回を満たし、期待どおりの本格的な王子の乱は、一週間待ってこそ見ることができようだ。

期待していた王子の乱が展開されていないのでバンウォンの決定から計画、実行までのプロセスは、興味が小さかったかもしれない。ややもすると退屈に感じたかも。しかし、台風の目の中がより静かであるということか。大事を控えた今回は、すぐに臨む渦を目前にしたようにハラハラし、本格的な準備の中心にあったので、それだけでも十分に緊張感を造成した。歴史の中で、また、以前のドラマ「根の深い木」を見た場合、おおよそ予測することができる結末、その知っている結末が近づいて来るのを待つことがいかに緊張させるかを「六龍が飛ぶ」は如実に示している。むしろシーンの一つ一つをより注目するようにさせ、時にはよりかわいそうな登場人物たちを眺めるようにした。さらに鄭道伝、チョン・ドグァン、チョン・ギジュンにつながる密本 本院を集めたシーンは、「根の深い木」を見た視聴者であれば、注目しないはずがない。

もちろん、ムヒュルがパン村で武器を運び出す過程で祖母の登場、ムヒュルの説得、外でパン村の人々と面して疑いを受けて注目されたシーンでは、息苦しさを感じることもある。しかし、これはそれほどその過程に集中し、緊張していることの反証ではないか。それはまた重要な展開のひとつの役割を占めているのは明らかである。歴史を知っているのに、見ている間終始計画がずれるのかイライラし、プロセスに集中するようにするのがこのドラマの力であることをもう一度証明している。 「くたびれたな、バンウォナ」の一言だけで状況、感情のすべてを表現した予告編はまたどうだろうか。相対する二人、鄭道伝の表情と短い一言は長い余韻を残している。

おしゃべりポイント
-スタイルにこだわる毛皮愛好家バンガン(カン・シンヒョ)兄さん
- イ・バンジ(ビョン・ヨハン)とヨニ(チョン・ユミ)、バンウォンとミン・ダギョン(コン・スンヨン)同じ抱擁でも違う感じ
- イ・バンジ、久しぶりに笑ったのに!心が痛むことでは右に出るものがいない、切ないバンジ ヒョン
- チョク・サグァン(ハン・イェリ)はまだ死んでないしょう?




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

어서 오세요

リニージ2レボリューション

キム・ミョンミンさんへのファンレター宛先

☆ファンレターはこちらへ☆

KMM with Heart200

(우)135-889 서울특별시 강남구
도산대로17길 19
(신사동 543-11) 온암빌딩 302호
MM ENTERTAINMENT 김명민님
ソウル市江南区島山大路17通19
(新沙洞543-11)温岩ビル302号
MMエンターテインメント
キム・ミョンミン様

プロフィール

SAMTA

Author:SAMTA
横浜在住
韓国ドラマ・映画好き
韓国俳優キム・ミョンミンさんの
カンマエに嵌ったのが2009年5月。
それからミョンミン道一筋です☆
韓国語、韓国料理など韓国文化全般に
興味があります。☆

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

はじめてのご挨拶 (1)
김명민 キム・ミョンミン (269)
インタビュー翻訳 (5)
VIP (13)
하루;一日 (7)
특별수사: 사형수의 편지;特別捜査:死刑囚の手紙 (70)
판도라;パンドラ (29)
조선명탐정2;朝鮮名探偵~消えた日雇いの娘~ (58)
히말라야ヒマラヤ (10)
간첩 カンチョップ(スパイ) (53)
연가시:ヨンガシ (86)
페이스메이커:ペースメーカー (116)
명탐정;朝鮮名探偵トリカブトの秘密 (84)
파괴사破壊された男 (77)
내사곁 私の愛 私のそばに (37)
소름 鳥肌 (6)
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ (337)
六龍が飛ぶ 人物紹介 (4)
六龍が飛ぶ 単語復習 (10)
六龍が飛ぶ あらすじ (44)
六龍が飛ぶ 鄭道傳の生涯wiki翻訳 (5)
개과천선:改過遷善 (184)
드라마의 제왕; ドラマの帝王 (172)
「ドラマの帝王」日本語字幕を楽しむ (18)
베바 ベートーベン・ウィルス (37)
거탑白い巨塔 (11)
불량가족不良家族 (13)
불멸不滅の李舜臣 (61)
꽃보다花よりも美しく (4)
ファンミ☆モイム (61)
「赤い糸伝説」청실 홍실 (50)
韓国料理☆한국 음식 (4)
韓国をたどる旅 (47)
韓国語 (14)
韓国映画・ドラマ (31)
ウリケースケ (6)
日常 (40)
その他 (62)
未分類 (0)
朝鮮名探偵3 (1)

アーカイブでクラウド

もうひとつのつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター