FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
日常

残暑お見舞いにもならない「こばなし」^^;;

横浜の下町、とある酒場。昼から酒を飲みほろ酔い気分の八兵衛。
そこへ旅籠の女将登場。噂が何よりも好物である。

女将「おや、八っつぁんじゃないかい。また昼から飲んじゃっていいご身分だね」
八「ひひ 昼から飲んじゃいけない法律でもあんのか?」
女将「誰もそんなこたあ言ってないだろ。たださあ、
最近不景気で客も減ってこちとら資金繰りで大わらわだってえのに、
一言文句も言いたくなるわ」
八「そりゃご苦労なこって」

女将「それよりもさ、あんた聞いた?」
八「聞いてない」
女将「まだ何も言ってやしないじゃないか、
あのほら川沿いの家、端から3軒目のおユウさん」
八「あーあの年増の独り身の…」
女将「ちょいと、今どき年増とか言ったらセクハラでお縄になるからね」
八「せ、セク?」
女将「ま、いいよ。ともかくあのおユウさんがさ」
八「おお、どうした!」
女将「あんた、独身女と聞けばすぐ色めき立つんだから」
八「にへら」
女将「最近あのうちの前に週末になると黒い車が止まってんだよ」
八「黒い車だと?そりゃ物騒だな。ゆすり、タカリ、もしかしてあおり?」
女将「そういうあんたがよっぽど物騒だよ。
だいたい、あおりってなんだよ。家の前に止まってるのに
なんであおり運転になるんだよ。ニュースの見過ぎ!まったく。」
八「ぐびっ」

女将「それで、こないだおユウさん見かけたもんだからそれとなく聞いてみたんだよ。」
八「ほぉ、でなんだって?」
女将「これが出来たらしい」と小指立てる
八「なんだと!女が出来たのか!」
女将「バカだね、あんたは。おユウさん、女なんだから普通男だよ。
金もないのに女作って女房に逃げられたのはあんたじゃないか」
八 「なぜ今それを言う…ぐびっ」

女将「ともかくおユウさん、男が出来たらしいよ。人生パートナーとか言ってたわ」
八「人生パートナー?ふん!物好きな野郎もいたもんだ」
女将 「あんたまさかヤキモチ焼いてんのかい?気をつけなよ。
そんなことおユウさんの前で言ってみな、明日の朝、あんた大岡川に浮かんでるよ… 」
八「ヒュードロドロ」
女将 「でさ、もう籍は入れたらしい」
八「やること早いな」(^^;;;)
女将「確か来年定年だから 本人は寿定年退社、とか言ってたわ」
八「へっ!コ、コトブキ?今どきそんなのあるのか?
なんだかやけに昭和の匂いがするな。昭和枯れすすき(笑)」

女将 「昭和って・・・確かにそんな気も・・・」
八 「で、どこに世帯持つのさ」
女将 「なんでも海に近い浜とかで」
八 「ここだって浜だろ。横浜って言うぐらいだから」
女将 「もっと海の近くだよ。
あのね、砂混じりの…チ…あれ?チ~なんだっけ?」
八 「あなたと会ったその日から♪恋の奴隷」
女将「それはチヨ、奥村チヨ」
八「いつものように幕が開き♪」
女将「それはちあきなおみの喝采だろ?
あんたも相当古いね」
八「ぐびっ」
女将「ああやだ、何の話してたんだっけ?、
まいいや。そこで寝るんじゃないよ、風邪ひくよ!」
女将、下手に去っていく。

八 「やっぱり昭和歌謡はいいよなあ・・・チ…チ…チータ!水前寺清子もよかったな。
365歩のマーチ♪
で、なんの話だっけ?チ・・・チ・・チーかま?珍味?
それは酒のつまみ~♪
チ~チーズおかきは美味しぃぜ。さくらちゃん、もう一杯酒ちょうだい!」


オチもなければ、残暑お見舞いにもならない、とるに足りない「こばなし」でした。(笑)

小っ恥ずかしいのですが、登場人物のおユウさんはわたしです^^;;;
ということで、わたくしこの度、突然ですが、「物好きな一般男性」と昨日結婚(入籍)致しました。
戸籍上、苗字は変わりますが、通称は以前と変わりなく・・・
取り急ぎご報告まで…

いつもハンアリご贔屓頂きありがとうございます。
結婚しましてもKMM優先順位第1位は変わりませんので
引き続きよろしゅうお願い申しあげます^^;;

20190902_162706_938.jpg



日常

ストイックなナムジャ

2011_6_Ichiro - コピー
2011年6月にシアトルを訪れた際、観戦した時の写真♪
赤い糸伝説

ウリペウ ミョンミンさんにど嵌りする以前は、オリックスのイチロー選手のファンだった。
どうも私はストイックなナムジャに弱いらしい。
民放ではほぼ放映されないパリーグのゲームをBS放送で見ながら、一時は週間ベースボールの愛読者だった。
嵌るととことんいく性格らしい。
そして2001年春、イチローが大リーグに移籍することになり
居ても立ってもいられず、友人とシアトルのセーフコフィールドを訪れた。
5月1日だったかと思うが、
グランドに早めに着くと外野でイチローが佐々木(大魔神)相手にキャッチボールをしていた。
そしてレフト側では対戦相手のレッドソックスの選手が練習していて、その中に野茂がいた。
当時、大リーガーとしてすでにトルネード投法で活躍していたピッチャー野茂の姿を発見すると、友達はさっさとレフト側に移動したが、私はイチローの動きを目に焼き付けていたくてイチローの定位置であるライトの外野席をかたくなに守った。
野茂との対戦は翌日で、残念ながら私たちはバッター イチロー対ピッチャー野茂の対決を見ることはできなかったが、セーフコフィールド(2019年1月からTモバイル・パークに名前が変わった)は外野と観客席が近くイチロー選手はしばし練習を休んで、子供たちのおねだりに快く答えてボールにサインをしたりしていた。
私もどうにかして仲間に入れないかと、前方ににじり寄ってみたが、視野にも入らなかったようで、おこぼれにあずかることはなかった。

その後、イチロー流を貫き通して、全米が認める超一流メジャーリーガーになり、ボールパークでイチローコールを巻き起こし、野球ファンを魅了し続けたイチロー選手。まばゆいばかりの活躍の裏で、孤独な自分との闘いは熾烈だったのだろう。
イチローは本当に50才まで現役でPlayするものと思っていた。
でも、永遠という言葉は天才バッターにも存在するはずはなく、2019年3月21日にイチローは元イチローになった。

記者会見の中で、ある記者が「引退おめでとうございます」と言った時、口がすべって言い間違えたのか、と思ったが、大リーグでは引退すると「おめでとう」と言われることも多々あるらしい。
「残念」ではなく「おめでとう」。
大リーグ史上にあらゆる新記録を打ち立て、大スター選手として19年間Playしてきた選手だからこそ
お疲れ様、ありがとう、そしてこれから新たな門出となるこの日に「おめでとう」なのだ。

しかしながら、ネットで流れてくるイチロー解説、秘話、そんなものを読んでいると、彼の偉大さを改めて感じ入り、もっと活躍を見たかったなと思ってしまう。外野はいつも自分勝手でわがままだ。
今後のイチローの去就に注目が集まっているが、シアトルでは何か特別な役職を用意しているという話も聞く。
きっとまた我々の予想を超えたところで彼の新たな夢を叶えるポジションに就くのではないかと思う。
イチローは現役を退いたが、元イチローは第2の野球人生のスタートを切った。

人生には第1もあれば第2もあるのである。

近々、ワクワクするようなニュースが日本に届くことを楽しみに、「引退おめでとう」という言葉を贈りたい。



img1553419370648 - コピー

ころで、もう一人のストイックなナムジャ ウリペウニムは今どうしているんでしょうか。
まったく音沙汰なし。
「長沙里9.15」公開が夏だというので、それまで耐えて待つのみ・・・・
ドラマやってくれないかなあ・・・・

日々わちゃわちゃと忙しくしていたら、アッと言う間に4月ですね。
そして、新元号。なんだろう~
弘明(こうみょう)なんてどうよ?
わが町が弘明寺(ぐみょうじ)なので(笑)


日常

干支の引き継ぎ式♪ 今年もお世話になりました^^

2018-2019.jpg
我が家にある干支の置き物で引き継ぎ式?行いました♪
2019年日本は猪年ですが、韓国や中国は豚年です


年もいよいよあと1日。
あっと言う間の1年でしたね・・・・

ついこの間、初日の出見たと思ったのに・・・

そんなことを言いながらも1分1秒、大晦日に近付いております。
そんな年の瀬、皆さま、お正月の準備でお忙しいと思いますが
明日は紅白&KBS演技大賞でさらに忙しいくなりそうですね^^


ミョンミンさんの記事をブログにアップする数は減りましたが
なんと言ってもファンミに参加できて、
インタビューをミョンペンの皆さんと分かち合えたことが最大の喜びでした^^

来年はどんな1年になるでしょうか。

皆さま、今年一年、いろいろお世話になりました。
良いお年をお迎えください。

日常

Merry X'mas ♪명민님!

Merry C1

Merry Christmas!

ペウニムは順調に撮影中でしょうか?
便りがないのは元気な証拠^^

年末・・・待ってますよん♪

Merry C2

そういえば、私は年賀状まだ書いてないわ・・・・((+_+))

もう間に合わない。
諦めよう・・・・

日常

この先生に診てもらいたいのよ♡

ソンセンニムと言えば3
ジュニョク「咳が止まらないだと?ふざけるな。俺は外科医だ!」
ドヨン「ジュニョガ~そんな冷たいこと言うな」


邪をこじらせてから早やひと月。
こんなに長いこと風邪ひいてるのって記憶にない。

11月の確か7日あたりだったかと。
喉が痛くてこれはまずいなあ~と思ったのは
翌日スンジョン親子がやってくるからだったわけですが
週末、ビッグサイトに通わないといけないし
なんとか治さないと、とは思ったのですが
思いとは反対にどんどんひどくなるばかり。

とどめは月曜日のイベントでしょうね。
とあるCM撮影のエキストラのお手伝いで
みなとみらいの海辺で、ほぼ1日過ごしたこと。
咳が止まらなくなって
水曜日の朝、スンジョン親子を見送ったあと、近所の耳鼻科にいったら
「あ、気管支炎ですね。
なかなか治らないですよ。
とにかくあまりしゃべっちゃだめです」

結局その日の夜、熱が38.6まで上がり
完全ノックアウトで翌日は会社をお休みし
1日寝てすごしました。

ともかく抗生物質は2週間飲んだし
いろんな咳止めとか飲みましたけど
まったく治らないので困ったなと思っていたところ
会社の診療室に週に1回、呼吸器系の専門医の先生が
いらっしゃるというので診てもらったら?と言われ行ってみたんです。
素敵な女医の先生でした^^

「そうですねえ、あれもそれも飲んでますからねえ。
あと出せるとしたら、う~ん。一番強い咳止め処方しましょうか」
(強い咳止め?)
「麻薬でできてるんですけどね。
麻薬を薄めて薄めて、麻薬と呼べないところまで薄めて作った薬です。
飲んで30分ぐらいで効きますから
会議の前にでも飲まれたらどうでしょう」
(ひっ!麻薬だって?)
ということで、恐る恐るいただいてきました。
白い錠剤なんですがすごくデカイ。
しかも1回に4錠。

麻薬と聞いて思わず「副作用は?」と聞いたところ
「便秘になります」

あ、そうですか。

ということでなかなか未だに勇気が出ずに飲めてません。(笑)

そうこうしているうちに咳もだいぶ落ち着いてきました。
ホッ。

急に寒くなりましたからね。
皆様も喉風邪には気をつけてください。
咳喘息なんてのも流行っているんだそうですよ。

ソンセンニムと言えば
お久しぶりねえ~いい男だねえ~^^

このカテゴリーに該当する記事はありません。