FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
개과천선:改過遷善

韓国上半期ドラマ ベスト10!

img1405601196217.jpg

ょっと遅くなりましたけど、このような記事を2本訳してみました。

ひとつは、1万人を対象にした調査結果「上半期ベスト10」で「改過遷善」がなんと6位に入ったという記事。
他の作品を見るとみんなかなり人気の高かった話題作ですが
そこにちゃんと食い込んでいる(しかも視聴者投票)というのがすばらしい。パチパチ
な~んだ皆ちゃんとわかってるじゃん!

しかし返す返すも視聴率が行かなかったのが傷だと書かれてますねえ・・・
もう視聴率の話はやめたら?

一方でこういう記事もあります。
「お茶の間がマクチャンドラマに陥った」記事は次に上げます。
まあねえ。日本も同じだけど
濃い味のものばかり食べていると味覚が鈍感になる、というのに近いかな?


「上半期決算 2014年上半期ドラマベスト10 」

2014年「ドラマ戦争」が折り返し点を回った。今年の上半期には、地上波はもちろん、総合編成チャンネルとケーブルチャンネルでも、いわゆる「名品ドラマ」が続々と出てきて銃声のない視聴率戦争がこれまで以上に熾烈に展開された。各放送局ごとにA級芸能人を出演させるための競争も熱くなり、結果に対する視聴者たちの関心も高まった。あなたが考える今年の上半期最高のドラマは何ですか。1万人が投票して10位まで選別した。投票はリサーチ専門サイト消費者リサーチパネルティアン(www.tillionpanel.com)で進行した。

1 SBS「星から来たあなた」(2013.12.18〜2014.2.27)41.3%(4132人)

視聴率をはじめとするすべての興行の指標でA+であった。一大シンドロームまで引き起こし男女主人公キム・スヒョンとチョン・ジヒョンの人気に拍車がかかった。 15%が超えても中ヒットという最近のドラマ市場で最終回がなんと視聴率28.1%(以下ニールセンコリア全国基準)を記録し、超大ヒットとなった。中華圏でも人気を集めた。最近訪韓した習近平国家主席夫妻が公式の場でこのドラマを言及しながら興行を立証した。中国のインターネット動画サイトでは、30億ビュー以上を記録して国民ドラマの兆しまで見せた。前半はもちろん、2014年最高のドラマとしても遜色のない成績をおさめた

2 KBS 「チョン・ドジョン」(2014.1.4〜2014.6.29)18.7%(1869人)

KBS大河史劇のプライドを保った。タイトルロール チョン・ドジョンを引き受けたチョ・ジェヒョンから李成桂のユ・ドングン、チェ・ヨウンイ、ソ・インソクなど史劇高段者たちが繰り広げた華麗な名演技に熱中した。特に「ミダリ父さん」のイメージが強かったパク・ヨンギュはイ・インイムを完璧に近い吸引力で解釈し見る人々を鳥肌が立つようにした。完璧な政治ドラマを描いた密度の高いシナリオと俳優たちの名演が調和した名品史劇だった。史劇にはあまり関心なかった10代20代まで引き入れて、新しい視聴者層を流入させたことも大きな成果だ。

3 MBC「貴皇后」(2013.10.28〜2014.4.29)11.3%(1132人)

歴史的事実とフィクションのギリギリの綱渡りが続いたが、人気だけは最高だった。初回11.1%の視聴率で始まり13回で20%高地を突破した。 30%に迫った最高視聴率で同時間帯競争作をゆっくりと引き離した。去る9日発表した昨年1年間(2013年7月〜2014年6月)VOD販売で最も多くの販売収益を収めたドラマも「貴皇后」であった。最近G検索サイトが上半期分野別人気キーワード10を挙げ、「貴皇后」は、ここでも「星から来たあなた」と「チョン・ドジョン」を抜いて1位を占めた。ハ・ジウォンは、やはり「信じて見る俳優」という事実を再確認させた。

4 JTBC「密会」(2014.3.17〜2014.5.13)8.3%(833人)

キム・ヒエ(47)とユ・アイン(28)が19歳の年の差を克服し、一本の映画のようなドラマを作った。 2012年JTBC「妻の資格」で一大センセーションを巻き起こしたアン・バンソク監督とキム・ヒエの第二の作品である。 「有望株」だったユ・アインは 「名品俳優」という賛辞をプレゼントした。ややもすると人妻の愛という素材のため序盤、懸念があった。しかし、繊細な感情表現はもちろん、不正が横行する音楽界の現実を徹底的に描き出した筆力と映画のような映像美、ここに俳優たちの名演まで三拍子が重なってドラマの品格を高めた。 「特急賞賛(トゥックプ チンチャン」」というキム・ヒエのセリフはドラマが終わった後も広く知られている。毎分最高視聴率がなんと8.8%まで跳ね上がり、地上波ドラマを緊張に追い込んだ。

5.tvN'「ガプドン」「(2014.4.11〜2014.6.21)5.0%(496人)

ファソン連鎖殺人事件をモチーフにした連鎖殺人事件を扱った。何よりも構成がしっかりしていた。前職•現職で構成されたプロファイラーにアドバイスを受けてキャラクターを設定し、人々の話を解いていった。ユン・サンヒョンとキム・ミンジョンはもちろん、ソン・ドンイル、ジュン・ジウォンの「相性」も良かった。 「応答せよ」シリーズで大ヒットしたtvNが野心的に出したドラマらしく初回から最終回まで視聴者たちの持続的な関心を受けた。ユン・サンヒョンとキム・ミンジョンが見せてくれたなんと18秒のキスシーンは、ベスト・オブ・ベストであった。ファソン連鎖殺人事件に対する国民の関心を高め、人気あった

6.MBC「改過遷善」(2014.4.30〜2014.6.26)4.9%(493人)

新鮮なドラマの展開と堅実な演出力、キム・ミョンミンとキム・サンジュンをはじめとする俳優たちの演技が一体となる「ウェルメイド法廷ドラマ 」という評価を受けたが視聴者の注目を引くことができなかった。「正義は生きている」という大きなテーマの下、男女主人公のロマンスに焦点を合わせるより法廷を背景に、実際の私たちの周りで起こるようなことを扱った。建設会社の買収戦と油流出事故など、ドラマのリアリティを感じさせるいくつかの問題で私たちの社会の恥部を赤裸々に照明した。視聴率が良かったら完璧だったが、唯一あまりにも大きな傷を残した。


以下内容省略
7.SBS「神様の贈り物〜14日」(2014.3.3。〜2014.4.22)4.5%(449人)
8.KBS「ビッグメン」(2014.4.28〜2014.6.17)2.7%(266人)
9.SBS「スリーデイズ」(2014.3.5〜2014.5.1)1.8%(183人)
10. KBS「感激時代」(2014.1.15〜2014.4.3)1.5%(147人)





개과천선:改過遷善

SNSの功罪(^_-)-☆

OFF1.jpg
OFF2.jpg
OFF3.jpg


日、カフェを覗いたら、運営者さんからのお知らせがあって
「ミョンミンさんはSNSは絶対になさいませんので、もしSNSでミョンミンさんの名前を語ってる人がいたら
それは絶対偽物ですので気を付けてください~」という内容があがりました・・・

ムム、もしや何かあったかなあと思ったら、新しくファンになった方がどうやら、FACEBOOKでミョンミンさんの名前を語って
活動している人を本人と思いこんでやりとりしてしまったらしく・・・・アイゴ~(泣)
事務所を通して即刻辞めるように申し入れてもらう、ということのようです。

まったくねえ。顔が見えないからどこまで信用していいか、という問題がSNSは常につきまとうわけですが
それにしても、ミョンミンさんの名を語るとは恐れ多い~!名を名乗れ~!プンプン!

でもでもSNSも時には良いこともあるんですね。
あ、時にはじゃないか。私はかなり楽しく使わせてもらってます。(笑)
FACEBOOKだけはやりませんけどね。(登録はしてるけど活動してない)
最近はもっぱらTwitterや、カス(カカオストリー)、インスタですが・・・

それで昨日、インスタつながりでステキな写真をおすそ分けしてもらいました~(*^_^*)
「画質が良くないけど」だなんて!撮影中の愛らしいソクジュの写真☆
いやいや、ちょっと素に近いミョンミンさんかな?
父子二人の写真のミョンミンさんがなんかカワイイ☆
ちょっと困った顔して^^何か調べものでもしてるのかしらん?

でも今はもう立派なおひげ生やして、ナウリ~なんだよね・・・
ああソクジュが懐かしいわ~





개과천선:改過遷善

キム・ミョンミン 「憲法裁判所」広報大使になる。

メイン2500


MBC水木ドラマ「改過遷善」で弁護士を熱演した俳優キム・ミョンミンが、
憲法裁判所の広報大使に委嘱される。

7日、憲法裁判所は「TVドラマを通じて社会正義の実現の先頭に立ってきた俳優キム・ミョンミンが、
憲法裁判所の広報大使として活動を始める」と明らかにした。

キム・ミョンミンは来る8日午前11時から憲法裁判所長が出席する「憲法裁判所の広報大使委嘱式」で
広報大使に委嘱される予定であり、来る9月開催される「世界の憲法裁判会議第3回総会」の
広報の先頭に立つことになる。

憲法裁判所は、「多様な作品を通じて、社会正義を実現する役割の先頭に立っているキム・ミョンミンが
国民から高い信頼を受けており、広報大使に選定することになった」と明らかにした。

キム・ミョンミンは最近放映終了した「改過遷善」で冷血な弁護士で記憶喪失後に正義を実現する弁護士として
成長するキム・ソクジュ役を演じた。




きましたねえ。憲法裁判所ですか・・・これまたお堅い。(^_-)-☆

ところで日本にはないんですね。憲法裁判所・・・・
コトバンクによれば
憲法保障の目的で,具体的な争訟の存在を必ずしも前提せずに,一般的抽象的に当該法令やその解釈についての合憲・違憲の判断を下す,特別の任務と組織を持った裁判所。英米法系の国のように通常の司法裁判所に対する信頼感がそれほど強くない大陸法系の国で発達した。
という機関だそうです。


「僕は集団的自衛権の行使は認めるべきだという立場。ただし、憲法裁判所のチェックは必要だと思う。」
橋下徹氏のコメントが参考になる?かもです。←←←こちら

わかったようなわからないような・・・(-.-)



개과천선:改過遷善

今朝のハッピータイムから~『改過遷善』NGシーン (笑)



ソニ検事~カワイイ^^ 「台本見てるのに読めない」って・・・・(*^_^*)
難しい言葉が並んでますもんね~(*_*)

개과천선:改過遷善

ジン・イハン“キム・ミョンミン、撮影現場で最後まで辛そうなそぶりせず”インタビュー

ジニハン1
このすだれ、記憶にあるなあ・・・・(^^ゞ

うなんですよね。
何と言っても早期終了で一番の被害者(!?)は「チョン・ジウォン」弁護士だったのよね。
なかなか活躍の場が訪れず、さあこれから~というときに終わってしまった・・・

そうなんだ。そんな辛い過去を持っていたのね。

う~む。これはやはりスピンオフ ドラマが必要だわね。
パク弁バージョン、
チョン・ジウォンバージョン
法律事務所4人部屋(ソクジュ、パク弁、ジユンインターン、イソニ検事)
チャテピョニム(←私生活がよくわからない・・・見たいけど怖い・・・(-.-))

☆超番外編☆
財閥2世殺人事件の時の日本髪風な秘書室長^^;;;
いずれにせよ、ジン・イハンさん、とてもすてきな俳優さん(声もステキ)ですので
これからのご活躍を期待しつつ、見守りたいと思います。


俳優ジン・イハンが「改過遷善」放映終了後所感を明らかにした。

ジン・イハンは、6月26日に終了したMBC水木ドラマ「改過遷善」で判事出身の弁護士チョン・ジウォン役を引き受けて熱演した。

チョン・ジウォンはチャ・ヨンウ法律事務所代表チャ・ヨンウのラブコールを受け入れて、裁判官の生活をたたみ弁護士として第2の人生をはじめ、キム・ソクジュ(キム・ミョンミン)の空席を埋める次期エース弁護士として活躍した人物。チョン・ジウォンに扮したジン・イハンは、有能で真っ直ぐな性格を持った裁判官から俗物面貌を持った弁護士に変化するキャラクターを特有の柔らかいカリスマと堅実な演技内功で無理なく消化し視聴者たちの好評を引き出した。

ジン・イハンは、7月1日、ソウル市江南区新沙洞にあるカフェで進行されたニュースエンとのインタビューで、「改過遷善」という作品を終えた所感に対して "今は少し実感するようだ。前作だったMBC 「貴皇后」を終え、すぐに「改過遷善」の撮影に突入した。10ヶ月、11ヶ月程度休むことなく続けて演技をしてきたので、体力的に大変な部分もあったが、いざ終わって二日ほど休んでみると、休むのも大変だったよ」と話し始めた。

「貴皇后」に続き「改過遷善」にキャスティングされて休息なしに作品活動をするようになったのは、「改過遷善」の作品性としっかりとした出演陣が理由のひとつだ。ジン・イハンは「個人的にはそのようなジャンル物をしてみたかった。何しろ素晴らしい俳優たちと共にできる作品だった。皆少なくとも1回呼吸を合わせてみたいと思った良い先輩たちだった。そのように思って、迷わず出演を決めた」と説明した。

気に入ったジャンル物の個人的な欲が出演決定を下す決定的な契機として作用したが、撮影の過程での困難もあった。ジン・イハンは「裁判官、弁護士の役割を消化するために、完全に台本を理解したかった。ポンと触れればすぐにセリフが出てくるほどの演技をしてみたかったが、国内ドラマ製作の現実上、シナリオが出てくる速度が他と同じだった。周辺環境のため、キム・ミョンミン兄さんもものすごく苦労されたし、私でさえ思っていたよりもチョン・ジウォンキャラクターがより立体的に描かれていない残念な部分があった」と本音を打ち明けた。

「劇中チョン・ジウォンとはキャラクターについて詳細な説明があれば、視聴者の立場から理解するうえで、よりスムーズに行くったのではないかという物足りなさがあるでしょう。チョン・ジウォンが隠しておいた個人的な痛みなど個人史をもう少し表に出していたら、俳優としてももう少し楽に演技することができたと思います。キャラクターに適応するのに思ったより時間が長くかかり、これからちょっと何かをお見せできるだろうという時に作品が終わりました。元のあらすじは、チョン・ジウォンが結婚していたが離婚し、元妻の死が原因で辛いストーリーがあったが早期放映終了が決定され、どうしてもすべてのストーリーを全部解きほぐすには、時間的な限界があったと思います。チョン・ジウォンについての説明なしにキム・ソクジュとライバル構図を形成して演技してみると、視聴者の方々が理解するのに難しさがあったようで申し訳ない気持ちもしますね。"

「改過遷善」は、文字通り法廷ドラマだった。ラブラインではなく、弁護士間の権力争い、暗い権力の裏側、その中で正義と真実を追求する弁護士たちの奮闘を描いて興味を加えた。ジン・イハンだけでなく、キム・ミョンミン、キム・サンジュン、キム・ソヒョンなど有名な演技派俳優たちが一緒に呼吸を合わせる場面は断然「改過遷善」の白眉に数えられる。ジン・イハンは「それでなくても一緒に演技したいと思っていた先輩たちだった。作品の中で呼吸を合わせて感じた感情は、入る前に想像していた先輩たちの姿と別段違うところがなかった。本当にまったく同じだった。カリスマある目つきなど演技する上で学ぶことが本当に多かった」と当時を回想した。

「良い先輩たちと演技するようになって良かったですが、それだけお互い一緒に出るシーンが少なくて残念でした。キム・ミョンミン兄さんとも偶然通り過ぎる程度でした。お互いに向き合い、正面対決を広げるツーショットがあったらと思ったがそのようなシーンがなくて残念でしたね。ジャンル物の特性上、一つの事件をずっと解かなければならないので仕方ない部分という気がします。"

「改過遷善」はキム・ソクジュが急に遭った交通事故が原因で記憶を失って俗物の姿を脱いで改過遷善する過程を描いた。キム・ミョンミンは劇の中心軸を担当し、ストーリーを導いていったが、撮影中逆流性食道炎と骨盤炎にかかって薬を服用するなど健康上の問題で苦労したという事実が、所属事務所を通じて一歩遅れて知られてファンたちの心配を誘った。

これに対し、ジン・イハンは「ある意味キム・ミョンミン兄さんが主演として話を先駆けてストーリーを引っ張って行かなければならない状況だった。法廷ドラマだから、セリフ一つ一つ日常生活のそれとはかけ離れた専門用語であった。キム・ミョンミン兄さんも本当にたくさんのストレスを受けているように見えた。横で見守る仲間の立場からも、本当に大変なことだという気がしたが、現場で辛いそぶりを見せずに最後までプロらしく演技した。そんな姿を見て 「キム・ミョンミンは、名品俳優だ」という言葉がむやみに出てきたわけではないなと思った。本当にすごかった。本当に見習いたい面だ」と述べた。

ジン・イハンにとって「改過遷善」は、俳優として一段階進むことができ、しっかりした足場となった作品だった。ジン・イハンは、「今後、数多くの作品の中でさまざまな役割を引き受けて演技するだろうが「改過遷善」を通して自分で感じたことは、いつも心の中にしまったまま行くようだ。俳優としての自分自身を振り返って考えてみることができる良い作品だった。自分で不足している点も多く感じたし反省も何度かした。時間が経つにつれ成長する、視聴者の記憶に残ることができる、演技をする人間的な俳優として残りたい」と明らかにした。



このカテゴリーに該当する記事はありません。