FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
히말라야ヒマラヤ

山の歌 <cine21>

ヒマラヤ_550
即席で作ったけど、ガンホほど合成がうまくないなあ・・(^^ゞ


山の歌(←山男の歌ではありません^^;;)

cine21 No.911「ヒマラヤ」カン・デギュ監督


女子刑務所合唱団を素材に多くの観客に涙を流させた<ハーモニー>(2009)が終わった後、カン・デギュ監督は次回作に「男性映画」を撮りたいと思った。あれこれアイテムを悩んでいたところ、今から約2年前、制作者であるユン・ジェギュン監督からドキュメンタリー1本を勧められた。2005年MBCで2部作として放映された<ああ、エベレスト>だった。山岳人であるオム・ホンギル隊長が2005年<ヒューマン遠征隊>というチームを率いてエベレスト頂上のどこかに眠るパク・ムテク隊員の遺体を探しに行く内容の作品だ。
パク・ムテク隊員は啓明大(ケミョンデ)山岳部を率いてエベレスト登頂に成功したのち、下山中に雪盲(角膜炎症)にかかり突然前が見えなくなってしまった。一緒に登頂した後輩隊員たちを先に下したあと彼は雪原のどこかで永遠に目を閉じた。ヒューマン遠征隊を率いて再びエベレストに上るオム・ホンギル隊長は最終的にパク・ムテク隊員の遺体を収容する。生きる者と亡くなった者との心痛む再会は切々としていた。その光景はカン・デギュ監督を強くひきつけた。「オム・ホンギル、パク・ムテク、二人の男が同僚のために命をかけた選択をしたことは、ある感情を超えた関係だという思いがした。その関係に至るまでの過程を映画としてお見せしたいと思った。」
遺体収容に成功したがその時その出来事は誰も思い出したくない記憶だった。最初にオム・ホンギル隊長とパク・ムテク隊員の遺族が制作陣の映画化提案を拒否したこともそのような理由のためだ。それでも制作陣は「事件の日からかなり年数も経ち家族、友人、同僚の人間関係において、社会的な鑑になる話」だと、遺族を数回説得し、結局制作陣の真心は受け入れられた。
それから二人のシナリオ作家がオム・ホンギル隊長と遺族を何度も訪れ取材を行った。そのようにして仕上がったシナリオ草稿をベースにカン・デギュ監督は脚色過程でオム・ホンギル隊長のアドバイスを何度か受けた。
遺族の意見も聞いた。軍隊生活を雪原で過ごしたことから、山に登るのもうんざりだったが、人物の感情を理解するために彼は除隊した後見向きもしなかった山を再び登った。「韓国の山であろうがヒマラヤの山であろうが山という存在であることは同じようだ。山岳人たちにエベレストに登る理由は頂上征服ではなく、本当に山が好きだからみたいだ」多くの人々の手を経た<ヒマラヤ>は同僚の遺体を探しにヒマラヤへ登る一人の男の話で再構成された。
カン・デギュ監督の言葉と違い、山の姿がはっきりとした韓国の山と、威圧感を漂わせるヒマラヤの山が同じはずもない。撮影のコンセプトを「ヒマラヤの広大な山並みを人物を通してお見せする」と決めたのも「人間と山の対比を通したヒマラヤの圧倒的な面貌を浮き彫りにすることが目的」であるためだ。もちろん80余名を超える撮影陣が、高山病を誘発する海抜3000m以上のヒマラヤに行くのではない。ネパールに行って撮ってきたヒマラヤの風景ソースを、冬の間韓国で撮影した場面の背景に合成する計画だと言う。「大きく二種類の技術的方式を試みることになるだろう。いったん、MEGA pixel方式で山の素材を撮影する。山を一枚で撮るのではなく
いくつかの部分に分けてそれぞれの部分を千枚、万枚撮るのだ。それをひとつの山としてつなげると解像度がかなり高くなる。航空撮影が不可能な地域は衛星を利用し、コンピューターに格納する。そのイメージを3Dイメージとしてコンバートし人物の後ろに合成するなど高鮮度撮影も試みる予定だ。「制作陣を危険にさらさないようにしながらヒマラヤの生々しさを最大限盛り込もうというのが制作陣の戦略だ。」
とにかく「人が死んで別れて挫折する状況を見せるよりは、そのような困難から生き残った人たちが生きていく力を得る過程を描きたい。」というカン・デギュ監督の覚悟の通り、<ヒマラヤ>はどんな恐怖にも打ち勝つことのできる勇気をしっかりと見せてくれるようだ。


鑑賞ポイント:
雪山の中でオム・ホンギルがパク・ムテクの遺体を抱いて泣き叫ぶ映画のクライマックスは
分かって見ても胸が痛むだろう。

制作:JKフィルム 監督:カン・テギュ 配給:CJエンターテインメント
クランクイン:10月 公開:未定


はあ~、これから長いねえ・・・

待つの。。。。(>_<)

히말라야ヒマラヤ

俳優キム・ミョンミン 登山三昧 ニュースに




国のみなさん、登山好きとは聞いてましたけど
「マウンテンTV」などという登山専門チャンネルがあるんですね。
ミョンミンさんの最近の映像ではないですが
映画「ヒマラヤ」のために俳優キム・ミョンミンさんが
最近登山三昧だというニュース(!)です。

은주님 감사합니다~!!!

2分50秒あたりから。。

レポート内容を簡単に訳しますと。
「映画「ヒマラヤ」にキャスティングされた俳優キム・ミョンミンが登山三昧に
はまり、話題となっています。
普段から登山マニアで有名なキム・ミョンミンが週2回以上山に登る理由は
「ヒマラヤ」の配役に集中するためだとうことがわかりました。
10月にクランクインするこの映画は
ヒマラヤ登板中、命を落とした後輩隊員を探しに
命をかけた遠征に旅立ったオム隊長の実話をベースに映画化
オム隊長の山岳人生と俳優キム・ミョンミンの出会いがすでに
たくさんの関心を集めている期待作です。
一方、「ハーモニー」で注目されたカン・デギュ監督がメガホンを握り
2014年下期に公開予定です。」



関係ないですが、わたくし冒頭のハンラ山(チェジュ島)のニュースに思わず反応。
海外の登山客が増えてるそうですね。特に中国人が多いって・・
実は私も登ったひとりです^^
2007年5月のと~ってもいい時期に行ったんですけど
美味しいものをたらふく食べて
山登ったら空気が澄んでいて、高山植物がとてもきれいで
本当に素晴らしかったです。
途中、アジュンマがホールケーキを片手にガンガン登って行かれました。
はああ、頂上で誕生日のお祝いかなあ。
すごいですよ、韓国のアジョッシ、アジュンマさんたち。
登り慣れてるなって感じ。
私もがんばりましたが帰国して1週間、階段下りれないぐらいのふくらはぎ筋肉痛に
悩まされました・・・(>_<)

皆さんもぜひ一度!
ハンラ山登山、トライしてみてはいかがでしょう~♪

2007_5_Cheju hanra
まだ体力あったもんね。このころは。
今は無理だな。

히말라야ヒマラヤ

妊娠、登山、そして名探偵2!

himaraya.jpg


しぶりにニュースが出て、登山三昧だというお話に
そうでしょうねえ、と思っていたら
なんと!
最後に嬉しい情報が!!!

名探偵も控えてるのね~!

俳優キム・ミョンミンが映画 "ヒマラヤ"の準備のため体作りに乗り出した。
18日キム・ミョンミンの所属事務所の関係者は、韓国アイドットコムに "最近キム・ミョンミンが登山三昧に陥った。登山者が集まる週末を除いて二日に一回の割合で山に登っている"と明らかにした。

いつも登山を頻繁に楽しむことが知られているキム・ミョンミンが、最近山に登る回数が大幅に増加したのは、撮影を控えている映画 "ヒマラヤ"のためである。登山家オム・ホンギル隊長の本当の話を映画化するこの作品でキム・ミョンミンは、ヒマラヤを征服するために山に登る登山隊長を演じる。
所属事務所関係者は "どうしても"ヒマラヤ "が登山家オム・ホンギル隊長の話を描こうとすると山の場面が多い。キム・ミョンミンも撮影前の体力を養うために懸命に山に登っている"と伝えた。よく言えば二日に一度、天気さえ良ければそのまま山に向かうと所属事務所が耳打ちした。

映画 "ヒマラヤ"は来る10月頃クランクイン予定だ。巨大な雪山のヒマラヤを背景に登山中の事故で亡くなった後輩隊員のために命をかけた遠征する登山家たちの話を感動を込めて作る予定だ。 JKフィルムが制作を担当する。

メガホンは、映画 "ハーモニー"で演出力を認められたガン・デギュ監督がとる。彼は新作 "ヒマラヤ"の "現在クランクインを控えて準備を進めている。実際のヒマラヤのように実感できてスペクタクルな画面を演出するために、CGや特殊効果に力を注ぐ予定"と話した。

キム・ミョンミンは映画 "ヒマラヤ"の撮影前の映画 "ガンホ出産記 'を先に撮影する。男性が赤ちゃんを妊娠するという新鮮な設定が魅力的なこの映画で久しぶりにコミカルなキャラクターを消化する予定だ。
また、 "ヒマラヤ"が終了した時点では、ヒット作 '朝鮮名探偵'の後続 '朝鮮名探偵2 "の撮影に突入するなど、多忙なスケジュールが予定されている。
一方、映画 "ヒマラヤ"は来年下半期に公開する。

히말라야ヒマラヤ

「山男の歌」




クク(*^_^*)

まだ正式に確定してないのに
先走りすぎ~と怒られそうですが。


カカオトークでアヤコちゃんたちと次回作の話で盛り上がってた時に
山男の歌の話題になり
アヤコちゃんが「聞いたことない~(>_<)」っていうのでびっくり!
ああ、これが世代間格差というものか・・・(@_@
でもダークダックスは知ってるって言われてホッ(^^ゞ

ということでお持ちしました。
ダークダックス「山男の歌」

私もあまり真剣に聞いたことなかったけど
山で命を落とす人が多いからこういう歌詞なのね。
曲調は明るいけど歌詞の内容はかなり悲しい・・・(;_:)


ダーク・ダックス/山男の歌
作詞:神保信雄 作曲:不詳 編曲:若松正司
(1962年(昭和37年)2月1日発売)

1.
娘さんよく聞けよ 山男にゃ惚れるなよ
山で吹かれりゃよ 若後家さんだよ
山で吹かれりゃよ 若後家さんだよ

2.
娘さんよく聞けよ 山男の好物はよ
山の便りとよ 飯盒の飯だよ
山の便りとよ 飯盒の飯だよ

3.
山男よく聞けよ 娘さんにゃ惚れるなよ
娘心はよ 山の天気よ
娘心はよ 山の天気よ

4.
山男同志の 心意気はよ
山できたえてよ 共に学ぶよ
山できたえてよ 共に学ぶよ

5.
娘さんよく聞けよ 山男に惚れたらよ
むすこ達だけはよ 山にやるなよ
むすこ達だけはよ 山にやるなよ

6.
娘さんよく聞けよ 山男の心はよ
山できたえたよ 男意気だよ
山できたえたよ 男意気だよ



4番と5番の間に次の歌詞が歌われることがあります。
春、夏、秋、冬 山行く人の心はよ
山にあこがれ したしい友とよ
山にあこがれ したしい友とよ



あ、そうそうこの記事とは関係ないですが
ひょっこんさんのイラスト展「オノマトペ」今度の日曜日お昼頃
お邪魔する予定です☆ 楽しみ☆

히말라야ヒマラヤ

きゃ~!今度の記事はホンモノ!次回作確定(^^)v?追記

38035768.jpg

あ、やはりそうかあ。

この間の芸能街中継で
「私は登山マニア。また登山をはじめました。」
単なる体を整えるためのものかと思ったら~

登山家の役だったのね!!!

いやだんもう~!!!(って意味不明)

登山好きって聞いてたので
そのうち登山家の映画とか撮るかも~なんて単純に想像したこともあるんですが
ほんものの山を登るのって撮影も大変そうだし。
どうなんだろうなんて思ったりしていたんであります~(*^_^*)

ともかく今テンションあがっております!!!

追記:
この記事が上がった後で「まだ確定はしていないが、前向きに検討中」といういつもの
パタンの記事が出ました(^^ゞ
でも、中身みるとみょんたん、この役やりたいんだなあと思います^^
まだ先の話なので、今はちょっと冷静に・・・内心ドキドキしながら正式な確定を
待ちましょう~♪
 



登山家でヒマラヤとくれば、いろいろ準備が大変ですね。
ミモ(美貌)の役じゃなくて残念ですが(でもおおよそわかってましたわよ^^;;)
しかしこのおじさんになるの???(>_<)
(超男の世界。ヨジャ気配なし。ラブラインもなさそう・・・(>_<))

10月クランクインですか?
待ってます~!!!
監督は「ハーモニー」のカン・デギュ監督だそうです☆

元記事はこちら

キム・ミョンミン、"ヒマラヤ"でスクリーン復帰...オム・ホンギル隊長演じる


俳優キム・ミョンミンがオム・ホンギル隊長役でスクリーンに復帰する。

3日、映画関係者たちによれば、キム・ミョンミンは実話を描いた映画"ヒマラヤ"(仮題)に出演を確定した。昨年、映画 "スパイ"の公開後約6ヶ月ぶりだ。映画は登山家オム・ホンギル隊長が、2005年ヒマラヤエベレスト登山中、一生を終えた後輩故バク・ムテク隊員の遺体を収拾するために、標高8750mのエベレストに向かって命をかけた遠征に向かう物語を描く。

当時、この日は "ヒューマン遠征隊"という名前で呼ばれて大きな感動を呼んだ。キム・ミョンミンは劇中オム・ホンギル隊長役を引き受けて感動実話を伝える。

今回の作品は、"海雲台""ダンシングクイーン""クイック"などをヒットさせたJKフィルムが制作を担当。 "ハーモニー"で纎細な演出力を認められたカン・デギュ監督がメガホンを取る。製作陣は実話をリアルに実現するために、ネパールなどで雪山の荘厳さを入れる計画だ。

"ヒマラヤ"は来年封切りを目標に、10月クランクインする予定だ


PS.次回作が決まったという話を聞いた時の感動って、たまらないなあ。
ファンとしては最高にドキドキ・ワクワクする期待感に充ち溢れた瞬間だもんね。
心から嬉しいと思う☆
クランクインまで時間がかなりあるので
相当体を作りこんで、実際に現地にも行ったりして完全な山男に変身するんでしょうね。
それまでまた会えなくなるけど、変身後を楽しみに待ちます~☆
명민님 화이팅!!!


このカテゴリーに該当する記事はありません。