FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
거탑白い巨塔

ハン・サンジンが語るキム・ミョンミン「白い巨塔」の縁

白い巨塔ハンサンジンと


人的な酷暑がひと段落して、台風が来ているせいか
やけに涼しく、もう秋か、と体が錯覚しているような今日です。
(人間って適応能力がすごいですね~)

そんな中、ステキな記事があったので訳してみました。
白い巨塔で共演したハン・サンジンさんのインタビューですが
先日「人形の家」が終わったんですね。
KBSをたまに見ると超悪役を演じていたので
オオオ~となりましたが、ミョンミン先輩の恩義を今もありがたく心に抱いて
役者として邁進されていらっしゃるんですね。
当時の撮影秘話に私も胸がジ~ンとしました。

やっぱりウリペウニム 素晴らしい~と再確認しました(^_-)-☆


ハン・サンジン"キム・ミョンミン、「白い巨塔」」から大きな意志…再放送に感慨新た"

最近終演したKBS2の連続ドラマ「人形の家」で印象的な悪役の演技を展開したハン・サンジンにMBC「「白い巨塔」は未だに一番意味のある作品として残っていた。 2000年、トップタレント選抜大会を通じて芸能界に入門したが、7年の無名生活を経なければならず、辛い生活に疲れ移民まで決心していた時に光のように降りてきた機会だった作品が、「白い巨塔」だった。移民の決心を折って「白い巨塔」に切実に臨んできたハン・サンジンは、この作品を通じて大衆に名前を知らせ始めた後、すぐに2007年後半MBC「イサン」でホン・グギョン役を務め、俳優としての地位を強く固めた。 おかげでハン・サンジンはデビュー7年ぶりに新人賞を受賞する喜びを得ることも。

したがい、今年初め、デジタルリマスターされて10年ぶりに再放送された「白い巨塔」に再会したハン・サンジンの感慨はひとしおだった。 この23日、ソウル江南区ソンヌン路に位置したあるレストランでヘラルドPOPとのインタビューで、自分に特別な意味として残っている「白い巨塔」に10年ぶりにまた会えるようになったことについての感想を明らかにした。 彼は"初回放送するときミョンミン先輩と電話をした"、"二人とも本当に若かった。 その時ミョンミン先輩の年が今の私の年齢より若かった。 当時、ミョンミン先輩を演技の神だと思った。 そんな姿をまた見たら本当に格別な気分だった。 特に、僕の演技がすごく恥ずかしかった"と話した。

さらに、ハン・サンジンは「白い巨塔」撮影時にいたキム・ミョンミンとのエピソードについて話をした。 彼は"ミョンミン先輩は本当に配慮が多い人た"、"それほど出番のない私たちが1カットでもさらに出ることができるように、見ていたファイルを私たちに渡すアクションまで作ってくれた。 書類を我々が受ければ、少なくとも一場面さらに登場することができた。 そんな風に後輩らの面倒を見てくれる心が厚かった。 それで今もうまやっていけているのではないかと思う"と話し、キム・ミョンミンに対する限りない愛情を示した。

このような絆は今でも続いた。 ハン・サンジンは"「人形の家」のセット撮影日「私たちが出会った奇跡」の台本リーディングがあって顔を出したことがあった"、"一緒に話をするのにぐっときた"と話して注目を引いた。 "ミョンミン先輩と手を握って歩きながら「チャン課長」、このように話していたが、先輩が「演技をしたいと言って情熱的に最善をつくすそんな奴が今も撮影している姿が有難い」とそうおっしゃった。 そのような良い先輩たちのおかげで今も演技をやりこなしているようだ。 やはりうまくいくことには理由がある。"


(*^_^*)

거탑白い巨塔

「まつ毛まで演技」白い巨塔キム・ミョンミン演技に称賛と涙の雨



イトルが韓国人記者っぽくなってきた(笑)

いえいえ、「白い巨塔」最終回の記事に寄せられたコメント(テックル)を感動しながら
読んでたんですけど
「キム・ミョンミン まつ毛まで演技してる」
ってのがあってちょっと笑えて・・・
Instaに動画と一緒にあげようと思ったらなぜが動画NG。
急にNGになってしまった・・・・のでこちらに持ってきました^^;;

まつげ=속눈썹 (中の眉毛っていうことか・・・)

テックルはこの記事の下にずらずらっと並んでます。⇒こちら
今、見たら193件!それぞれ翻訳できるようになってますね☆
テックルつけた人の男女比率は50:50
はやり男性ファン多いですね!
そして年齢は30代が圧倒的に多く。
コメント読んでいると、「最初見た時は20代だったけど
30代になって改めて見て、人間関係についていろいろ深く考えさせられたし
登場人物の行動が理解できる」
っていうのも印象に残りました。

それと11年前最終回放映後、
「간성혼수」(カンソンホンス)肝性昏睡という言葉が
検索語1位になった
んだそうです。

テックル面白い。

キム・ミョンミンはこの演技で演技大賞もらえなかった
っていうのもありましたね。
2007年MBC演技大賞は「太王四神記」だったのよ。
未だにBYJ、というか当時のMBCは罪人扱いで(笑)

で圧倒的に多いのは
「こういう質の高いドラマをもっと見たい」というご意見。
ごもっとも~!


ということで、「演技するまつ毛」集めてみました^^
まつげ1
まつげ2
まつげ3
まつげ4
まつげ5
まつげ6
まつげ7
まつげ8

거탑白い巨塔

韓国「白い巨塔」リマスタード版最終回(T_T)(T_T)(T_T)











めだ・・・

やっぱり・・・
何度見ても廃人・・・

明日会社行けるか・・・
登社拒否したい・・・フユチュン・・・・

majimak.jpg
majimak2.jpg
majimak3_2018031523411525f.jpg
majimak4.jpg
オ・ギョンファン教授へ宛てた手紙の朗読にまた大泣き・・・

내 마음속에 영원 저장
私の心に永久保存

「白い巨塔」で繰り広げられた人間ドラマ 最高でした!



거탑白い巨塔

韓国「白い巨塔」リマスタード版39話(T_T)











ばらく立ち直れないかも・・・(T_T)

39_20180315231500c51.jpg
「憎いやつでも時々会いたくなる。
これからは時々会おう・・・」(T_T)


거탑白い巨塔

韓国ドラマ「白い巨塔」リマスタード版37,38話




















回診1
回診2
回診3
回診4
チャン科長最後の回診・・・(T_T)

거탑白い巨塔

韓国ドラマ「白い巨塔」リマスタード版ついに明日終了


本日37,38話予告編・・・

日明日で終わりのようです。
結局20話分を2話ずつわけて編集されたので
40話で完結ですね。

終わったらしばらくフユチュンに悩まされそうな気配・・・

悲しい・・・

現場Photo5
現場Photo6
リアリティ溢れる撮影現場。
ヨクシ~キム・チャンワンさん(副院長)の演技が素晴らしかったです☆

거탑白い巨塔

韓国「白い巨塔」35,36話~チャン科長ついに倒れる(T_T)








36話敗訴
敗訴し涙を浮かべるジュニョクㅠㅠㅠㅠㅠㅠ

거탑白い巨塔

韓国「白い巨塔」33,34話・・・・セクシーカジャンニム(T_T)



カジャンニム・・・辛い展開・・・

の中でもセクシーショット(T_T)
セクシーカジャン

原作がいいからというのもあるが
よく出来たドラマだわ。
役者さんたちがうますぎる・・・
何度見ても鳥肌・・・

それぞれの行動は倫理的に間違っていたとしても
それが生きる道なのだ、そうするしかないのだ、ということが
納得できてしまう・・・泣ける



거탑白い巨塔

韓国「白い巨塔」リマスタード「チャン・ジュニョクは悪い人ではありません」



昌オリンピックも閉幕し、日常生活が戻ってきたようです。
「白い巨塔」も平常時間に戻ってきました。

あれ?28話で終わりかと思ったら、まだありますね。。。
何話までなんだろ~

迫感あふれる法廷シーンのオフショット
かわいいウリペウニム(*^^)v

Q勝利を確信しますか?
「確信してます。ウリ ドリームチームご覧になったでしょう?(笑)
Qこれからの展開は?
「面白くなるでしょう。さらに緊迫感も増して。
Q科長になって変わった点は?
「とりあえず車が変わって。
家にも帰るようになって(笑)すべてが変わりました」
「けん制勢力が増えてせちがらくなってきたようです。
そうしていて、高い所に上がるために野望もさらに生じて
以前よりも大変だと思います」
Q視聴者の皆さんへ
「視聴者の皆さん、科長になってとても心配されていると思いますが
心配しないでください。
チャン・ジュニョクはわかって見ると悪い人ではないんですよ。
いい人です。(笑)
チャン・ジュニョクの言動にはすべて理由があるんですよ。
皆さんも愛情を持って見守ってくださったら嬉しいです。
多くの方に見ていただけるようお願いします。
カムサムニダ」

ドラマの中では窮地に追いこまれていくチャン科長の緊迫した姿とはことなり
穏やかな表情と笑顔にほっとする~(*^^)v

しかし、「白い巨塔」ちょっと見てるだけで
あの世界に引き込まれて・・息苦しくなってくる・・・・

現場Photo4
キム・ミョンミン ファイティン!!!
김명민 화이팅!!!


조선명탐정3 朝鮮名探偵 吸血鬼の秘密

<朝鮮名探偵3>キム・ミョンミン キャラクターへの義理守りもはやブランド♪

20180130123422206wbex.jpg

の記事訳しながら「朝鮮名探偵」はミョンミンさんと出会ったことで
韓国映画界の中でひとつのブランドになりつつあるんだあ・・・
と感じました。

「ブランド」

これは長く継続してこそできるもので
そのコンセプトやトーンアンドマナーを守りつつ
世の中の変化にも呼応しなければならず
かといって迎合すればそれはもはやブランドとして存続するのは難しく
世の中の半歩、一歩先を行って時代をリードする役目もあり・・・
「ブランド」化は長期的視点を常に持って周囲に振り回されない
(収益の結果に右往左往しない)確固たる信念と方針を持ち続けなければならない
ものですが・・・

ミョンミンさんの短いインタビュー記事の端々にそんな思いを感じとりました。

さすがウリペウニム。

どうか、4、5編と続きましように
日本以上に変化の激しい韓国映画市場において
どうか人々の心を癒してくれる
旧正月定番の「朝鮮名探偵」が続きますように・・・・

追記:ダルス兄さん、体力増強ファイティン!(*^_^*)
それにしても、記者様、「海千山千、空中戦、宇宙戦」とは!さすが韓国だね♪

一部文章が抜けておりました~!赤字で追記いたしました・・ミアン

<朝鮮名探偵3>キム・ミョンミン"異なる作品の要請が多かったが、'義理'を守りました"
"ヒロイン キム・ジウォン100点満点以上によくやった"

現在シリーズと呼ばれるほどの映画は<朝鮮名探偵>が韓国映画界では事実上唯一である。 過去<将軍の息子><トゥ・カップス><女子高怪談>、<公共の敵>、<ヤクザの女房><My Boss My Hero><家門の栄光>シリーズがあった。 しかし、企画物が定着した2000年代以降で見ると<朝鮮名探偵>が本格的なシリーズ物としてトップだ。 2011年<朝鮮名探偵>1編が公開される当時、憂慮はあった。 当時としては見慣れなかったフュージョン時代劇ジャンル、コメディが基盤だが、ジャンルを規定できないいわゆるチャンポン(?)スタイル。何より、主演俳優のキム・ミョンミンに対する懸念が高かった。 '李舜臣' 'チャン・ジュンヒョク'キャラクターを通じて、'メソッド演技一人者' '演技本座'という呼称を付与された彼だった。 キム・ミョンミンのコメディは大衆の'ニーズ'がなかった。 それでも挑戦した。 大衆の要求に応えようとするスタイルは彼に似合わなかった。 挑戦し、成功した。 2本まで続き、シリーズが構成された。 そして8年の時間が過ぎた。 彼はもうキム・ミョンミンではなく、<朝鮮名探偵>のハッタリ名探偵のキム・ミンそのものだ。

30日午後、ソウル三清洞のあるカフェでキム・ミョンミンと会った。 同じタイトルの映画で3度目の出会いだ。 余裕があった。 違う意味の余裕だ。 海千山千、空中戦、宇宙戦まで経験した彼だ。 余裕が感じなければならない。 しかし、<朝鮮名探偵3>と共に会った彼は'ヒーリング'指数が'最高レベル'に上がった状態に見えた。 これは自信感ではない。 近所の'仲良し'に会いにきた町内のアジョシの姿のように感じられた。 映画に対する自信は事実その次と思えばいい。

"ハハハ。8年という時間が経ったんですよ。 私も年をとって、1編を見た観客たちが今は子どもができた父と母になって。 どうでしょう 年輪というか。 私もそれができたようで、我々映画を好んでくれたファンたちもそうで。 そのような意味で、余裕が生じたようです。 '僕たちが何をするか知ってるじゃない?'このように聞けば'当然知ってるよ'という答えを返してくれる信頼というか。(笑)。俳優、スタッフとももはやそんな余裕ができたようです。"

彼は、かつては俳優をやめようとした時期があった。 そんな時期に運命のように訪れた作品が'李舜臣'だった。 そんな時期に注目を受けながら天運が訪れた作品が最近、再編成されて放送中の「白い巨塔」だった。 'チャン・ジュンヒョク'キャラクターは彼の分身と変わりなかった。 「'ベートベン・ウィルス」の'カンマエ'はまたどうだったか。 最近作「六龍が飛ぶ」の鄭道伝もやはり同じだ。 彼は強烈かつ強い人物と向き合っていた。<朝鮮名探偵>は全く異なる流れだ。

"何というか(笑)。1編の際にシナリオをもらったんですが、'これを私に?'と当惑した記憶がありますね。 半信半疑でした。 これをなぜ私にくれたの? とやる気が出ませんでした。 でもコメディというジャンルで閉じこめてしまわず,ただ'ハッタリをきかす朝鮮時代の人物'と思って接近したらやれると思ったんですよ。 ハハハ。"

あまりにも大きな成功を収めたシリーズ物であり、1編の成功以来キム・ミョンミンには一時、似たような'亜流'な感じのシナリオが集中したりもした。 トレンドに敏感な映画界の製作の風土で当然の結果かもしれない。 '水に入ったら櫓げばよい'という言葉のように、その時相次いで自分のイメージを消費したなら、今の'キム・ミョンミン'そして'のキム・ミン'があっただろうか。

"本当に似たようなシナリオがあまりにたくさん入ってきました。 1編が終わって興行成功したらほとんどが<朝鮮名探偵>っぽい、シナリオだけが来ました。 でも何と言うか。 全部やりたくなかったです。 断わりました。 義理? そんなに大層な言葉で説明することでもないですが。 何か守りたかったんです。 'キム・ミン'キャラクターは<朝鮮名探偵>だけで生きて呼吸をしなければならないんじゃない? こんな感じ 他の作品で似たような姿を披露することは正解ではないと思いました。 結局、4年後2編が制作されましたので私の判断も正しかったみたいだし。"

そんなに義理と操を守った<朝鮮名探偵>は1編と2編はいずれも興行に成功した珍しいケースとなった。 キム・ミョンミンとオ・ダルスの満点のコンビプレーが<朝鮮名探偵>の起承転結そのものだ。 事件とその他のストーリーは事実味付けだ。 2人のコンビが事件を解決していく方式の奇想天外さとコメディが、大衆が見たい<朝鮮名探偵>の姿だ。 3編は意外と女主人公キム・ジウォンの割合が高い。

"何をおっしゃりたいのかわかります(笑)。あ、残念な気持ちがないというのは嘘で。 キム・ミンとソピルのいちゃいちゃ感が前作に比べてやや少ないのは事実です。 逆にドラマ的要素は1編と2編に比べて比較にならないほどしっかりしています。 1編と2編に比べて、ヒロインの話がもっと中心に入ったんです。 言い換えれば<朝鮮名探偵>であってこそ可能だったプロットではないでしょうか。 ジャンル自体がない韓国映画には何を持ってつけても可能です。 1編と2編がこうだから、3編はこうね? こんな感じで見てくれれば面白さは十分だと思います。"

キム・ミョンミンと<朝鮮名探偵>を語りながら、欠かせない人がいる。 まさに彼の'相棒'“魂のパートナー”オ・ダルスだ。 '一千万妖精'を越えて'一億妖精'と呼ばれるオ・ダルスは<朝鮮名探偵>の中'ハッタリのキム・ミン'を完成させする助力者'ソピル'で8年を生きてきた。 キム・ミョンミンとオ・ダルスの似合うようで似合わないビジュアルは妙なコンビプレーで明らかになる。

"ダルス先輩とコンビプレー?いやあそれはすでに1編の撮影半ばごろけりがつきました(笑)。ただ、私たちは現場で撮影する、それが全てです。 ただ現場で会って「やろう」「うん」こんな感じ?ハハハ。そのまま撮影が終わって「どこでマッコリ飲む?」もはやこれを悩む間柄です(笑)。リハーサルの時、一度や二度合わせて見るだけで特別に間を合わせたりしません。 目だけ見ても分かる? 私たちはそれも越えました。 ハハハ。3編制作ニュースも互いに聞いて「お、やろう」まあこの程度?。 ハハハ。"

1編のハン・ジミン、2編のイ・ヨニに続き、今回3編のキム・ジウォンに対する賞賛も惜しまなかった。 いや、キム・ミョンミンは1編の試写会ではハン・ジミン、2編の試写会では、イ・ヨ二、3編の試写会ではキム・ジウォンだけだと言って、虚勢の賞賛で笑いを誘った。 もちろん、今回の3編でキム・ジウォンの比重は前作二本の映画の中の女主人公たちとはちょっと違っていた。

"ワオ、最高のキム・ジウォンさん(笑)。実は冗談ではなく、キム・ジウォンさんの役がとても重要だったのです。 ヒロインが演技できなければ、今回3編は本当に山に行く(方向を見失う)ことになったんです。 シナリオ自体がそうじゃないですか。 それではそれを私とダルス先輩が埋めなければならないんですが、それも不可能なストーリー構成で。 結果的にキム・ジウォンさんが100点満点以上によくやってくれました。 最高でしょ。 最高です(笑)"

キム・ミョンミンと「朝鮮名探偵」に対する話に花を咲かせ、自然と、最近再放送となっている「白い巨塔」の話題も欠かすことができなかった。 彼には転換点のような作品だった。 あまりにもしっかりした完成度と、時代をリードしたフォーマット、そして医学ドラマのパラダイムを変えた傑作だった。 彼はしばらく、回想に浸った。

"とても感謝します。 私にはそんな作品です。 最近また見たら若い時代の未熟さも見せて。 次々と思い出すこともあって。 特別な思い出は当時、私が撮影をしながら鬱に悩まされました。 私自身の問題というより、作品によって強制的に引きずり込まれたうつ病でした。 チャン・ジュンヒョクキャラクターがあまりにも強かったから。 事実、今みてもチャン・ジュンヒョクをとても理解できてまた、かわいそうで。 ふ~~~(手を横に振って)。 とにかく本当に大変な作品だったのは事実です。 今再びやったら? アウ絶対出来ないです(笑)"

1編製作当時、シリーズに対する期待感もあった。 しかし、結果を確約しなかった。 しかし、興行に成功した後、2編が制作された。 2編の最後に明らかになった吸血鬼の怪しい映像がそのまま3編につながった。 今回の3編最後でもびっくりする怪しい映像が登場する。 4編に関する予告だ。 キム・ミョンミンは笑って再び手を横に振った。

"いや分からないです本当に。それが4編予告ですって? ただ入れただけです。 ハハハ。準備されたものは何もありません。 2編の時も吸血鬼映像入り?!?ただ入れたものです。 本当に(笑)。4編ですか? やりたいです。 5編もやりたい。 興行がうまくいってこそ可能でしょうか。 ハハハ。望むなら、韓国映画の代表シリーズになることを望むだけです。 そのためには、まず3編の興行が先でしょう!!!"

該当の記事は見つかりませんでした。