FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
베바 ベートーベン・ウィルス

爆笑!カンマエ☆アボジの陰謀^^ (字幕)

MBCセクションTVインタビュー

爆笑
ベートーベン・ウィルス終了後2週間たってカンマエによる
コマーシャル撮影があった時のインタビューなんですね。

セクションTVのブームさん。確か今兵役中だと思いましたが
大好きなインタビュアーです

話を聞いているとミョンミンさんのご家族とも親交があるご様子

ミョンミンさんの奥様のことを「형수님」(ヒョンスニム)って呼んだんですね。
義理の姉を呼ぶ時の呼称ですが
「姉さん」
血縁でなくても先輩の奥さんはこのように呼ぶそうです。

そういえば、「不良家族」でダルゴンの子分たちが、プギョンに「ヒョンスニム!」って
呼んだ時、すご~く嬉しそうな顔をしてたもんね

とにかく面白いインタビュー
「白い巨塔」のもかなりイケてましたが
私の中でこのカンマエインタビューはチェゴ!킹 왕 짱キンワンチャン!です


※言い訳になりますが・・・聞き取りはかな~りハードルが高くて
ソンセンニムに大部分お世話になりました。
その先生も途中笑っちゃて冷静に聞き取りできなくて・・・

それと周りのオケの音が大きくて良く聞き取れない部分はハングル字幕で補っております




ベートーベン・ウィルスただいまBS11にて絶賛再放送中(何回目?)

베바 ベートーベン・ウィルス

The Best!6月6日はベバ1000日記念☆

ベバ1000
「幸せでした!ありがとうございます」放送終了後寄せられた(たぶん)ファンからのメッセージスゴイ!

ートーベン・ウィルスが初放映(2008年9月10日)から
数えて2011年6月6日が1000日目だそうです。あ、明日ですね☆
1000日記念祝ベートーベン・ウィルス。

放映されて3年も経つのにいまだに愛され続けている
「ベートーベン・ウィルス」

このお知らせをしてくださった韓国カフェの方のメッセージの中に
「私の生涯で最高のドラマ!」というのがありました。

私も今、日本でも繰り返し放送されてカンマエ、ミョンミンさんに
嵌ったファンが続々増えています。ってコメントしてきました^^


稀代のキャラクター「カンマエ」が誕生した背景は
先日アップしたホン姉妹作家とイ監督のインタビューで
面白く読みましたが、結局はキム・ミョンミンの役者としての力量、
創造力のたまものであるということにつきますね

10年たってもきっと愛され続けるであろうドラマ
베토벤 바이러스 「ベートーベン・ウィルス」



2008年の数多くのドラマの中でも専門家からNo1の評価を受けた「ベートーベン・ウィルス」
当然といえば当然ですが、「母さんに角が生えた」を押さえての堂々1位はすばらしい☆
ベバ1000日2
訂正:7.ライフ特別捜査官⇒ライフ特別捜査チームが正しいです。

NGもあったし
ベバ1000日6

パロディもたくさん作られました。
ベバ1000日5 「親切なマエさん」

韓国の音楽の教科書にも最近のったとか。
ベバ1000日4

「ま、いんじゃないか・・・」本当はすごく嬉しいのに素直に喜べない、『憎いゴヌ』
ベバ1000日3


The Best! 강마에 킹!왕!짱!
ザ・ベスト カンマエ キンワンチャン!


 現在BSフジ 月~金17:00~17:55 吹き替え版放送中
 6月30日~BS11にて一挙集中放送 ノーカット版
   月~金15:30~17:00

베바 ベートーベン・ウィルス

惚れてまうやろ~!

惚れてまうやろ

       こんなんされたら・・・惚れてまう・・・ 
       このあとあの名セリフ「テッチ?イジェ ウルジマ」「これでいいだろう?もう泣くな」に続きます・・・
       ※韓国版プレミアムDVDよりキャプチャー
       それにしても~下の「マノ」とは違う人よね。 ね?

え~っと宿題、宿題。。。。tamapiさんからの宿題ですが・・・

『惚れてまうやろ~』の韓国語ってなあに~?

ということでやっとソンセンニムに確認してまいりました~
ま、いちおう先日書いた「パネ ポリジャナ~!」で間違いではない・・けれど面白くないらしいです
ということで・・・いろいろ教えていただきました 並べてみるとこんな感じに・・

ふつう)반해 버리다  パネ ボリダ

まあまあ)푹 빠져 들거 같다 プク パジョ トゥルコ ガッタ

チェゴ!)뻑(이) 가다. ポク(ポギ)カダ


このチェゴ!な表現がちょっとお品が落ちて面白いのだそうです。
ひとつ上のまあまあな表現は少しお品が良いらしいです

でこの뻑가다を、NAVERのオープン辞典で調べてみたらこんなのが出てきました

KBS 2TV 상상플러스 세대공감 OLD&NEW에 나왔던 "홍가다"
사실은 "뿅가다"에서 나온 말입니다.
"뿅"에서 "뿅가다"가 나오고, 발음이 변하여 "뻑(이)가다", "ㅤㅆㅛㅇ가다" 등의 변형판이 나온것입니다.
"누군가를 (처음) 보고 (매우) 좋아하게 되다"라는 뜻입니다.


KBS 2TV想像プラス世代共感OLD&NEWに出てきた"홍 가다(ホンカダ)"
実は"뽕 가다(ポンカダ)いい気持ちになる"から出た言葉です。
"뽕(ポン)"で"뽕가다(ポンカダ)"が出てきて、発音が変わって"뻑(이)가다(ポkカダ)" ㅆㅛㅇ가다"等の変形版が出てきたのです。
"誰かを(初めて)見て(すごく)好きになる"という意味です。


例文)옆집에 이사온 누나를 처음 본 순간 [홍갔다/뽕갔다/뻑이갔다]
隣に引っ越してきたお姉さんを初めて見た瞬間「惚れちまった。(あるいは)やられちゃった。」


今時の言葉みたいですね。
なので当然辞書にはありません~^^;

おさらい(こちらの表現はいちおう過去形となっております)

[뽕갔다⇒홍갔다⇒뻑이갔다]
ポンガッタ⇒ホンガッタ⇒ポギガッタ


ちなみに갔다は、가다(カダ)の過去形。가다は「行く」という意味です。
カダの前に文字が何もこないと発音は「ダ」になりますが、前に文字がくると「ダ」と濁ります。
ただし前に来る文字によっては濁りません・・・ってなんだかややこしい・・・
今日はこのへんで・・・・




베바 ベートーベン・ウィルス

「ベートーベン・ウィルス」ニコニコ動画生放送(無料)!

百想

の写真はミョンミンさんがベートーベン・ウィルス主演で2009年百想芸術大賞のドラマ部門最優秀演技賞を
とった時のレッドカーペットのお姿ですが  (2009年2月27日)
「私の愛、私のそばに」の撮影に入っていてかなり減量した状態でしたね。
でも本人いわく、体重を落としていって60kgぐらいが周りの反応が
폭발적(ポッパルチョk)「爆発的」だった(笑)と
おっしゃってたぐらいかっちょいいのであります~ フフウ...自他公認

ああ、でももうそこにカンマエの姿はなくてジョンウだわね・・・
<昨日四国でもめでたく「ネサギョ」公開となりましたね nikoさんおめでと


ころで「ニコニコ動画(原宿)」という動画サイトで今「ベートーベン・ウィルス」が生放送されております。
ニコニコベバ

TwitterでLunaさんたちが大盛り上がりになっているのを横目で見つつ
やっと金曜日に観ることができました!
ずいぶん前にニコニコ動画をちらみさせていただいた際、画面に大量に流れてくる「ツッコミコメント」に
なんじゃこれは?と思ったのですが
今ようやく意味がわかりました^^;(はは、遅いわ)
皆さんもよろしければぜひに!
最初はコメントに慣れないかもしれませんが
結構面白いですよ。私も昨夜はコメント初参戦しました

の生放送を見るには
①ニコニコ動画に加入する(無料。簡単)※日本でしか見れないようです
②23:30から生放送。生放送を見れない時はあらかじめ「タイムシフト予約」しておくと
 放送終了後自分の都合の良い時間に1回だけ視聴することが可能
③生放送が始まったらあとは見るだけ
 画面上のコメントを消すこともできます。私はとりあえず画面上のコメントは隠して(画面下のボタンをクリック) 
右となりのコメントを見ながら、時々合いの手(コメント)入れて楽しんでます

まずは百聞は一見にしからずでこちらからどうぞ!
ニコニコ韓流アワー

れにしてもグンちゃん人気で「ベートーベン・ウィルス」もまたまた人気急上昇ですね
ドラマ紹介読んでると、なんだか完全にグンちゃんのドラマになってますが
そこはほれ、そういう方がいい時もあるし・・ヒヒヒ

ミョンたん、はからずも弟子の人気に乗っかって行ってます
韓国語ではこの「乗っかって行く」を「묻어서 간다 ㅋㅋㅋㅋㅋㅋ」(ムドソ カンダ)と言うそうで(笑)


、本日の放送はなんと!第5話 「栄光の序曲」
あの!「オディル ボヌンゴヤ!」「ナマン タラワ~」の名場面! 
そして「夢でも見ろ!」の名セリフが詰まったあの伝説の回でごじゃいます!
ここでベバにはまった人も多いだろうなあ、って言ってる私もその一人
ソンムルアルバム5ソンムルアルバム12

「夢でも見ろ!」の交差点のカンマエの機関銃のようなセリフですが以前
「カンマエ名セリフでハングル講座」でご紹介させていただいたものを
こちら↓にも持ってきました~


베바 ベートーベン・ウィルス

聞きたかったブラームス・・・

2011ラフォルジュルネ

年GW期間中、有楽町国際フォーラムで開催される「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」

日本は2005年からスタートして今年で6回目。
私は2回目のモーツアルトからなんですが
とにかく1日中朝から晩まで、クラッシクのプログラムが複数のホールで同時に演奏されて
それをハシゴしながら楽しむという素晴らしいクラッシクコンサート企画です。

生まれは1995年のフランスらしいです。詳しくはこちら⇒⇒⇒ 「ラ・フォル・ジュルネとは」

ひとつのプログラムが45分で、S席でも一人3000円程度なので
タイムスケジュールを見て聞きたい曲や演奏家のプログラムを好きなだけ選ぶことができます。

ちょっと敷居の高いクラシックを手軽に身近に体験できるし、小さい子供も入場できるんです。

過去のテーマ
2005年 ベートーヴェンと仲間たち
2006年 モーツァルトと仲間たち
2007年 民族のハーモニー
2008年 シューベルトとウィーン
2009年 バッハとヨーロッパ
2010年 ショパンの宇宙


回を重ねるごとに人気がでてチケットを購入するのも結構大変になってしまったのですが
今年はブラームスをメインにプログラムが組まれているので
と~っても楽しみにしておりました!

そそ、ブラームスといえば、あれですよ。あれ。オーケストラ・キラー

ブラームス

『ブラームス:交響曲第3番第3楽章』

プログラムを目を皿のようにしてみたらありました~!
でさっそく他のプログラムも選んで、毎年一緒に行くチングの分と合わせてチケットゲット。
あとは行くだけ・・・・だったんですが。

な、な、なんと企画内容が大幅変更になっちゃったんです。。

★主催者サイドのお知らせ★

東日本大震災後の一連の大きな余震を受けて再度会場予定施設の安全点検を実施した結果、電気系統の不具合が発見され、ホールA、ホールB7及びホールB5の各ホールの利用ができないことが判明しました。また、福島原子力発電所における国際原子力事象評価尺度が「レベル7」に引き上げられて以降、海外アーティストの来日キャンセルが重なり、予定どおりのプログラムで実施することが困難となりました。
(略)


ええ~!そんな~・・・・ショック~!

でチケットは払い戻しされることになったんですけど・・・
でも負けてません!企画を練り直してまた私たちに音楽を届けてくれるらしいです^^


このような逆境ですが、私共は形を変えてでも公演を続行し、可能な限り最高のものを提供したいと考えております。またこの状況下でも来日の意向を示しているアーティストも大勢いらっしゃいます。これまでのプログラムは白紙に戻し、新たな感動と驚きを皆様と共有すべく、使用ホールを限定し、企画を練り直し、5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)に「とどけ!音楽の力 広がれ!音楽の輪」の合言葉のもと東日本大震災復興を願い、新たなラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2011を開催することといたしました。詳細内容とチケット販売については4月22日(金)にご案内する予定です。今しばらくお待ちください。
本イベントの主旨から会期中募金箱を設け集まった募金は東京都を通じて被災地の自治体に義援金として寄付いたします。


ラ・フォル・ジュルネ ファティ~ン!

変更後のプログラム、残念ながらこのブラームスの交響曲はない模様

ので、これを聞いて我慢することに・・・


*ハンアリ 2度目のご登場!

ああ、でもなんで途中でやめちゃうのよ~!
最後まで演奏して欲しかったわん


ベートーベン・ウィルスが放送されて以降、このドラマにはまり、指揮者カンマエにはまった人が
ある日突然クラシックを聞き始めるという「症例」が数多く報告されておりますが

私も2009年5月、ベバにはまった直後から毎日通勤でクラシックを聞き続けるという衝動にかられ、
その夏はなんと、3日間でベートーベン交響曲1番~9番を全部一人の指揮者が演奏するという
体力勝負のクラシック演奏会にまで行きました^^; 最後は腰にきました・・・

『あッ!ベートーベン。Vo.8』
指揮者:飯森範親 管弦楽:東京交響楽団
 

前にも1度お話したかもしれませんが、面白かったです。
3日間全部聞いた人には症状、じゃなかった「賞状」が渡されました。

題して、「究極の証明書」
(抜粋)不安や苦悩に満ちたベートーベンの交響曲は、第九番最終楽章『歓喜の歌』を以って結ばれました。ここに、「究極の道のり」を成し遂げた貴殿の音楽への情熱を讃え、これからの人生が歓喜の歌溢れる新たな交響曲第十番となることを祈り、究極(九曲)の証明書といたします。

ククク。今読み返しても面白いわ。
ベートーベンは力がコンコンと湧いてくるようで私は一番好きだなあ


베바 ベートーベン・ウィルス

『ヤッホ~♪』私たちもカンマエとの愛に陥りました^^(前編)

20081113_kmm.jpg

20081113_gachonoyume.jpg


11月6日イルサン文化放送ドリームホールでは、ある名もないオーケストラの公演があった。
‘マウスフィル’といった。 30年弦から遠ざかっていた‘フンの塊’とキャバレー演奏者と
腫瘍で耳が聞こえなくなる患者と25才になって天才的才能を発見した元警察官が演奏するために
席に座っていた。 彼らの前にインスニが出て歌を歌った。 題名は<ガチョウの夢>。
キング牧師以後、オバマ以前にインスニのことだと思われた話、“私には夢があります”という
歌詞で始める歌だ。 そしてこのマウスフィル‘フンの塊’たちの歌だ。
これを最後にマウスフィルは解散する。



この当時のネット記事はカンマエ、トントンオリのオンパレードだったんではないでしょうか。
「カンマエ シンドローム」とまで言われ
キム・ミョンミン演じる 韓国史上最高の毒舌キャラ カンマエに韓国中の人々が熱狂しました。

でもカンマエのキャラクターがただ劇画的だったから、少女マンガの典型的主人公だったからではないですよね。
このドラマからみんなが勇気と情熱をもらったからです。
脚本家が創ったカンマエにキム・ミョンミンが命を吹き込んで、
そうしているうちに、いつのまにか、カンマエは視聴者の歓呼を呼び込み
脚本家の手を離れて本当にこの世に生きている人のように走りだし、
人々に勇気と情熱を与えていったからです。

そして私たちも少し遅れて「カンマエ シンドローム」のシャワーを浴びました。




日、イ・ジェギュ監督のインタビューというか制作裏話を記事にアップしましたが
今回は脚本家ホン・ジナ ホン・ジャラム姉妹の長編インタビューです。

いやいやかなり時間かかりました・・・・

トホホホホ・・・

脚本家だけあって表現がちょっと複雑なものでかなりてこずりました
ですので、直訳しても何のことやらさっぱり?なのでかなり意訳したところもります。

でも面白いですわ

初めからキム・ミョンミン氏を念頭に置いた。
イ・ジェギュ監督がキム・ミョンミン氏のキャスティングが決まったと
‘ヤッホー~!’とメッセージを送ってこられて、
私も部屋で‘ヤッホー~!’といいながら方々走った。


ククク・・・
監督も脚本家も「ヤッホー!」なキャスティング。

私もヤッホーです


ミョンたんに巡り会えて

『ヤッホ~♪』 


このインタビューの中でやはり面白いのは、カンマエはどのようにして誕生したかという部分と
ホン作家がはじめてTVでカンマエ演じるキム・ミョンミンに出会った時のエピソードです。

(抜粋)ん?あれはカンマエの声じゃない?と思って振り返ると、
私が台本の中に書いておいた、明らかに私の心の中にだけあったカンマエがどかんとTVに出ていた。
その時ドラマの予告で見たのがカンマエに変身したキム・ミョンミン氏との初めての対面だった。
今まで十 何年間ドラマの仕事をしてきたが、そのように初めての登場から私の感覚と一体感を
見せたキャラクターと演技者は初めてだった。


「前半」と「後半」そして「おまけ」に分けてお送りいたします!

やっぱりキム・ミョンミン、すごい役者だ!

20081113_honjina_honjaramu.jpg
ホン・ジナ氏(左側)は楽天的でホン・ジャラム氏は厭世的という。
姉はきらっと光る構成力を持っているし妹は俯瞰で見る目を持った。
二人の作家が執筆室でPDが要求した修正事項を相談している。

<ハンギョレ21>パク・スンファ記者

ハンギョレ21
私たちもカンマエとの愛に嵌りました[2008.11.14 第735号]
[レッド企画] ‘マウスフィル’の解散を悼み<ベートーベン・ウイルス>のホン・ジナ・ホン・ジャラム作家に会う


元記事はこちら

베바 ベートーベン・ウィルス

カンマエ☆キム・ミョンミン『ホットな2月』カレンダー!

ベバ2月カレンダー


ぼ~っとしております。
何から書いてよいやら・・

昨日は2月が熱い!って書いたばかりなんですけど。
すでにもうミョンミンさん関係は真冬の日本でありながら
灼熱状態に突入でごじゃいます~


ふ~っと深呼吸いたしまして・・・

その1でごじゃいます

おとといの私の雄たけびが聞こえたのか・・・
ヤマタネさん 優しいです。

フジTV韓流α番組枠内でのミョンミンさんのインタビューの日程を
ツイッターで教えてくださいました(*^^)v

感謝感激です~

ということでカレンダー作ってみました^^(日本公式より早い^^;)
赤い数字はお休みではありませんよ^^
間違っても会社お休みしないでくださいね~☆

フジTV 韓流α「チャン・グンソク祭り」
2月1日からは、 月〜金 午後2時07分〜3時57分で
ベートーベン・ウィルス放送決定! 


番組枠内で「私の愛、私のそばに」TVスポットCF30秒
& キム・ミョンミンさんのインタビュー!


放送予定は
2月1日(火)
2月3日(水)
2月4日(木)
2月8日(火)


놓치지 마세요♪
ノッチジマセヨ~♪
見逃さないでね~♪






베바 ベートーベン・ウィルス

冬休みの図画工作☆その1

アルバム表紙 We Love Beethoven Virus

できた~!!!

パンパカパ~ン 


今年のお正月は、夏休みの最後の日にたまった宿題を全部やってる
小学生のような感じで過ごしております(^^ゞ

「カンマエ毒舌❤魅惑のセリフベスト10」の結果を
どうやってミョンミンさんにお渡しすればよいか、という宿題ですが、
寝ないで(ウソ)考えた結果・・・(^_-)
こんな形で直接お渡ししようと思っております(^^♪


といっても大したことはなくてアルバムにセリフと写真を貼っただけのものですが・・・


それでも写真のキャプチャーから始めたので結構時間がかかっちゃいました。
あともう少し、シールで飾り付けたり、説明文(企画の経緯、皆さんの思いなど)をハングルで入れたり
仕上げが必要ですが。
ひとまずお披露目したいと思います。

何かお気づきの点ありましたらコメント欄にお願いいたしま~すm(__)m


アルバムの大きさはこのくらい。
アルバム表紙2 *既製のアルバムにシールで飾り付けました
中身はこんな感じ*アルバムの台紙が黒なので見づらくてすみません^^;
アルバム3

中身の写真はこちら♪
1位:これでいいな。もう泣くな。
ソンムルアルバム1 
됐지? ....이제 울지마.

2位:オイ サムタッ、どこ見てるんだ。私をみろ。私だけについてこい。そうだ、それでいい。
ソンムルアルバム2
어이 쌈닭.  어딜보는거야. 날봐야지.  ....나만 따라와.
그럼 돼.


3位:もう、会えないと思った。
ソンムルアルバム3
널 다시... 못보나 했어.

4位:心から謝罪を・・・・できません!
ソンムルアルバム4
진심어린 사과를.... ...못하겠습니다.

5位:いや!お前たちは犬だ!私は主人で!つべこべ言わずに言われた通り吠えればいいんだ!
ソンムルアルバム5
아니!! 니들은 그냥 개야! 난 주인이고! 그러니까 잔말 말고
시키는대로나 짖으란 말야!!!


5位:ありがとう・・・・
ソンムルアルバム6
고마웠어......

7位:私のコンマスです!
ソンムルアルバム7
내 악장입니다!!

7位:夢をかなえろと言うんじゃない。夢でも見ろと言ってるんだ。
ソンムルアルバム8
꿈을 이루란 소리가 아냐 임마. 꾸기라도 해 보라는거야.

9位:トン!トン・オ・リ(糞のかたまり)
ソンムルアルバム9
똥! 덩.어.리.
*写真の中の文字を消し忘れたので、シールでごまかします^^;

9位:そして何よりも皆さんに恥をかかせません。
ソンムルアルバム10
그리고 무엇보다.....여러분을 창피하게 만들지 않겠습니다.


※図画工作は続く・・・ハングルやってない・・・(>_<)

베바 ベートーベン・ウィルス

第2回 カンマエ名セリフ ハングル講座 “謝りません!”

ハングル教えて!

下のカンマエに「ちょっとあんた!」って言えるのは
酔っぱらったトン・トン・オリぐらいしかおりません

それはそうと、カンマエソンセンニムが講師のはずなんですけど^^;
ぜんぜん教えてくれる気配もなく・・・
ず~っと自習みたいです・・・

しかたない。
こうなったら9話の例のシーン、勝手にやっちゃいます。
自習、自習^^

ゴヌに放ったセリフ「夢でもみろ!」と同じく、ベートーベン・ウィルスの
メッセージであり、カンマエに「私の団員たちだ!」と言わせた
カンマエの本心が詰まった名セリフ
ああ、何度聞いても感動。胸が揺さぶられるのであります

こんな風に言われたら、わたし
もう、あなたのしもべ、じゃなかった付属品、楽器、
何にでもなります~!!!



それでは9話 シーン24、25 めちゃ長いです(^^ゞ


動画はセリフの途中からとなっとります(^_-)

베바 ベートーベン・ウィルス

カメレオン俳優のもうひとつの側面^^;

ミョンたんが全部演じたら

ョンたんがカメレオン俳優なのはもうすでに証明済みですが
(あそこまでカメレンに顔くっつけて似合う俳優は他にいない!とのルピナスさんのお言葉❤)

ベートーベン・ウィルスの画像をいろいろ漁っていたら
こ~んな楽しいお宝が!

うまい!
韓国ペンたち!しかも出演者の役名の名字が全部カンマエのカン강になってますよ^^
もう、笑って年を越せます!



でもそれ以上に私が感じたのは・・・




ミョンたん 女装が似合う・・・


オッホン。気を取り直して・・

カンマエ❤いろんな表情編❤
カンマエ百面相

ホント・・・ミョンたんってお顔の筋肉が柔らかいんですね

該当の記事は見つかりませんでした。