FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
파괴사破壊された男

初の舞台挨拶は「破壊された男」☆画報もたくさん☆

MovieWeek6_201902282018296d9.jpg

去からさかのぼって、今「破壊された男」広報活動。

はじめて舞台挨拶回ったのが「破壊された男」(パサ←パゲデンサナイの省略)
そうそう、私の「初舞台」←私が舞台に上がったわけではないですが。韓国映画の楽しみ方を始めて体験しました♪
2010年7月1日公開
初めて花束を渡してきれいな澄んだ目に瞬殺された日の記事はこちら
今読み返して、いろいろ蘇ってきました。
あの時見たミョンミンさんの目は今もしっかり覚えてます
急にチュ・ヨンスに会いたくなってきた。休みの日にでも見ようかな。
新たな発見があるかも・・・ウフ

そういや、この時は雑誌インタビューもたくさんあって
画報もたくさんあがってウハウハしてましたね。
これが普通だと思っていたけど^^;;
今は「MOVIE WEEK」も廃刊になって。少し残念ですね。

ちょっとその頃の화보画報をまとめてアップしたいと思います。
そしてちょうどこの時ゲル(ギャラリ)が4周年で動画も上がって
当時、訳させていただきました。こちら
ハニカム王子だって(笑)
お陰様で今聞くと、普通に聞き取れます^^ミョンミン先生のお蔭ですね(^_-)-☆

それにしても過去記事見るたびに思うのは・・・・わたし、仕事してたんでしょうか・・・・

MovieWeekNew_201902282018279b0.jpgMovieWeek5_2019022820183015e.jpgMovieWeek4_20190228201832066.jpgARENA1_20190228201833138.jpg
201006272229195ee_201902282018350cd.jpg201006272218440ac_2019022820183691c.jpg201006272218300e3_20190228201838c04.jpg201006272218152d5_201902282018394cc.jpg201006272218028bb_20190228201841942.jpg201004301613194a8_20190228201843da4.jpg
めちゃカッコイイ~♪
唯一無二の俳優さん♪

파괴사破壊された男

渋いっす。

キャプチャー


間の皴。
苛立っているが寂しそうに光る目。
タバコをはさんだゴツゴツした指先。

あれ?
役柄のために指先まで演じ分けるの?
って思えるぐらい
髪の毛先まで、チュ・ヨンスだわ・・・

メイクさんに、あまり顔をいじらないでくれってお願いする、と
おっしゃってましたけど、
ミョンミンさんは例えば、「3日間寝ていない肌を自分で作ります。」ってことなんですね。
撮影期間中はチュ・ヨンスとして生きるから、余計なことはしないで欲しい。
そして何よりも、集中力をメイクや食事で途切れさせたくないんですね。


「破壊された男」の雑誌インタビューが終わりましたので
一応まとめてリンクします。

VOGUE   「創られた男」
コスモポリタン 「EDGE OF DARKNESS」その1  コスモ・その2「愛は犠牲」 
SINGLES 「メビウスの輪」   SINGLES・その2
ARENA   「すごくよく知られるようになった男」 
CINE21  「キム・ミョンミンはキム・ミョンミンだ。」 
MOVIE WEEK 「創造的破壊のFACE OFF」 


一気にまた全部読み返してみると、同じ話はしているんですが
表現の仕方が違ったりして、読み手を決して飽きさせないところが本当にニクイ
きっと意識してないんでしょうけどね。

インタビュアーがそれぞれ違うから、答え方もそれぞれ千差万別、になるところがまたすごい


饒舌ではあるが、余計な話はしない。


深い。
そして
渋い、キム・ミョンミン。


あ、もう、かっちょいい



次回作ではどんなインタビューが待っているのか楽しみです



항아리(ハンアリ)は8月17日でなんとか200日目となりました。감사합니다.カムサムニダ^^



파괴사破壊された男

MOVIE WEEK翻訳 「自分との戦い」




「自分との戦い」って何ですか?

カフェ10周年ファンミでの質問です。
キム・ミョンミンさんの演技における自分との戦いっていったいどんなものなのか、
韓国ペンたちも気になるんですね。

で、ミョンミンさん。
「皆さんも一度は自分との戦いに勝ったことがあると思いますよ」
と言って話始めようとしたら、
ファンたち一斉に
「とっくの昔に負けた!」
ミョンミンさん思わず絶句してましたけど^^

う~ん、振り返ってみると私も自分との戦いに勝ったことって
あるかなあ。
6か月くらい(うそ、3カ月くらい・・・)お菓子断ちした時とか・・・・

だいだい人に厳しく自分に甘くの人間なので(^^ゞ
わが身を振り返れば振り返るほど、
ミョンたんに合わせる顔がないです・・・

ま、それはそれとして^^;
MOVIE WEEKのインタビュー。
これで「破壊された男」の主だった雑誌の翻訳は完了です。


MOVIE WEEK No.433

創造的破壊のフェイスオフ

キム・ミョンミンは完全に破壊された状態だった。
私たちが知っていたキム・ョンミンはこれ以上
存在していなかった。作品ごとに間違いなく自分を消して
新しい自我を創造するキム・ミョンミンは
<破壊された男>で“創造的破壊”が何なのか
全身で証明しきった。



파괴사破壊された男

CINE21翻訳「 俳優の顔」



 「俳優の顔に価値があるのは、きれいでかっこよく見える時ではない。
その人物に嵌っている時が、一番価値がある。」


う~~ん。またしても腕組んでうなってしまいました。
もう演技論を語る教授のようでもあります。
どこかの大学で特別講師にでもなったら、間違いなく人気講師になりますね。
毎回入りきれないほど学生が集まりそうです。

で今回訳していてなかなか意味が分からなくて苦労した言葉がありました。

다크서클:ダクソクル・・・

<俳優の顔>の、3日間徹夜した話の中で、
「どんなにメイクをしてもつやつやな肌でやっては観客にバレる。」
というところで出てきました。

さて~?
どうも英語らしい。
다크はダーク(暗い)で 서클はサークル(円)であるということが
分かりました。
しかし、「暗い円」って何?
こういう時は、いつも愛用しているNAVER辞典にお願いするしかありません。

다크서클 [dark circle]
눈 아랫부분이 거무스름해지는 증세.
目の下の部分が浅黒くなる症状


はは~ん。女性の敵「隈(くま)」ですね☆
これでやっと話が通じました。(*^^)v
で、ソンセンニム(先生)に
「これって、演劇の専門用語か何かですか?」と聞いたら
「アニ。ウリナラではクマのことを皆、ダクサクル*って言います^^」
「へ~~~@@」

本当に面白いです。
*韓国語における外来語の発音で、日本と大きく異なるのは、いわゆる棒引き「ー」が
ないことです。なので、ダークサークルではなくて、ダクサクル。
マクドナルドで「コーラ ジュセヨ」と言っても通じません。
「コラ ジュセヨ^^」となります。ジュースはジュス。



CINE21_2.jpg

CINE21 NO.760

COVER STAR 

キム・ミョンミンはキム・ミョンミンだ。 



キム・ミョンミンが強いメソッド演技者であることは良く知られている。
毎作品、彼は自分の顔を捨て“人物”の顔を表現した。
海の真ん中で数千名の兵士に号令を掛けた李舜臣将軍(不滅の李舜臣)
メスを握って手術を執刀する外科医師チャン・ジュニョク(白い巨塔)
烏合の衆であるオーケストラを指揮するカンマエ(ベートーベン・ウィルス)
全身が麻痺していくルーゲリック病で愛する女性と切ない別れをしなければ
ならないジョンウ(私の愛 私のそばに)など
彼が引き受けたたくさんの人物から“俳優”キム・ミョンミンの姿を探すこ
とはできなかった。
それだけ彼は作品の中の人物になろうと努力し、また嵌っていった。
そのような彼が新しい顔でやってきた。
<破壊された男>でキム・ミョンミンが引き受けた役は
拉致された娘を必死に探しまわる父チュ・ヨンスとして、誘拐犯との死闘で
だんだん破壊されていく人物だ。
いつもそうであるように、今回も彼はチュ・ヨンスに成りきった。
やはり「キム・ミョンミンはキム・ミョンミンだ」というだけのことはある。
あとは、彼から聞く<破壊された男>のチュ・ヨンスについての話だ。
そしてまた一つ。俳優キム・ミョンミンに対するいくつかの“言葉”に対す
る率直な思いも一緒に聞いてみた。



파괴사破壊された男

”やるなら、ちゃんとやらないと!” Singles翻訳その2



ンタビューのコンセプトは「演技の話だけすること。」だそうです(笑)
ああ、コンセプトだったのねえ。ぷぷ^^

前回アップしたコスモポリタンでもそうでしたけど、
1行の質問に35行。みたいな感じで演技のお話になるともう止まりません
面白いなあ。ほんとに。
こういうお話を聞いて(読んで)いる時、彼の演技を見ている時と同じくらい
幸せです
へたをすると、映画は2時間でおしまいですが
インタビューは繰り返し読んで、あれこれ想像することもできるし。
「するめ効果」がありますね


でSinglesインタビューその2でごじゃいます。

「白い巨塔」で共演したパク外科医局長役のハン・サンジン氏が
「キム・ミョンミンと同時代に(俳優として)生きていることが、幸せであり、不幸だ」
おっしゃったそうです。
うまいですね☆
「MBCスペシャル」でもひたすら先輩のカリスマ演技に賞賛を贈っていましたもんね。
で、そう言われたミョンたん。
「あいつは、口達者だから」ですと。ウフフ。またまた嬉しいくせにぃ

singles1-3.jpg

파괴사破壊された男

Singles インタビュー翻訳その1



本も韓国も学校は夏休みに入り、わたしも気分は夏休みモード
でありますが・・・(*^^)v

そんな中、なんと!あろうことか、
韓国カフェによると「破壊された男」の上映が終わってしまった、とのことです。
まだ1カ月なのに!
映画ってそんなに短かったけ?

おそらく夏休みでぞくぞくと娯楽映画が公開になり
押し出されてしまったのかもしれません。
はあ~。。。。脱力・・・

しっかし、まだまだ「かめ」は「破壊された男」シリーズで
走ります!
だって日本ではまだ公開されてないんですから!!!
何としても日本公開に向けて地道に口コミ活動あるのみです!

ヨロブン!がんばりましょう!!!


ということで遅くなりましたが
”Single”のインタビューです。
今回も長編大作!?なので2回に分けてお届けします。

オム・ギジュンさんも一緒のインタビューで楽しい内容ですね☆
オモ、二人ともヘリン役のキム・ソヒョン嬢のお母様から
敬遠されていたらしいです。(爆)
ギジュン君とソヒョン嬢のやりとりのところがかわいくて笑えます。
しっかしまだ12歳だというに、なんとまあしっかりした子役だこと!
役に没頭するために、普段やさしいギジュンさんも遠ざけようとしたなんて!
メソッド演技の第一人者キム・ミョンミンも真っ青です。

それでもってそのミョンミンさん相変わらず飛ばしてます!
ギジュン君への質問にもちゃちゃいれてますし^^;
インタビューでもじっとしてられないんですね(^_-)-☆
singles7-2.jpg

Singles 7月号

メビウスの輪

キム・ミョンミンとオム・ギジュンは映画<破壊された男>で娘を誘拐された父親と
誘拐犯として出会った。これよりもっと濃密ですさまじい関係があるだろうか?
死んでもお互いを許すことができない彼らはクランクアップから3日ぶりに並んで
ソファに座った。二人はすごく異なる存在だと思っていたが、固く強い因縁で結ばれて
いたためか、横目でお互いを見る彼らはいつのまにか、一つのように似通っていた。


파괴사破壊された男

『愛は、もともと犠牲なんだし。』 コスモ7月号翻訳2

コスモポリタンハルク

スモポリタン7月号。
言い忘れてましたが、我々ソウルへ映画を見に行ったついでに
インタビューの載っている雑誌を買い占めて?きたのですが
この「コスモポリタン7月号」だけが売り切れだったんです。
まさか!この↑「超人ハルク」のせいじゃ・・・

で、結局日本に帰ってから楽天で注文して、先日手元に到着しました^^

インタビューは中盤から演技論に入ってヒートアップします。
訳している私まで、キム・ミョンミンが乗り移ったかのように思わず
その世界に引き込まれ、時間を忘れて訳に没頭しました。
(翻訳も集中力が必要みたいです^^;)

いつもいつもああ!と感嘆し、ふ~っとため息をつき、また感嘆し、
の連続ですが、今回もそうでした。いや、それ以上だったかな?
最後にはトドメのようなこの「お言葉」でインタビューは終わります。
「愛は、もともと犠牲なんだし。」

最初にず~っとこの熱い演技論を読み飛ばしながら、最後にこの言葉を
目にした時は、
あたた~っ、やられた!と思わずのけ反りました。わたくし。

日本では、まさに「昭和」の時代に置いてきてしまったような、
昔何かのドラマで聞いたことあるような甘酸っぱいセリフ。
そんな懐かしさを感じました。
今じゃドラマでもこんな言葉を吐く主人公がいったいどこにいるのか!
と思うとなじぇかちょっと怒りにも似た気分も生じ・・・・・

こういう照れくさい言葉をさら~っと言えるのは彼がクリスチャンだからかもしれないですが。
「愛は犠牲」。この言葉だけでなんだかいけない妄想に走りそう・・・

スゴイ!そっか。愛は犠牲か・・・カッチョ良すぎるぜ、ミョンたん


で、韓国語の先生に聞いてみると、どうもこの「犠牲」という言葉の
ニュアンスは日本語のそれとはだいぶ違うようです。
日本語の「犠牲」はまさに誰か(何か)のために自分を傷つけて、あるいは
自分を捨てることを意味しますが、韓国語の「犠牲」は自分よりも相手を
思う気持ちや配慮といったプラスの意味があり、大きな事を成す時には必ず
必要な事であり、日本語のマイナスイメージはさほどないらしいです。
ですので、普通に良く使う言葉だということでした。^^;

う~ん。訳すのって本当に難しいですね。かといって「犠牲」という言葉
以外には適当な訳はありませんし。


いずれにせよミョンミンさんのインタビューは、大半は熱く、時に面白く^^、
インタビュアーが最も楽できる相手であるということは間違いないですね。
だって2行の質問に35行も答えが返ってくるんですから。 (*^。^*)
昨年の10月ソウルで開かれた韓国カフェのセンイルパーティで
「なぜジョンウを演じるために20kg減量したのか」という話をものすごい勢いで
饒舌に語っていたミョンミンさんが頭に浮かんできました。

聞いてみたい。ナマで。

日本にいらした時には是非とも熱い演技論を聞かせてくださいね☆
そんな機会が早くくるといいなあ・・・


파괴사破壊された男

コスモ7月号翻訳完了。熱いです!

コスモ1

あ、暑い!いや熱い!
梅雨も明けて、夏本番なんだからしょうがないでしょ? 
っていうことではなくて^^
や~っとコスモポリタン7月号のインタビュー記事翻訳が終わりました(@_@。

で、いつもながらに熱く語るキム・ミョンミンですがかなり熱いです!!!
今回も後半からかなり回転数が上がってきて、語る、語る・・・
で、訳しても、訳しても・・・なかなか終わらなくて今になってしまいました

A4にして9ページになってしまったので、2つに分けてアップします。
最初の部分は以前にもアップしましたが、もう一度こちらにまとめます。
インタビュアーとかなり個人的に親しい感じを受けたので、記事の言葉づかいを
そのまま生かして、ミョンミンさんがインタビューで語る時の表情、声、トーンを
想像しながら訳してみました。

それから今回もミョンたん語録がいくつか散りばめられていますけど☆
自分のサインの話のところでこのような表現がありました。
『何となくはっきりとは言えないけど筆記体の情緒が違ってたな。』
これは普通、日本語への翻訳であれば「筆記体の雰囲気が違ってたな」とか
そのような感じに訳すべきでしょうが、彼の独特の表現で、ウリ先生も
「なるほど~」って感嘆されていましたのでそのまま直訳しました。
う~ん。筆記体に情緒があるのかあ。。。。そういうものの見方がとっても
デリケートな人だなあ、と思います

コスモポリタンを無事リリースしたあと、シングルズの訳に入ります。
そのあと、ARENAやって、シネ21、MOVIE WEEK。いつ終わるのかなあ・・・(@_@




COSMO JULY2010

Guy of the Month

EDGE OF DARKNESS

インタビューを終えたあと、ひとつお願いをされた。
“ミョンミン座”と呼ぶ部分についての話を抜くことは
できないか、と言った。恥ずかしいからと。
天才ではないので、キム・ミョンミンはその何かになる
ためにそのすべてを諦めた。
“ミョンミン座”という修飾語までも。

逆光の影に遮られた錆びた笑みはチャン・ジュノクの
ようだ。テーブルの上に手を伸ばし、コーヒーカップを
持つ敏感そうな指の節はペク・ジョンウのように見える。
演技の真情を雄弁に語る冷たい低音の声はチュ・ヨンス
のものだ。キム・ミョンミンはその何かであり、何かで
もない、実存しないけれどもどこにでもいる、微細な
バイト(byte)のように散らばっている。
それでも関係ない。 ネットは広大だから。 
 


コスモポリタン3



파괴사破壊された男

100万人突破目前!!!

英語ポスター

100万人観客動員目前との記事が上がっております(*^_^*)

年齢制限もあるし、爆発的な動員を得られる映画ではないけれど、じわじわ~っと口コミで観客が増えて
いるのではないでしょうか。。。

で、この記事によると、誘拐映画というのは本来、子を持つ親は見たがらないのだけど(そりゃそうですね)
「破壊された男」はむしろ親の世代がたくさん見にきているのだそうです。
「父親の愛というものを新たに悟った」「子を持つ親が見るに値する映画」などいう感想が多いそうです。

ミョンミンさんが極限を表現しきったという「チュ・ヨンスの真実」彼が描き出す「父性愛」が観客の心を
捉えたんですね。
ロングランヒットになるといいなあ。

早く日本にも来てね~



파괴사破壊された男

ソウル舞台挨拶ハイライト^^




パサ(破壊された男)の公式カフェに7月2日~4日ソウル市内で行われた舞台挨拶の模様がまとめて
動画でアップされていました。


私たちが参加した回も映ってますね~☆
COEXで「ヒムル ジュセヨ!」(力をください!)ってミョンミンさんがおっしゃっている
その手に、私たちが渡した花束がしっかと抱えられているのを見て
ああ、夢じゃなかったんだなあ・・・
としみじみしています。


ホントに・・・



夢じゃなかったんだよね・・・










該当の記事は見つかりませんでした。