FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
파괴사破壊された男

『愛は、もともと犠牲なんだし。』 コスモ7月号翻訳2

コスモポリタンハルク

スモポリタン7月号。
言い忘れてましたが、我々ソウルへ映画を見に行ったついでに
インタビューの載っている雑誌を買い占めて?きたのですが
この「コスモポリタン7月号」だけが売り切れだったんです。
まさか!この↑「超人ハルク」のせいじゃ・・・

で、結局日本に帰ってから楽天で注文して、先日手元に到着しました^^

インタビューは中盤から演技論に入ってヒートアップします。
訳している私まで、キム・ミョンミンが乗り移ったかのように思わず
その世界に引き込まれ、時間を忘れて訳に没頭しました。
(翻訳も集中力が必要みたいです^^;)

いつもいつもああ!と感嘆し、ふ~っとため息をつき、また感嘆し、
の連続ですが、今回もそうでした。いや、それ以上だったかな?
最後にはトドメのようなこの「お言葉」でインタビューは終わります。
「愛は、もともと犠牲なんだし。」

最初にず~っとこの熱い演技論を読み飛ばしながら、最後にこの言葉を
目にした時は、
あたた~っ、やられた!と思わずのけ反りました。わたくし。

日本では、まさに「昭和」の時代に置いてきてしまったような、
昔何かのドラマで聞いたことあるような甘酸っぱいセリフ。
そんな懐かしさを感じました。
今じゃドラマでもこんな言葉を吐く主人公がいったいどこにいるのか!
と思うとなじぇかちょっと怒りにも似た気分も生じ・・・・・

こういう照れくさい言葉をさら~っと言えるのは彼がクリスチャンだからかもしれないですが。
「愛は犠牲」。この言葉だけでなんだかいけない妄想に走りそう・・・

スゴイ!そっか。愛は犠牲か・・・カッチョ良すぎるぜ、ミョンたん


で、韓国語の先生に聞いてみると、どうもこの「犠牲」という言葉の
ニュアンスは日本語のそれとはだいぶ違うようです。
日本語の「犠牲」はまさに誰か(何か)のために自分を傷つけて、あるいは
自分を捨てることを意味しますが、韓国語の「犠牲」は自分よりも相手を
思う気持ちや配慮といったプラスの意味があり、大きな事を成す時には必ず
必要な事であり、日本語のマイナスイメージはさほどないらしいです。
ですので、普通に良く使う言葉だということでした。^^;

う~ん。訳すのって本当に難しいですね。かといって「犠牲」という言葉
以外には適当な訳はありませんし。


いずれにせよミョンミンさんのインタビューは、大半は熱く、時に面白く^^、
インタビュアーが最も楽できる相手であるということは間違いないですね。
だって2行の質問に35行も答えが返ってくるんですから。 (*^。^*)
昨年の10月ソウルで開かれた韓国カフェのセンイルパーティで
「なぜジョンウを演じるために20kg減量したのか」という話をものすごい勢いで
饒舌に語っていたミョンミンさんが頭に浮かんできました。

聞いてみたい。ナマで。

日本にいらした時には是非とも熱い演技論を聞かせてくださいね☆
そんな機会が早くくるといいなあ・・・


今回の作品のような場合はどうなの?<私の愛 私のそばに>が肉体によっ
てコントロールされた人間的限界を見せた映画だったとしたら<破壊された
男>は精神的に極端なまでに破壊されていく人間的限界に対する挑戦かもし
れない。それでも肉体的には楽だったようだ。

もっと易しくてもっと楽な作品はひとつもない。体力的限界に挑戦する映画で
なくても精神的苦痛は毎作品ごとに偏りなくいつも同じだ。今回の作品も
やはりそうだった。道徳的に問題を起こさない線で自分を壊す過程だった。
堕落していく“チュ・ヨンス”を演技するために生活そのものを真似すること
はできないけど。
その精神的苦痛に対する感情移入は十分に可能なことだ。
愛する娘を誘拐されるという状況に直面したらチュ牧師ではなくても誰もが
苦痛の日々になるだろう。堕落できるほどに。実際に娘を探す場面では眠るこ
とすらできなかった。まるまる3日徹夜しながら演技したのだけど、ある人は
こんなやり方はあまりにも無茶ではないか、と言う。メイクで表現できる憔悴
感を実践するのがあまりにも愚かだと。でも僕の考えは違う。完全に疲れ果て
てバイオリズムが壊れて、疲労に全身を占領された状態で演技するのと、生き
生きと過ごして、撮影に入る瞬間演技するのとでは明らかに違いがある。万が
一その差を見せない俳優がいたならそれは天才だろう。でも僕は天才ではない。
だから最大限僕が演技する役と似たような状況で似たような感情に投与される
状態で演技するしかないんだ。そうしてみると現場スタッフたちがなんでこん
なにやつれて見えるのかと、昨日寝なかったのかと聞かれるたびに気分が良い
んだ。ハハ。

以前のどんな作品よりも様々な感情的表現が顔に込められた。憤怒、自壊の念、
諦め、卑劣さなど、一人の人物が破壊されていくほとんどすべての過剰な感情
が現われるんだけど、そのような表情演技はどのように作られるのか?運転す
る時のように日常のいらいらする瞬間を思い浮かべたり?間違いなく鏡を見
て表情演技を練習する俳優じゃないはずなんだけど。ハハ。

その通り。鏡を見て表情演技を練習するのではないよ。ハハ。
その理由は僕の目で僕の表情を確認する瞬間はすでに遅すぎるからだ。
その瞬間すでに嘘の演技になってしまっているんだ。それは誰よりも観客が先
に分かるだろう。
一番重要なのは自分だ。僕が表現しきる感情が200%正しいと確信すること。
それしか方法がない。8年の間誘拐されていた娘がある日姿を現す。その設定
だけを考えるんだよ。眠ることもできず24時間息をしている間ほとんどその
状況だけ深く掘り下げるんだよ。
どんなことを考えるか?怒りと自罪感(キリスト教で人間の自由意思を持って
現実的に犯される罪。原罪と対照的に用いられる概念)、
悲しみ、ほとんどすべての感情が
爆発するんだよ。その8年の間自分は何をしていたのか。どうしてその状況を
放置することができたのか。どうして簡単に諦めてしまったのだろうか。
狂ったような感情的変移があふれてくるんだよ。僕が経験した状況を思い浮か
べるのは、いくらなんでも役に立たない。なぜならそれはキム・ミョンミンが
経験したことでしかないから。僕の経験から類推して演技したら、それはキム・
ミョンミンの怒りになり、キム・ミョンミンの笑いになるんだ。本当に難しい
けど最大限チュ・ヨンスの状況で考えて理解しなければならない。

百種類の異なるキャラクターも結局はキム・ミョンミンの中から出てくるんだ
ろう?

もちろん。そのすべてはキャラクターが僕の口を通して話し、僕の体を通して
動いて、結局僕の中にあるんだよ。

キム・ミョンミンがちょっと怖くなってきた。そのように残酷に破壊されてい
くチュ・ヨンスという人物もキム・ミョンミンの中にいると思うと。

うん・・・僕の中にだけそんな残酷さと破壊の情緒が隠れているのではないよ。
あなたの中にもあるんだ。それは。

信じたくないんだけど?ハハ。
ハハ。信じたくないだろうけど、みんな人間の中に隠れている感情だよ。
日常からそのような極端な感情が現われるほどの事を経験していないし、普段
の生活でその実態を確認できないだけだろう。あるいは、教育のために感情表
現をコントロールする訓練を受けて、隠れているのかもしれないし、チュ・ヨンス
のように子供を誘拐される瞬間がくれば、信じていた誰でも、神さえ捨てる破壊
の過程を経験するようになるよ。

<復讐するは我にあり>の最初のテーマも“破壊された男”だったし、まじめ
に生きてきた平凡な一人の父が子供を誘拐されて以降、潜在していた残酷な欲
望を現して破壊の過程を経験していく内容も、パク・チャノク監督の映画を思
い浮かべる。

作品を選択する時、そのような類似性に対しては考えてもみない。誘拐された
子供、その中から噴き出してくる父性に関する内容は<復讐するは我にあり>
以外にも多いだろう。
<あいつの声>もそうだし、<許しはしない>もそうだし。

その映画と何が違うの?キム・ミョンミンが演じているということではないし。ハハ
見たらわかると言うのはあまりにもつれない答えかな?ハハ。

うん、ハハ。
ネタバレになるいから詳しい部分は話せないけど、観客が感じる、違う面白さ
が明らかにあるということだ。

<白い巨塔>で“ミョンミン座”というニックネームをもらう前にも<鳥肌>
の“ヨンヒョン”のようなキャラクターは相当注目された。でもフィルモグラ
フィの中に唯一キム・ミョンミンの演技に対して軽はずみに言及しなかった
映画は<鏡の中へ>と<無防備都市>だった。

それはたぶん、僕が演技をうまくやれなかったということだ。それが正解だと
思う。

ジャンル映画に弱いんじゃないか?何と言ってもジャンル映画でキャラクタ
ーはドラマが縮小されて単純になってしまう傾向があるから。

その映画が特に注目をされなかった理由はいくつかあるだろう。
僕が演技をうまくやれなかったこともあるし、また最初のシナリオのまま映画
が完成されなかったという理由もあるだろう。でもジャンル映画の演技という
のが別にあるとは思わない。映画にはジャンルがあるが、演技にはジャンルが
ないんだ。演技にどんなジャンルがあるっていうの?ホラー演技?コメディ演
技?どんなにジャンルで分類しようとしても映画は基本的に人間の喜怒哀楽を
込めているということは変わらない。よく演技を定義しようとして犯す過ちの
中のひとつがコメディをオーバーアクション、オーバーな演技と考えることだ。
でもどんな時にも演技はオーバーにやったらだめなんだよ。どんなジャンルの
映画であれ、そのキャラクターに同化された真の姿を見せること、それしかな
い。
演技に正道というのはないが、観客の心を動かすのは真実の心だと思う。
まったく言葉が通じないヨーロッパのある国の映画を見ても俳優の演技から真
実の心が感じられないか?世代と言語を超越して通じる感情、それが真実の心
「진심(チンシム)」であり真情だよ。

ジャンルに対する演技が別にあるのではないのなら、キャラクターの狂気が
極端になるほどキム・ミョンミンの演技が光るという評価に対してはどう思う
の?チャン・ジュニョクやカンマエ、ましてや李舜臣も狂人だった。李舜臣は
衷情と責任感に対する純潔性に関して、恐れ多くて近づけない狂気を持った
人物だろう。

そうだなあ。正直僕はそんな評価についてはよくわからない。ある人はそのす
べての狂気漂うキャラクターから弱さを発見する。人間の弱さを見せるキャラ
クターだと評価する。その多くの評価、その中で何が正解なのか僕はわからな
い。ただ僕が確実に言えることは僕が感興を感じるキャラクターを選択すると
いうことだ。
弱い人間、だから自分の感情を、狂気を漂わせて現わすしかないそんな弱い
人間に引きつけられるんだ。そんなドラマにそんな話に僕は感興が湧く。
僕が感興できないキャラクターは選択できない。なぜなら自分と観客を説得
できないから。

疑問を感じることはないの?
正直毎瞬間そう思うよ。撮影に入る直前までひたすら悩むし疑問を感じるよ。
僕がしているこの演技は合っているのか。この方向が正しいのか。毎回悩む。
食事をして、顔を洗って、眠りにつく瞬間までも悩む。だから努力するんだ。
疑いの範囲を狭くするために。体重を減らし、徹夜して、スタッフたちとひ
たすら調整しながら、現場の空気に少しのぎこちなさもなくすために。その
ように満たしていくけれど、「スタート!」の声とともにカメラが回り始めたら
100%、いや200%の確信で演技する。
いささかの疑いもなく。なぜなら僕が自分自身の演技を信じられなかったら
すぐに(観客に)バレてしまうからね。

そんな瞬間も来るの?観客にバレてしまう?
そんな瞬間。あ~、考えただけでも厭だ。たぶん自分が耐えられない。

そんな瞬間が来たら誰より先に見破れる力を持っていると思うの?
僕があまりにもそういった瞬間が嫌いだから、たぶん誰よりも先に敏感に反応
するようになるのは自分自身だろう。それぞれ違う過去を持ち、それぞれ違う
人生を生きてきた数十のキャラクター、そのキャラクターを演技するのが
キム・ミョンミンだという事実を最大限隠したい。最大限騙せるまで、最大限
そのキャラクターであるふりをし、まるで自分の周りのどこかにいるような
誰かさんとしてそのように演じたい。そんな風に生きたい。正直言えば、それ
だから本当にキャラクターについて研究をすごくするんだ。他人と比較したく
はないが、本当に誰よりもすごく努力したと自信を持てるぐらいにキャラクタ
ーだけを考えて研究する。僕が心理学関連の本をたくさん読む理由もそこにあ
る。少しでも人間の内面に対して理解するために。キム・ミョンミンとしてで
はない、ただキャラクターが生きて動いているというような生命力を持つよう
になりたいから。
ある瞬間、時間が過ぎて見ると何かキャラクターが重なる感じもするし、以前
ある作品で見たのと同じような演技、という評価を受けることもあるだろうし
その瞬間が来るのを最大限引き延ばすために努力するんだ。
どんな演技をしても以前したのと似ているという評価を受ける時がどんな時
だかわかる?まさに怒る演技と笑う演技をしている時だ。
最も原始的人間の感情のために、どんなに演技で隠そうとしてもうまく隠すこ
とができない。そんな瞬間には映画の中のキャラクターではなく本人が出てく
るようになるんだよ。
でも僕はそれさえ隠そうと努力する。笑いと怒りという原始的感情演技から
らもキム・ミョンミンが飛び出すことがないように。“カンマエ”が笑えばその
ようだし“ジョンウ”が笑えばそのように違うものだという確信を持つまで
キャラクターだけ考えて深堀する。毎作品ごとに夢さえ違う夢を見る。
今回の映画では毎回追われる夢をすごく見た。追われているのか、何かを追い
かけているのかわからない、どこかで息が詰まるように走るそんな夢をすごく
見た。<私の愛 私のそばに>をした時は死ぬ夢も見た。撮影現場で撮影して
いて、目覚めて起きるんだけど、身体が動かないんだ。スタッフたちをどんな
に呼んでも僕の声が聞こえないようなんだ。僕を見ても気づかず、夢の中で
幽体離脱を経験したんだ。そんなにまで努力しているのに、ある瞬間(観客に)
バレる?僕が最初に分かることだよ。僕が最初に耐えられなくて腹が立つから。
少なくともそのような信頼が自分にはある。

人間キム・ミョンミンはいないようだ。
僕と一緒に住んでいないからわからないんだろう。ハハ

どうなの?
面白くない。たまに旅行にいくことを除けば特別趣味もないし。ハハ

マゾヒストだ!
ん?ハハ。本当につらそうだから?我々は創造という言葉を凄く簡単に使うけ
れど、何かを創造するということ、それを仕事にしなければならないというこ
とは本当に苦しいことだ。身を削るような苦痛という表現が慣用句になってし
まったけど。その言葉のまま痛みを感じるほど辛い。
もちろん僕もたまには怠けてみたい。ああ、一日休みたい、ただすべてを忘れ
て眠ることができたら、そんな思いもする。でもそのような不快な感情も楽
しむ。ハハ。誰かは冒険せずにただキム・ミョンミンらしいキャラクターを
探してキム・ミョンミンが得意なものを選択しろとも言う。そんな創造の苦
痛の中で得る喜びを経験したことがない人たちの話だ。単純にお金を稼ぐこ
とができる以外に何も得ることができなかったら、この仕事をやる理由
がないだろう。

あまりにも多くの犠牲を払っているのではないか?
それが僕の生きていく目標であり理由だから。僕が愛する仕事だから。
犠牲は喜びだよ。
愛は、もともと犠牲*なんだし。

*注釈:韓国人の考える犠牲(희생ヒセン)とは。
日本人の使う「犠牲」とはかなりニュアンスが異なるようです。自分のこと
よりも相手を思う気持ち、配慮のようなことも含むそうです。したがって何
かを相手にしてあげたために自分が傷を受けたり、そのために自分を捨てる
ようなことではなく、自分自身にも自己満足が残るプラスのニュアンスがあ
ります。



翻訳:SAMTA 2010.7.17



10 Comments

ルピナス says...""
SAMTAさん☆ありがと~i-80
メールも受け取りました、ありがと~i-80

「愛はもともと犠牲なんだし」
この言葉をソウルでSAMTAさんから聞いて、ふにゃ~~ってなったのを思い出します(笑)
ミョンたんの声でそんな言葉を聞いちゃったりしたら
いや~~
妄想だけで何年も幸せに暮らせそう(←おいっ)


インタビュー記事もさすがといいますか
この記者さんと仲良しみたいで、いい感じでお話してますよね
ミョンミンさんの演じることの苦しみと幸福感が伝わってきます
書庫の方にも保管させていただきますね
ありがとうございます~~~<m(__)m>
2010.07.18 00:06 | URL | #/ziU86Hc [edit]
SAMTA says...""
ルピナスさん どういたしまして❤

そうそう、ソウルでね。「愛は犠牲だって。ミョンたんが」って言ったら、
ルピナスさん、「ひょえ~」ってなってましたもんね☆

写真撮影がぎこちなくて自信ない、とか言ってるミョンたんが、
「愛は犠牲」なんていう、思わずぎこちなくなるような言葉をさらっと言ってるし(*^_^*)

ドギマギしますワ。

ええ?妄想で何年も?
じゃ、100歳は軽~く行けますね☆

コンガンハセヨ~(*^_^*)


2010.07.18 00:36 | URL | #fyi.zixU [edit]
SOON says...""
SAMTAさん 雑誌すべてゲットですか! すごい!
私はCINE21を注文したら 昨日品切れですというメールがきました ひどい!読めないのばれたか?
いや~ 上のインタビュー読んでて楽しくなりますね。ミョンたんの生き生きした感じが伝わってきます。
”自分の感情を狂気漂わして表すしかない弱い人間”観るの大好きです。そばにいたらこわいけど…
韓国の俳優さん感情バンバン出してきますよね。また その中でも ミョンたんは格別ですし。
日本の”寡黙が美学”な感じとは違いますね。文化の違いだわ~ 犠牲の意味も勉強になりました。
ありがとうございますi-80
2010.07.18 01:15 | URL | #JalddpaA [edit]
SAMTA says...""
SOONさん あっみょん♪

オモ!CINE21売り切れですか?
残念です。
今度(っていつかな?)訳したものをアップしますのでそれまでお待ちを~☆


韓国俳優の感情表現、それそれ、そこなんですよね。
私たち?がたぶん日本のドラマから遠ざかってしまったのは。
淡白すぎて一度濃いもの食べちゃうと、もう薄味に戻れない~みたいな(*^。^*)


ミョンたんの場合、濃いというより強いんですけどね☆
韓国人から見ても彼の内面から出てくる強い力が本当に格別なんだな、と。
スタッフさんが写真撮影中にたじろいだっていうのが納得できます(^_-)-☆
2010.07.18 10:14 | URL | #fyi.zixU [edit]
niko says...""
あんみょん^^

長文の訳、いつもながらありがとうございます(v_v)
ほんと、演技のこととなると、熱いですね~。そこがとっても素敵ですi-80
充実してて、目をキラキラさせながら話してるミョンミンさんが想像できます^^


『愛はもともと犠牲』・・・深い。
いや、ほんとはとても単純なことなのかな?韓国では日本よりポジティブなニュアンスだということですし、ミョンミンさんには当たり前で自然なことで。
いつも思うんですけど、ミョンミンさんって物事の『ここだ』っていう芯のようなものを見つける目が鋭い。


私もミョンミンさんを好きになったってとこだけは、自分の目を褒めたいです(^^)v
2010.07.18 14:43 | URL | #zMlhbidU [edit]
クレイス says...""
長文、翻訳、ありがとうございます! 
毎作品ごとに夢さえ違った夢を見るほど、毎回そのキャラと生活を共にしておられるんですね。
役作りのために肉体の限界にまで挑戦し、誰か彼を止めて欲しいと、思ったほどですが、
頑固に貫こうとする強い精神力を持っておられるがゆえに、結局は周りも見守るしかないのでしょう。


精神的苦痛は毎作品ごとに偏りなく いつも同じだと語られていますが、
これは、ミョンミンさん渾身を込めての演技は、どの作品でもそうであり、役柄によって、
その価値が変わることはないという彼自身の普遍的信念からだと思います。


“演技に正道はない、観客の心を動かすのは真実の心”。
たぶん、多くの俳優の方がそう感じることでしょうし、理解はできますが、肉体や精神の極限に挑戦しながら、
また、そのキャラと生活を共にしながら、ここまでの真情で演じることができるひとは、稀だと思います。
もう、ミョンミンさん自身がドラマそのもの!


「愛はもともと犠牲」、私もけっこう単純なことと受け止めました。
愛するもののために、犠牲は当然であり、だから そのための犠牲は喜びと感じておられるのではないかと。


2010.07.18 22:10 | URL | #SpGb991U [edit]
きゃんべる says...""
長文翻訳いつも有難うございます(._.)
はぁ~❤と溜息が出ます、流石ですねミョンミンさん。
インタビューを拝見すると毎回想います。
なんて言葉が深いんだろう…それでいて饒舌。
ミョンミンさんの世界にグイグイ引き込まれてしまいます。
演技に対しても嘘は付けないし、
真の演技だからこそ、私達にも深い感動を与えてくれるんですよね。

『弱い人間、だから自分の感情を、狂気を漂わせて現わすしかない
そんな弱い人間に引きつけられるんだ。そんなドラマにそんな話に僕は感興が湧く。』

ここがまたまた…ズキューン!! と来てしまいました。
2010.07.19 11:02 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
nikoさん あんみょ~ん♪

今日は格別に暑くて^^;この3連休、超怠けておりました(^^ゞ


そうそう、ミョンたん、物事の「芯」見つけるのが鋭いですね。
よく「イゴ ポンジリダ!」(それが本質だ!)ってお話されますね。

クレバーなんだけど、すごく謙虚。でも演技については誰にも文句を言わせないという強い意志があって深い・・・・


どこまでもステキな人ですね。
私も毎日自分を褒めてます(*^。^*)


2010.07.19 21:03 | URL | #fyi.zixU [edit]
SAMTA says...""
クレイスさん あんみょん♪

「愛は犠牲」そうですね。彼とっては至極当然のことなのかもしれませんね。


彼の口癖が「진심」(チンシム:真心)と「진정성」(チンジョンソン真情性)です。
韓国の方にはとっても馴染みがあって普段からよく使われる言葉のようですが
最近日本ではあまり聞かない言葉です。
ですので訳す時にピンと来るようにするには、どんな言葉がいいのか、
いつも悩んでます。(^^ゞ
すごくシンプルな言葉なんですが、だからこそ難しいですね。


「真心をこめて」なんて口では言えますが、
「真心」「真情」を実際に形にし、突き詰めて実践できる人は本当に稀ですね☆

まさに修行僧のような役者さんです。


2010.07.19 21:21 | URL | #fyi.zixU [edit]
SAMTA says...""
きゃんべるさん あんみょん♪

私もはあ~❤と、何回ため息ついたかわかりません(^^ゞ
そして何度も「ズキュ~ン!」ときてました(*^。^*)

本当に困っちゃって、参っちゃいますね。(^_-)-☆
これからも「ため息」と「ズキューン」の連続なんだろうなあ・・

と思うと、またなんか嬉しくなってきました。ハハ^^

2010.07.19 21:26 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。