FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
コツコツ翻訳

「規定できない作家になりたい」チョン・セラン #韓国文学

チョンセラン

リペウニムは、깜깜무소식 カmカmムソシギなので(まったく情報がない)
訳すものもなく・・・・寂しいわ。

ということだからではありませんが
韓国文学について記事を書いてみます。

韓国文学ブームが起きて、読まれた方も多いのではないかと思いますが
今読んでいる(翻訳本で^^;;)
チョン・セランさんの「フィフティ ピープル」
50人の主人公が出てくる、小さい話を集めた作品です。
最初は短編がいくつも並んでいるか、と思ったのですが
これがすべて、同じ地方の総合病院で起きたことなんですね。
ストーリーごとに人間関係が絡まっていて、絶妙に面白いです。

ということでチョン・セランさんの紹介記事を訳してみました。
長いです。
そんでもって記者さんが文学系だからか、やたらと言い回しが難しく
なに言いたいのかよ~わからん、というところもあり。
堅苦しいのでアレですけど。
ま、話題ということでひとつ。

ネトフリでドラマ化される、という「保健教師アン・ウンヨン」。エクソシストが出てくるらしく
楽しみだ~☆

「若い作家列伝(3)」本格文学・SF・ファンタジー縦横無尽に行き来する、
小説家チョン・セラン"韓国文学はあまりにも狭い。 私は規定できない作家になりたい。

2010年ファンタジー小説でデビュー、創批長編賞されながら活動半径拡大し
作品性はもう重量級... "保健教師アン·ウンヨン"はネットフリックスドラマに

小説家のチョン·セランは多様な文学的試みで注目されている。
- 韓国の作家はどうやって誕生するのか。 原石のような才能はどんな過程を経て,誰をも貪る宝石に鍛えられるのか。 84年生小説家チョン・セランの、作家としての立身過程はそんな疑問に対する一つの例示答案のようだ。

数回,ツイストとターンを経由して漸進的に知名度と力量を広げていった過程だったはずだが,その過程は新しくはない。だからと言ってその中に潜んだ作家の涙と熱望、ときめきと誇りを、手に取るようにじっくりと観察できるものではない。

こうも言ってみよう。 21世紀初の2010年代のチョン・セランの小説の一定した成功はどのようにジャンル文学作家がジャンル文学に排他的な中央文壇('中央'と'文壇'という表現がそれほど気に入ったわけでも、具体的に触れていく物理的実体であることでもないが、文学分野のある中心、重力を表現するのにこれだけ適当な用語もない)の各種のハードルを越えて文学の市民権を獲得しているかを示してくれていると。 後日,文学史家がそのような点を記録することになるかも知れないと。




長いので続きは下に。

コツコツ翻訳

「読解力」と「要約力」、つまるところ「日本語力」

K-bungaku.jpg


近の韓国文学ブームはこれまでのK-POP、韓流ドラマなどのブームに
さらに広がりを見せるコンテンツとして注目を集めています。
小説をいくつか読みましたが、(主に日本語訳^^;;)
韓国小説の底流にあるテーマ、メッセージは韓国映画やドラマと同じように
今の韓国社会のうみであったり、世相を反映したもので
日本の文学に比べると、多少ジャンルの幅の狭さを感じますが、
ドラマや映画の熱量が熱いのと同じように「面白い」のです。

「82年生まれ、キム・ジヨン」は、82年に産まれた女性の典型的な韓国女性の人生
(家父長制社会で不平等に扱われるのが当たり前と思って生きてきた女性)を
リアル感たっぷりに描いたフィクション小説で韓国で100万部の大ヒットを記録しました。
この本を読んで涙した日本女性も多いのではないでしょうか。(日本ではすでに13万部越え更新中)
韓国社会と同じく、日本も家父長制社会制度によって戦後発展してきただけに、
あらゆる場所で男尊女卑に苦しみ、女性という理由だけで性差別を受け、
セクハラの被害に泣いた女性も多いでしょう。
今、韓国では女流作家さんが活発に続々とこういった小説を出版されています。

日本の小説は数多く韓国へ渡り、大型書店には必ず、日本小説コーナーが
広くスペースを確保していますが、日本での韓国小説はまだまだごく一部にすぎません。
西洋文学の翻訳家に比べ、圧倒的に数が少ないと思われる【個人的推察)韓日翻訳家さん達が
今、出版社が食指を伸ばしているこの時に、
できるだけ日本語に訳して世の中に韓国文学を広めていこうと努力されているようです。

置きが長くなりましたが
ここでコツコツ翻訳してきたこともあって、翻訳作業にはかなりの関心があります。(^^ゞ
しかしながら趣味でたらたらと訳しているのと、実際に原書を訳して出版するのとでは
雲泥の差があるだろうし、実際翻訳を生業にしている方の話を聞いてみたいと思い、
チェッコリの翻訳スクールを受講することにしました。
「チェッコリ翻訳スクール■出版翻訳入門コース」 ←こちらをクリックするとHPに飛びます。

全部で6回の講義なんですが
第1回を昨日受講してきました。
久し振りにいい刺激を受けた感じがします(^_-)-☆

「翻訳とは」
単に文句を置き換える作業ではない。
原書の著者が日本語ができたら、どんな風に書いただろうか、こんな風に書いたのではないか
という訳文を作ること。意訳とは違う。

なるほど。

単語ひとつひとつに囚われず、見出し語に引きずられない。
例えば가다 は辞書で引くと「行く」が先頭に出てくるが、これを見出し語と言う。
しかしながら、文章の中では「가다」の訳が常に「行く」になるとはならない。
たえとえば、○○へ向かう、○○へ戻る、○○へ進む という訳にもなる。
読み手は韓国語を知らないので、それを常に念頭に置かなければならない。

なるほど。

送り手が伝えたいメッセージを読み取り、それを自然な日本語として再構成する要約力
つまるところ、「日本語力」が必要だ。

・・・・・
とどめを刺されるとはこのこと。

しばし絶句。

わかっていたけど、厳しいよね。プロの世界・・・

ああ、やっぱり趣味の世界でいいか(笑)

でも授業は楽しかったですよ。
特に韓国の固有語の課題を出されて、これをなんと日本語に訳すか考えてみて
というのがあるんですが、絞っても絞っても出てこない(笑)

最後は日本語力だよなあ・・・

でもでもですね・・・
「送り手が日本語ができたらなんと言ってただろうか」
これはかなり自然にやってきたことかもしれません。
特に、ウリペウニムのインタビュー。
ミョンミンさんはどんな気持ちでこれを話してたんだろう、
そうやって自分がミョンミンさんになったつもりで(ある意味憑依?)
訳してきましたから(笑)ある意味得意分野^^


ま、ともかく、あと5回楽しんで参加したいと思います。
そういえば、先生は古川先生とおっしゃるんですが
ひろば語学院の市ヶ谷校でも教えてらっしゃるんだそうです。


日常

ストイックなナムジャ

2011_6_Ichiro - コピー
2011年6月にシアトルを訪れた際、観戦した時の写真♪
赤い糸伝説

ウリペウ ミョンミンさんにど嵌りする以前は、オリックスのイチロー選手のファンだった。
どうも私はストイックなナムジャに弱いらしい。
民放ではほぼ放映されないパリーグのゲームをBS放送で見ながら、一時は週間ベースボールの愛読者だった。
嵌るととことんいく性格らしい。
そして2001年春、イチローが大リーグに移籍することになり
居ても立ってもいられず、友人とシアトルのセーフコフィールドを訪れた。
5月1日だったかと思うが、
グランドに早めに着くと外野でイチローが佐々木(大魔神)相手にキャッチボールをしていた。
そしてレフト側では対戦相手のレッドソックスの選手が練習していて、その中に野茂がいた。
当時、大リーガーとしてすでにトルネード投法で活躍していたピッチャー野茂の姿を発見すると、友達はさっさとレフト側に移動したが、私はイチローの動きを目に焼き付けていたくてイチローの定位置であるライトの外野席をかたくなに守った。
野茂との対戦は翌日で、残念ながら私たちはバッター イチロー対ピッチャー野茂の対決を見ることはできなかったが、セーフコフィールド(2019年1月からTモバイル・パークに名前が変わった)は外野と観客席が近くイチロー選手はしばし練習を休んで、子供たちのおねだりに快く答えてボールにサインをしたりしていた。
私もどうにかして仲間に入れないかと、前方ににじり寄ってみたが、視野にも入らなかったようで、おこぼれにあずかることはなかった。

その後、イチロー流を貫き通して、全米が認める超一流メジャーリーガーになり、ボールパークでイチローコールを巻き起こし、野球ファンを魅了し続けたイチロー選手。まばゆいばかりの活躍の裏で、孤独な自分との闘いは熾烈だったのだろう。
イチローは本当に50才まで現役でPlayするものと思っていた。
でも、永遠という言葉は天才バッターにも存在するはずはなく、2019年3月21日にイチローは元イチローになった。

記者会見の中で、ある記者が「引退おめでとうございます」と言った時、口がすべって言い間違えたのか、と思ったが、大リーグでは引退すると「おめでとう」と言われることも多々あるらしい。
「残念」ではなく「おめでとう」。
大リーグ史上にあらゆる新記録を打ち立て、大スター選手として19年間Playしてきた選手だからこそ
お疲れ様、ありがとう、そしてこれから新たな門出となるこの日に「おめでとう」なのだ。

しかしながら、ネットで流れてくるイチロー解説、秘話、そんなものを読んでいると、彼の偉大さを改めて感じ入り、もっと活躍を見たかったなと思ってしまう。外野はいつも自分勝手でわがままだ。
今後のイチローの去就に注目が集まっているが、シアトルでは何か特別な役職を用意しているという話も聞く。
きっとまた我々の予想を超えたところで彼の新たな夢を叶えるポジションに就くのではないかと思う。
イチローは現役を退いたが、元イチローは第2の野球人生のスタートを切った。

人生には第1もあれば第2もあるのである。

近々、ワクワクするようなニュースが日本に届くことを楽しみに、「引退おめでとう」という言葉を贈りたい。



img1553419370648 - コピー

ころで、もう一人のストイックなナムジャ ウリペウニムは今どうしているんでしょうか。
まったく音沙汰なし。
「長沙里9.15」公開が夏だというので、それまで耐えて待つのみ・・・・
ドラマやってくれないかなあ・・・・

日々わちゃわちゃと忙しくしていたら、アッと言う間に4月ですね。
そして、新元号。なんだろう~
弘明(こうみょう)なんてどうよ?
わが町が弘明寺(ぐみょうじ)なので(笑)


김명민 キム・ミョンミン

ロンゲのミョンミンさん ここにも(^_-)-☆



の記事でロンゲが見たい~と書きましたけど
こんなロンゲも見せていただいたのをすっかり忘れてました。
しかもこの動画、覚えてない(笑)
訳してない?と思ったけど
しっかり訳してるじゃん。

あまりにも訳したものが多すぎて、頭に残ってなかったようで・・・(笑)

訳はこちらからどうぞ☆

この時は名探偵の撮影中で、時代劇するので髪の毛伸ばしてたみたいです。
肋骨骨折した後・・・ですかね?

3kyodai_20190313212154dcf.jpg
そうでした!「水玉三兄弟」(笑)と名付けたんだわ~
今見てもかっちょいいね~♪

やっと記憶が蘇ってまいりました(^^ゞ

베바 ベートーベン・ウィルス

あの時カンマエを知っていたら・・・と思うワケ

maesen2.jpg
이 사진들의 원본은 없어요???

ョンミンさんを知ったのは「ベートーベン・ウィルス」からでしたが
リアルタイムで知っていたらなあ~

ブログ始めてから悔やんだのはそこでしたね。
2009年5月に視聴したので、日本では早い方だったかもしれませんが
リアルタイムの社会現象を肌で感じたかった(笑)
リアルタイムで見てたら毎週徹夜でブログ書いてたでしょうし、
生活破たんしてたかも(笑)
そしてグッズもたくさん買ってたでしょうね。
ほんとに素晴らしいのよね。韓国ペンが作るものって。

コング공구(共同購買)と言いますが、当時は皆でよってたかって(笑)カンマエのグッズ作って
分けっこしてたんですよね。
私もしばらくして、カフェの方から分けてもらって
上の写真はカンマエのシステム手帳にはさんである写真のうちの2枚です。
(以前、代官山のモイムの時にお分けしました。あれです)
誰か~高画質写真持ってないかなあ~?

最近NETFLIXにようやく入って、世界の流れはこれか、と実感してるんですが
過去受賞作品は結構コンテンツとして配信されてるんですね。
ミョンミンさんの作品はドラマが「ベートーベン・ウィルス」
映画が「ヨンガシ」(笑)
受賞作なら「私の愛、私のそばに」でしょう?

でそのベバを1回だけ見たんですが
音楽が差し替えられるのはよくあるんだけど
こんなんだったけ?と思ったり。
いろんなバージョンで見てるから、どれがどれやら(笑)

でブログ記事の話に戻りますが
珠玉のインタビューといえば、
「Singles」ですよね~?
インタビューもさることながらグラビアがねえ~
ロンゲでかっちょいいのよね~

ということで
ロングインタビュー前後編をリンクします。
久し振りに読んだらやっぱりいいこと言ってるなあ・・・・

知っているか。キム・ミョンミン、彼はカンマエよりも
何百倍も面白くて、強くて、中身の詰まった男だ。

김명민 바이러스
キム・ミョンミン ウィルス前編
キム・ミョンミン ウィルス後編
私は元来一度決めたことは後悔や未練を持たない性格だ。
恋愛する時もどんなに好きだったとしても一度別れたらおしまいだった。
少し強情なところがあるのだがそのような面が私は気に入っている。
優柔不断なのは本当に嫌いだ。

私も優柔不断なのは嫌いですけどね^^;;;
この時はまだカンマエが抜けきってなかったんでしょうね^^;;